¥ 1,404
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
上達す&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) 単行本 – 2005/1/31


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2005/1/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 779


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) + 寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) + 寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))
合計価格: ¥ 4,320

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

著者からのコメント

将棋はゴルフ以上にバンカーの多いゲームです。そこからどのように抜け出すかがとても重要で、棋力の大部分はこれが占めている気がしています。本書は感覚的なことについて書いたので、気軽に読んでください。そして実戦を指したとき、自然にバンカーショットが打てるようになっていれば嬉しく思います。

出版社からのコメント

将棋はどんなゲームなのだろう?著者が到達した「上達に欠かせない考え方」を丁寧に解説。
「将棋は一手だけ良い手を指しても、それで急に状況はよくなりません」(構想について)
「両者が備えている戦力は同じなので、ある主戦場で優位に立てば、他の主戦場では不利になる、と考えるのが自然です」(主戦場について)
「序盤で玉の囲いを省略すると、終盤で守りに多くの手をかけなければなりません」(玉の安全度について)
などなど、「羽生の言葉」はとてもよく効く!あなたの棋力はまだまだ伸びる!
※本書は『羽生の奥義』(NPO法人将棋を世界に広める会、2002年)を改訂し、書下ろしを加えたものです。

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 浅川書房 (2005/1/31)
  • ISBN-10: 4861370086
  • ISBN-13: 978-4861370083
  • 発売日: 2005/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (26件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 22,605位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6

最も参考になったカスタマーレビュー

167 人中、154人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 原田 祐嗣 VINE メンバー 投稿日 2005/1/31
”プロは感覚的なものを大切にする”という,代表的な表現は”厚みがあれば勝ちやすい”などだ.80冊を超える棋書を読んできたが,”厚み”についてきちんと解説した本はなかった.将棋界にはその他にも”構想””さばき””発展性がある””スピード”など抽象的(感覚的)な言葉が多い.
そういった言葉の本質をつかめば高段者への道が開けるのであろうし,また高段者同士のやりとりであればそのような抽象的な表現でコミュニケーションがなりたつのであろう.そのため”感覚”がきちんと定義したり文章にされてなかったのだと思う.
ただそれでは,私のように大人になってから将棋を始めたものに対して非常に不親切である.”感覚”は子供の頃から将棋をとことんやって,高段者と対戦して,やっと身に付くものだ,と言われているのと変わらない.
将棋の魅力は高度な知的ゲームであって,記憶や反射神経のみの勝負ではないだろう.論理的思考の応酬こそが知的興奮を産むのだ.大人になってゲームをするからには,プロやトップアマの”感覚”も論理的に理解したい.
この本は棋界の第一人者がわざわざ降りてきて丁寧に”感覚”に関して説いてくれている.天才が普通の人に向かって誰でもわかる表現で彼らの”感覚”について翻訳していることは驚愕すべきことだ,およそ歴史上の天才というのはそういった凡人に対する親切・丁寧な言語化作業
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タウリン1000mg博士 投稿日 2010/11/15
アマ級位者です。これはいいです。自分には特に「厚み」についての解説が参考になりました。

たとえば、級位者同士の居飛車対四間飛車戦では定跡に乗っとった指し方などほとんどしてきません。居飛車が態度を保留していると、いきなり△45歩と突いてきたり△33銀型筋違い四間飛車にしたり、あるいは玉頭銀が飛んできたりするものです。 そんな初心者的発想の手への対策など定跡書には書かれていません。級位者が知りたいのはそこなのに…

本書は厚みを築けばいいのか、堅さを重視すればいいのか、争点はどこか探すといった戦略的指針を与えてくれるので、初心者的な指し方には自然に対応できるようになります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lesailes 投稿日 2010/1/16
羽生先生の棋書で、主に大局観についていろんな局面でどう考えて指せばよいかを書いた本です。元々、英語で出すのが目的だった本のようです。例はすべて外国のアマチュア棋士のもの。
私にはちょっと難しくて細かいところはよく理解できなかったのですが、なんとなくこういうことを考えるべきみたいなのは感じとれたような気がします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 0リアル0 投稿日 2009/11/14
子供にせがまれて購入しました。親の私は将棋は全く詳しくないのですが、子供はまだ漢字を読めないので、代わりに読んでは要約して説明してます。定跡書や次の一手の類の本は持ってますが、一局の流れの中で、どのような判断基準でどうのようにジャッジし、手を指すか…なぜ囲うのか、陣形、ぶつかった駒は取るべきか、取らずに違う手を指すべきか。素人の私にも理解できました。対局中の指針として、常に考えておきたい事が書かれているようです。 定跡は覚えたけど、なかなか勝てないと言う、初心者の子供さんを持つ方に、オススメします!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 掛川城 投稿日 2005/2/16
羽生の本となるとついつい手に取ってしまいます。2回どおり読みましたが、かなり多くの指針と考え方の整理ができました。いわゆる「大局観」と言われるものの構成要素を解説してくれる本です。特に、「戦場」の選び方などが参考になりました。あと、海外でも将棋を指す人がこんなにいるんだ~と新たな発見でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サラリーマン銀太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2010/8/16
Amazonで購入
外国人棋士達の実戦棋譜を解説していくという形式で解説、途中の変化や最善手の説明などが書かれています。
棋士達のレベルも3-4級くらいから3-4段くらいですが、途中図で羽生氏ならこう指すであろうという変化も書かれていますので上級者も得るものは多いのではないでしょうか?

ほとんどの問題、場面で初手から投了図までの手順もかかれていて、それぞれの重要局面で変化図、実戦図を解説しています。
この変化、解説が非常に要点を得ていて初心者でも理解がしやすくなっています。まあ私などのレベルですと「なるほど〜」と感心しつつため息が漏れてしまうようなケースがほとんどなのですが、繰り返し読むことで「各場面でどのように考えて次の一手を指すか」の判断する根拠を理解できるようになると思います。

定跡や手筋などについて体系的に網羅している本ではありませんが、それらを学ぶ以前に考え方や理解の仕方を教えてくれるまさに「上達するヒント」が満載だと思います。また、本書に限らず他の著書でもそうですが、羽生氏の説明の仕方、要点のまとめ方には感心させられます。初心者でも理解できる言葉で、かつ無駄な言葉を省いての解説ですので要点の理解がとてもしやすいです。
羽生氏は現代を代表する棋士という側面だけではなく、将棋の普及、教育でも第一人者であることが実感できる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック