Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
一勝九敗 (新潮文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

一勝九敗 (新潮文庫) [文庫]

柳井 正
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (60件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 529 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
13点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。 無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。>


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

一勝九敗 (新潮文庫) + 成功は一日で捨て去れ (新潮文庫) + 現実を視よ
合計価格: ¥ 2,711

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

豪胆な父とは対照的に内気な息子・柳井正は、大学卒業後、家業の紳士服店を継いだ。やがて店をカジュアルウエアのトップ企業「ユニクロ」へと急成長させるまでには、数々の失敗の歴史があった。株式上場、急成長、業績低迷の実態に率直に触れつつ、高品質の衣料を低価格で売る秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性の高い人事など、独自の経営哲学を惜しみなく公開する。

内容(「BOOK」データベースより)

豪胆な父とは対照的に内気な息子・柳井正は、大学卒業後、家業の紳士服店を継いだ。やがて店をカジュアルウエアのトップ企業「ユニクロ」へと急成長させるまでには、数々の失敗の歴史があった。株式上場、急成長、業績低迷の実態に率直に触れつつ、高品質の衣料を低価格で売る秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性の高い人事など、独自の経営哲学を惜しみなく公開する。

登録情報

  • 文庫: 274ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/3/28)
  • ISBN-10: 4101284512
  • ISBN-13: 978-4101284514
  • 発売日: 2006/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (60件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,779位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
71 人中、65人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Amazon Customer
形式:文庫
・(私の勉強不足かもしれませんが)
 ここ数年の”全く盛り上がらない国内消費”をベースにしていて、
 ユニクロ程度の企業規模を持ち、売上を順調に成長させている企業を
 私はあまりあげることが出来ません。
 そんな希有なエクセレント・カンパニーの経営者は
 何に悩み、どう行動したのか を少しでも読み取れないかと思い、
 本書を手に取りました。
・読後感ですが、やはり、希有な経営者だと思いました。
 家業の店舗を任されたところから、店舗拡大、FC化、IPO
 関東進出、フリース大成功 と時系列で書かれてて気づかされる箇所が
 非常に多かったです。いくつか印象深いところを。
 −経営はスピードと実行・実践である、と。
  考えすぎずに早くやって、早く失敗する。
  一直線の成功はあり得ないので、成功の陰にある失敗を財産として捉えて
  次に生かす。致命的失敗=倒産だけ避ければ実態は「一勝九敗」で
  良いのだと。頭の良いと言われる人に限って、計画や勉強ばかりで
  結局実行しない傾向がある、と。
  極論を張れば、”あらゆる計画は机上の空論だ”と思っている、と。
 −フリースの大成功とその後の低迷
 
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 mfhty トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:文庫
 経営者の立場からのユニクロの歴史、そしてその経営論が書かれている。読んでみると、ユニクロという会社が、単にフリースブームにのってラッキーな成長をとげてきたわけではなく、経営者の強烈な経営理念・リーダーシップをもとに運営されてきたことがよくわかる。

 そして、「一勝九敗」のタイトルどおり、ユニクロが多くの失敗を経て成功に至っていることも十分に記述されている。柳井氏はむしろ失敗を肯定的にすらとらえ「失敗するのであればできるだけ早く失敗せよ。その失敗をすぐさま次に活かせ。」という趣旨で述べている。このほかにも様々に参考になることが書かれており、ダイナミックで覇気のある経営理念は一読に値すると思う。

 ただ、その反面で、(1)著者の個性が強烈であるだけに読者によっては好き嫌いがあるのでは?、(2)ユニクロの会社そのものに興味のない人にとっては社史部分はつまらないかも?、(3)巻末の23条もの経営理念は悪文だ!、などの意見もあるかも知れない。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 自画自賛!? 2013/12/3
投稿者 takashin
形式:文庫|Amazonで購入
今(2013年)からすると、古い作品になるが、柳井氏の自伝的作品と言える。今でこそユニクロ=ブラック企業だとか言われ始めているが、当時から
今と同様に現場論としての鋭い意見を持っており、ブレていない点は素晴らしいと言える。だが、経営のエキスパートを他所からヘッドハンティングする意義も分かるのだが、プロパーの社員からすればあまり面白い事とは言えないだろうか。
急激に組織が巨大化し、知名度も増した企業だけに興味を持って読めた。
フリースによるブレイクまでが、サクセスストーリーとして楽しく読めた。
現在は、あまりこの人には興味を抱けないが、ユニクロではよく買い物してしまう。。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 1勝9敗にこめられた教訓 2011/7/13
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアー トップ10レビュアー
形式:文庫
ユニクロの創業者が書いた本。読む前は、この本のタイトルの意味について少し誤解していたかもしれない。ビジネスの世界で新規に打つ手が成功するといえるのは10回のうち1回くらいということだと思っていた。しかし、単にそれだけの意味ではなかった。10回のうちの9敗から何を学ぶかが重要だということが強調されていた。さらに、立ち直れないほどの深手を負う前に負けを認めて早く撤退することも大切だという。

生い立ちとユニクロを立ち上げた経緯。父親の影響。事業の拡大。企画から生産・品質管理・販売の一貫体制の構築。店舗数の増加。株式上場。原宿店から学んだもの。コマーシャル。実力主義。若い社員たちの活躍。四半期ごとの評価。世界展開。数多くの失敗から学んだこと。自身の経営哲学。

率直な言葉で、自身とビジネスについて語っている。なかなか面白かったし、ビジネスマンならここから学ぶべきことがひとつやふたつは必ず見つかるのではないだろうかと思える内容だった。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 期待していたほどでは 2014/3/1
形式:文庫|Amazonで購入
とくにあっと思わせる発想はなかった。この本にちょっと期待しすぎたのかもしれない。柳井氏の他の本と出会えていれば。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 早く見たい!!
まだ読めてませんが楽しみです。
意外と小さく読みやすそう!!
楽しみです。
投稿日: 3日前 投稿者: 長倉美穂
5つ星のうち 4.0 偉い人の本を読んでみようシリーズ
偉い人の本を読むシリーズとして、購入。思ったとおりの内容で満足したが、その後ブラック企業の汚名を欲しいままにしている様を見て1勝10敗・・・お後がよろしいようで・... 続きを読む
投稿日: 3日前 投稿者: ぽん
5つ星のうち 5.0 参考になりました。
 ある起業家の方から薦められて読みました。成功の前には必ず失敗があるもの、成功の反対は... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: イチロー二郎
5つ星のうち 3.0 常に前を向く
柳井社長の ハングリーさ、
挑戦するどん欲さが 伝わってくる。
徹底的にポジティブにいく経営者のマインド教科書。
投稿日: 5か月前 投稿者: 大武功
5つ星のうち 1.0 ブラック企業乙〜
http://ameblo.jp/kirayoshiko/entry-11592503641.html... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: ぱおw
5つ星のうち 4.0 一勝九敗を積み上げた結果としてのグローバル標準ではないだろうか
昨日、ユニクロの売上高が1兆円を超えたというニュースをやっていた。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: COZY
5つ星のうち 5.0 ベタですが、経営者さんは必読。
いわずとしれたUNIQLOを世界的企業に発展させた社長の体験記。そのマインドをうかがい知るには最適な内容でした。若い時の生い立ちについてはそんなには書かれておらず... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: ume-chang-man
5つ星のうち 5.0 勉強になりました。
どんな成功してると勝手に思っていましたが、実際の苦労や失敗、全て書いてあるのが良かったですね。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: 松原 斉正
5つ星のうち 1.0 柳井の小遣い稼ぎ
柳井の小遣い稼ぎです。他にも内容は対した事の無い自伝のようなものを出し過ぎです。たまたま成功した社長から何を学ぶのか…経済に言及する前に自社の... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: Endy
5つ星のうち 4.0 なかなか参考になる
総じて人間のやることは一勝九敗であると、柳井氏の経験談を元に書かれている。... 続きを読む
投稿日: 20か月前 投稿者: 飛躍
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
ドラッカー信者の実践術 0 2011/04/17
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック