通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
一勝九敗 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

一勝九敗 (新潮文庫) 文庫 – 2006/3/28

5つ星のうち 4.2 138件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,058 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 一勝九敗 (新潮文庫)
  • +
  • 成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)
  • +
  • 経営者になるためのノート ([テキスト])
総額: ¥2,391
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

商品説明

   フリースの爆発的な人気によりその名を全国区に押し上げた「ユニクロ」。このブランドを展開する株式会社ファーストリテイリングの創業者である柳井正が、創業より現在までの歩みをつづった。

   マスコミに持ち上げられたり、ブームが去ったあとには一変して叩かれたりした同社に対し、紆余曲折が激しいイメージを持っている人も多いはずだ。確かに本書を読むと、同社には数々の失敗や停滞期があったことがうかがえる。しかし同社の特徴は、失敗を恐れない姿勢にある。失敗から学習し、すばやく方向転換をしていくその経営姿勢は、失敗をそのまま放置したあげく、倒産にいたる大企業とは根本的に異なっている。

   成功に関する考え方もユニークだ。「成功するということは、保守的になるということだ。商売というのは、現状があまりうまくいかないときに、『だったら、どうやればうまくいくのか』ということを徹底的に考えるということであり、成功したと思った時点でダメになるのだ」という言葉は、現在も海外進出や新規事業に果敢に取り組んでいる同社の本質をうまく言い表している。

   本書には、地方の証券取引所に上場、東証二部上場、そして東証一部上場と会社の状況が変わっていくにつれて、経営の視点を柔軟に変えていった過程も克明に描かれている。会社規模の変化に合わせて社員に求めるスキルや目標が異なっていくのは当然のように思われるが、案外、変化を苦手とする経営者も多いのではないだろうか。机上の経営論ではなく、経営者による生きた事例を参考にしたいビジネスマンや起業家に一読をすすめたい。理路整然とした言い切り型の簡潔な文章であるため、非常に読みやすくまとまっている。(朝倉真弓) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

メディア掲載レビューほか

一勝九敗
 著者は父から受け継いだ衣料販売店を、海外を含む500店舗以上の「ユニクロ」チェーンに育て上げた人物だ。時代感覚にマッチした商品を手頃な価格で大量販売する一方、テレビコマーシャルなどを巧みに活用し、新たなブランドイメージを定着させた。本書は柳井正氏自らが成長の軌跡を総括するもの。ブームの追い風が強まる陰で、実は10の施策のうち9が失敗であったことを明かす。同時に、起業家とは失敗にひるまない精神力の持ち主でなければならないことを力説する。

 1995年、柳井氏は全国紙の広告で「ユニクロ商品の悪口」を募集した。応募は1万通に及び、ほとんどが品質へのクレームだったと言う。急成長の最中にも自社商品の到達水準を知り、失敗を直視しようとしたのだ。また、スポーツウエアに特化した「スポクロ」の店舗展開を試みたが、本家「ユニクロ」との差別化に窮して撤退した事実などを振り返る。

 商売が軌道に乗ると「作れば売れる」が社内の常識となり、「一種の自動販売機状態」に陥ると言う。「市場に踊らされてはならない」という自戒は、一大ブームを創り上げた本人の弁だけに説得力がある。その他「二十三条の経営理念」、自ら信条とする「起業家十戒」「経営者十戒」を披露する。


(日経ビジネス 2003/12/08 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 274ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/3/28)
  • ISBN-10: 4101284512
  • ISBN-13: 978-4101284514
  • 発売日: 2006/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 138件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,229位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
・(私の勉強不足かもしれませんが)
 ここ数年の”全く盛り上がらない国内消費”をベースにしていて、
 ユニクロ程度の企業規模を持ち、売上を順調に成長させている企業を
 私はあまりあげることが出来ません。
 そんな希有なエクセレント・カンパニーの経営者は
 何に悩み、どう行動したのか を少しでも読み取れないかと思い、
 本書を手に取りました。
・読後感ですが、やはり、希有な経営者だと思いました。
 家業の店舗を任されたところから、店舗拡大、FC化、IPO
 関東進出、フリース大成功 と時系列で書かれてて気づかされる箇所が
 非常に多かったです。いくつか印象深いところを。
 −経営はスピードと実行・実践である、と。
  考えすぎずに早くやって、早く失敗する。
  一直線の成功はあり得ないので、成功の陰にある失敗を財産として捉えて
  次に生かす。致命的失敗=倒産だけ避ければ実態は「一勝九敗」で
  良いのだと。頭の良いと言われる人に限って、計画や勉強ばかりで
  結局実行しない傾向がある、と。
  極論を張れば、”あらゆる計画は机上の空論だ”と思っている、と。
 −フリースの大成功とその後の低迷
 
...続きを読む ›
コメント 77人中70人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 文庫
私は、今まで、会社の目的はその永続性にあると考えていた。
永続性を求めるために、経営者は様々な改革を実行し、その結果、安定性も得られるのではないかと考えていた。
しかし、本の冒頭に、「会社とは本来、つねに実体がなく、非常に流動的で、永続しない可能性の強いものなのだ。………
会社とは一種のプロジェクト、期限のあるもの、と考えるべきではないだろうか」 と書かれているのである。
まったく、考え方が違うのである。
また、経営の厳しさは、こういうことなんだなと思ったのは、 収益を生まない店舗、領域は、スピードを持って、
「見切る」ということである。
巻末に、ユニクロの1号店から、この本が書かれている時点での出店状況が記載されているが、
目まぐるしく出店と閉店を繰り返している。
おそらく、日本人が、最も苦手な行動様式なのではないだろうか。

この本全体には、経営者の厳しさが一貫して流れている。
それゆえ、今のユニクロの躍進がある。
それは、一般の人が真似できない厳しさである。
コメント 3人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/26
形式: 単行本
ユニクロを展開するファーストリテイリングの創業者・柳井正氏の創業からの現在までの歩み。初めて勤めたジャスコ(現イオン)をたった10ヶ月で退社したり、「できれば働きたくないな」と思っていた学生時代など、注目企業の経営者とは思えない一面に驚きも。年齢とは別に、松下幸之助らとは違う新しい世代の経営者だなという感じ、といっても出井伸之氏のようなエリート社員・経営者とも違う。普通の人と相通じるような親しみある感性と経営・人生への取り組み姿勢に共感を覚える人も多いのでは-。卑屈でもなく傲慢でもない柳井氏の人間性に魅了されます。後半は企業経営一筋という感じで、流通業に関心の薄い人にはちょっとという感じも。でも、現場第一主義という、流通業では誰もが言うがほとんどの企業で出来ないことに本気で挑み続ける経営姿勢には、転職を考えるくらい感動しました。
コメント 42人中33人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/7/2
形式: 文庫
 経営者の立場からのユニクロの歴史、そしてその経営論が書かれている。読んでみると、ユニクロという会社が、単にフリースブームにのってラッキーな成長をとげてきたわけではなく、経営者の強烈な経営理念・リーダーシップをもとに運営されてきたことがよくわかる。

 そして、「一勝九敗」のタイトルどおり、ユニクロが多くの失敗を経て成功に至っていることも十分に記述されている。柳井氏はむしろ失敗を肯定的にすらとらえ「失敗するのであればできるだけ早く失敗せよ。その失敗をすぐさま次に活かせ。」という趣旨で述べている。このほかにも様々に参考になることが書かれており、ダイナミックで覇気のある経営理念は一読に値すると思う。

 ただ、その反面で、(1)著者の個性が強烈であるだけに読者によっては好き嫌いがあるのでは?、(2)ユニクロの会社そのものに興味のない人にとっては社史部分はつまらないかも?、(3)巻末の23条もの経営理念は悪文だ!、などの意見もあるかも知れない。
コメント 24人中19人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック