この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち 単行本 – 2007/1/31


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

リスク社会に生み出される大量の弱者たち。“自分探し”の果てに。学力低下、ニート増加の深層。

著者について

内田 樹(うちだ たつる)
1950年東京生まれ。東京大学仏文科卒。東京都立大学人文科学研究科博士課程を
中退後、同大学人文学部助手を経て、現在は神戸女学院大学文学部教授。専門は
フランス現代思想。『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『「おじさん」的思
考』(晶文社)、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)、『先生はえら
い』(ちくまプリマー新書)など著書多数。

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/1/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062138271
  • ISBN-13: 978-4062138277
  • 発売日: 2007/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (90件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 68,369位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

242 人中、211人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2007/3/6
形式: 単行本 Amazonで購入
まずこの本の購入前のご注意です。

仮説→調査→検証 はご期待なさらないでください。

本書はあくまで,最近いろいろ話題になっている本に想を得ながら,頭の中で組み立てた内田樹に見えた現在の本です。

学術書ではありません。専門分野の易しい解説でもありません。おじさんが「うぐぐぐむむむ」と考えたことの講演をとりまとめたものです。

家族がニートになったとかでお悩みの方は手にとってもお役に立ちません。

著者はなぜ働かなくなったのか,学ばなくなったのかを考えただけで,現状そうなってしまった人への解決案とかは提示していません。

また,自分が今,学びたくねー,働きたくねーの方は,

「自分はちょっと違うなぁ」と違和感を感じることでしょう。

あくまで,おじさんが読んだ書物と接する学生から得た印象で論じる「下流志向」です。

とここまでお断りしたら,もう褒めても良いでしょうか?

面白かったのですよ。

大抵の現状を切る系統の本って読んでいて,思い込みすぎとか,うそくせーとか,これじゃ新聞の社説だよーとかになってしまうのですが,

この本は縦横無尽な論じ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
74 人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tsuruko 投稿日 2010/6/1
形式: 単行本
 学ばないのも、働かないのも、自分を「消費者」と位置づけているからだ、という主張に、ナゾが解けたような気分になった。
 勉強は、最初から消費者として見れば「割に合わない」。これ勉強して何になるのか?が示されていないから。しばらく学んでみないと学びの意義は実感できない。そしてそんな曖昧な商品には、賢い消費者は手を出さない。
 大抵の労働も、消費者として見ればやはり割に合わない。サラリーマンは自分が提供した労働以上の給料はもらえない。そうでなきゃ会社に利益が残らず、会社の経営は成り立たないのだから、当たり前だ。そしてそんな自分が損する取引には、賢い消費者は手を出さない。
 彼らは怠けているのではなく、勉強も労働も、こういう合理的判断に基づいて積極的に拒否しているのだ、と言われて、深く納得。そしてこういう「消費者」であることに徹した態度によって、学校も行かず就職もせず、自分からわざわざアッサリ経済的貧困に陥っていく。これが「下流志向」。自分では何も生み出さず、何も作らず、目の前にある商品を、その時点で割に合うかどうかで選ぶだけ。
 どこかで視点を切り替えないと、世の中は没落貴族のような賢い消費者だらけになってどんどん地盤沈下していくのだろう。だけど、学ぶ喜び、働く喜び、というコトバがかなり空々しく聞こえるのも事実だ。生産者、労働者としての充実感って、あんまりその辺でお目にかからない。むしろ虚しさのほうがずっと目に付く機会が多い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mabopan2 投稿日 2010/2/7
形式: 単行本
学校を卒業して数十年。ここ最近は「学級崩壊」と言う言葉をよく耳にするが、それがどういうことなのか、はるか昔に卒業した私にはいまいちピンとこなかったのだが、この本を読んでああそういうことなのかと理解することが出来た。私が興味深かったのは「転職を繰り返す思考パターン」自分もある程度転職を繰り返していたので、一生懸命そんなことはないぞと、読んでいて反論を考えていたのですが、著者の指摘が一番しっくりしていることに気づかせてくれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tet46 投稿日 2012/1/16
形式: 単行本
本書の主題は「学びからの逃走・労働からの逃走」である。「労働からの逃走」ではニート論をとり上げている。しかし、筆者にとって身近な「学びからの逃走」の方が論述が鋭い。

子どもたちは、就学以前に等価交換する消費主体として自己を確立している。
じっと座って先生の話を聞くという「苦役」を、代価として何に支払うか、それを自己責任の下に自己決定している。
「先生、これは何の役に立つんですか?」という問いは、「キミは何を売る気なのかね?気に入ったら買わないでもないよ」という姿勢を表示している。そして、満足のいく答えが得られなければ、自信たっぷりに打ち棄ててしまう。
こうした自己決定・自己責任が弱者を再生産し、社会の階層化を進行させ、階層間格差を固定化していく。

本書の批判の対象は、「等価交換」モデル=「アメリカン・モデル」=「市場原理」である。その意味で本書は新自由主義批判の書として読める。
本書がどれだけ若者の現実をとらえているか、小生には判断しようがないが、レビューを見る限り当の若者にも承認されているようである。本書の指摘を「面白かった」で済ませないようにしたい、という思いに駆られた。

本書は、 
 佐藤学『学力を問い直す』
 諏訪哲二『オレ様化する子どもたち』
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック