Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,092

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) [単行本]

羽生 善治
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3)) + 寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) + 寄せが見える本 〈基礎編〉 (最強将棋レクチャーブックス (1))
合計価格: ¥ 4,320

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

著者からのコメント

将棋はゴルフ以上にバンカーの多いゲームです。そこからどのように抜け出すかがとても重要で、棋力の大部分はこれが占めている気がしています。本書は感覚的なことについて書いたので、気軽に読んでください。そして実戦を指したとき、自然にバンカーショットが打てるようになっていれば嬉しく思います。

出版社からのコメント

将棋はどんなゲームなのだろう?著者が到達した「上達に欠かせない考え方」を丁寧に解説。
「将棋は一手だけ良い手を指しても、それで急に状況はよくなりません」(構想について)
「両者が備えている戦力は同じなので、ある主戦場で優位に立てば、他の主戦場では不利になる、と考えるのが自然です」(主戦場について)
「序盤で玉の囲いを省略すると、終盤で守りに多くの手をかけなければなりません」(玉の安全度について)
などなど、「羽生の言葉」はとてもよく効く!あなたの棋力はまだまだ伸びる!
※本書は『羽生の奥義』(NPO法人将棋を世界に広める会、2002年)を改訂し、書下ろしを加えたものです。

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 浅川書房 (2005/1/31)
  • ISBN-10: 4861370086
  • ISBN-13: 978-4861370083
  • 発売日: 2005/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 10,219位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
17 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 必読です 2010/11/15
アマ級位者です。これはいいです。自分には特に「厚み」についての解説が参考になりました。

たとえば、級位者同士の居飛車対四間飛車戦では定跡に乗っとった指し方などほとんどしてきません。居飛車が態度を保留していると、いきなり△45歩と突いてきたり△33銀型筋違い四間飛車にしたり、あるいは玉頭銀が飛んできたりするものです。 そんな初心者的発想の手への対策など定跡書には書かれていません。級位者が知りたいのはそこなのに…

本書は厚みを築けばいいのか、堅さを重視すればいいのか、争点はどこか探すといった戦略的指針を与えてくれるので、初心者的な指し方には自然に対応できるようになります。
このレビューは参考になりましたか?
159 人中、146人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 偉業 2005/1/31
By 原田 祐嗣 VINE メンバー
”プロは感覚的なものを大切にする”という,代表的な表現は”厚みがあれば勝ちやすい”などだ.80冊を超える棋書を読んできたが,”厚み”についてきちんと解説した本はなかった.将棋界にはその他にも”構想””さばき””発展性がある””スピード”など抽象的(感覚的)な言葉が多い.
そういった言葉の本質をつかめば高段者への道が開けるのであろうし,また高段者同士のやりとりであればそのような抽象的な表現でコミュニケーションがなりたつのであろう.そのため”感覚”がきちんと定義したり文章にされてなかったのだと思う.
ただそれでは,私のように大人になってから将棋を始めたものに対して非常に不親切である.”感覚”は子供の頃から将棋をとことんやって,高段者と対戦して,やっと身に付くものだ,と言われているのと変わらない.
将棋の魅力は高度な知的ゲームであって,記憶や反射神経のみの勝負ではないだろう.論理的思考の応酬こそが知的興奮を産むのだ.大人になってゲームをするからには,プロやトップアマの”感覚”も論理的に理解したい.
この本は棋界の第一人者がわざわざ降りてきて丁寧に”感覚”に関して説いてくれている.天才が普通の人に向かって誰でもわかる表現で彼らの”感覚”について翻訳していることは驚愕すべきことだ,およそ歴史上の天才というのはそういった凡人に対する親切・丁寧な言語化作業
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 素人にはちょっと難しかったけど 2010/1/16
羽生先生の棋書で、主に大局観についていろんな局面でどう考えて指せばよいかを書いた本です。元々、英語で出すのが目的だった本のようです。例はすべて外国のアマチュア棋士のもの。
私にはちょっと難しくて細かいところはよく理解できなかったのですが、なんとなくこういうことを考えるべきみたいなのは感じとれたような気がします。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 子供へ。第7刷を持ってます 2009/11/14
子供にせがまれて購入しました。親の私は将棋は全く詳しくないのですが、子供はまだ漢字を読めないので、代わりに読んでは要約して説明してます。定跡書や次の一手の類の本は持ってますが、一局の流れの中で、どのような判断基準でどうのようにジャッジし、手を指すか…なぜ囲うのか、陣形、ぶつかった駒は取るべきか、取らずに違う手を指すべきか。素人の私にも理解できました。対局中の指針として、常に考えておきたい事が書かれているようです。 定跡は覚えたけど、なかなか勝てないと言う、初心者の子供さんを持つ方に、オススメします!
このレビューは参考になりましたか?
35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 指針を与えてくれます 2005/2/16
羽生の本となるとついつい手に取ってしまいます。2回どおり読みましたが、かなり多くの指針と考え方の整理ができました。いわゆる「大局観」と言われるものの構成要素を解説してくれる本です。特に、「戦場」の選び方などが参考になりました。あと、海外でも将棋を指す人がこんなにいるんだ~と新たな発見でした。
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 この本を咀嚼出来れば高段者 2011/10/10
By fine
Amazon.co.jpで購入済み
私の現在の棋力はアマ初段ですが、最近になってようやくただ闇雲に指し手を読むのではなく、
局面の急所を考える→今後の方針を決める→指し手の候補をいくつか選ぶ→具体的な読みを入れる→数手先の局面の形勢判断をする→実際に着手する
を実践出来るようになりつつあります。
本書はそういった事を実践するためにもっと早く出会っておきたかった、と思わせる内容です。
将棋の「考え方」や「方針の立て方」を羽生善治氏が平易な言葉で解説されています。言葉は平易ですが、内容は高度。初級者の方は最初はきっと「?」となるでしょう。
ですが、少し強くなった時に改めて読み返すと、「あぁ、あの時この本に書いてあったのはこういう事だったのか」と納得出来るでしょう。読んでおいて損はありません。
中級者・上級者の方は実戦において「途中まで形勢は良かったんだけど勝てない」だとか、「中終盤でどういう方針で指せば良いか分からない」ということがあるかと思います。本書はそこから脱却して有段者の仲間入りをするためのヒントとなることが沢山書かれています(「上達するヒント」のタイトル通り)。
有段者の方にとっては、当たり前の事(玉は下段に…とか、終盤は駒の損得より…とか)が書いてあるため少々物足りなさを感じるかもしれませんが、実戦で疎かになりがちな基本を再確認するには良い一冊だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 2.0 初心者には向かない。
低級の私には難しかったので、途中で読むの挫折しました。
初段くらいの人向きですね。
投稿日: 2か月前 投稿者: 公開名
5つ星のうち 5.0 あいまいな言葉を丁寧にわかりやすく
棋書には、当然のように「存分にさばけた先手が優勢」「厚みを活かして指せばよい」といったことが書かれていますが、私が初めてこれらの言葉に出会った時の感想は「わかるよ... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 基礎
5つ星のうち 5.0 将棋の基本の考え方、方向性を知る本
この本は、外国人向けの将棋本「羽生の奥義12」
を改定して書き下ろしを加えた本と
最初のほうに書いてあります... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: バブ
5つ星のうち 5.0 初段以下で伸び悩んでいる人に
私はこれまでにいろいろな定跡本を読んできましたが、相手が定跡を外してくるとどう指してよいかわからず困っていました。それで、また違った角度から書かれた定跡本を買うの... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: ヘタのヨコ好き
5つ星のうち 5.0 将棋の考え方について書かれた良書
本書は、多くの定跡書では書かれていない、将棋の「考え方」について、うまく言語化された素晴らしい本です。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: Teto
5つ星のうち 3.0 中級者向き
初心者というより中級者向き。文字通り、定跡でなく、上手になるヒントが書かれている。
投稿日: 14か月前 投稿者: こーひん
5つ星のうち 3.0 あくまでヒント
将棋の考え方が知りたくて購入しました。これ一冊で重要な考え方を知ることが出来ます。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: ぶち
5つ星のうち 5.0 定跡書や次の一手では解説されないような ”なぜ”が丁寧に解説された名著
解説の題材はアマチュア(外国人)の棋戦をベースに羽生が解説をする構図となっている。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: pst
5つ星のうち 5.0 天才克つ凡才
「天才は指導者としては相応しくない。自らのレベルで考え行動するので、凡人の思考レベルや行動レベルが理解出来ない。」... 続きを読む
投稿日: 18か月前 投稿者: 浅野広幸
5つ星のうち 5.0 常に考える癖がついた
この本を読んでから、自分の形勢がいい時悪い時に関わらず、常に考えながら指すという癖がついたように思います。個人的には「構想について」「厚みについて」「進展性につい... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: 玲瓏
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab5fadc8)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック