中古品:
¥ 2,571
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★簡易クリーニング済★【検品担当者より】★状態良好★中古品ですが、盤面や外観等、全体的にキレイな状態です★大手中古書店に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。(帯・ハガキ・チラシ・応募券などは原則付属しません。)その他万が一、品質不備があった場合は返金にて対応致します。商品は注文確定日より2-7営業日以内に配送手続きをさせて頂きます。ただし弊社Webサイトでも販売しているため時間差で在庫切れになった場合はキャンセル扱いとさせて頂き、その場合は速やかにメールにてご連絡いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ヴェルディ 歌劇《椿姫》 [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ヴェルディ 歌劇《椿姫》 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 6,665より 中古品の出品:7¥ 2,502より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 春のセール最大70%OFF(5月31日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円新生活におすすめDVDセールTVドラマセールジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フェニーチェ歌劇場バレエ団, フェニーチェ歌劇場合唱団, チョーフィ(パトリツィア), サッカ(ロベルト), フェニーチェ歌劇場管弦楽団
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 字幕: 日本語, イタリア語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TDKコア
  • DVD発売日: 2005/05/11
  • 時間: 146 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0007WAEX4
  • EAN: 4988026816392
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 174,016位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. 本編

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1996年の火災から再建されたフェニーチェ歌劇場の柿落としとして2004年11月に上演された「椿姫」を収録。

レビュー

演出: ロバート・カーセン ロリン・マーゼル指揮 フェニーチェ歌劇場管弦楽団,フェニーチェ歌劇場合唱団,フェニーチェ歌劇場バレエ団 パトリツィア・チョーフィ(S) ロベルト・サッカ(T) ドミトリ・ホロストフスキー(Br)
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ともくん 投稿日 2006/7/31
「現代」を舞台にした演出の椿姫です。

1幕冒頭、ヴィオレッタがベッドの上で独り下着姿で虚空を眺めている様子は、「愛を受けたことのない者・椿姫」を非常にうまく表現していると思った。

それに続くパーティーのシーンは、オースティン・パワーズDXのパーティーを高級にした感じ。衣装が、パリコレとかに出て来そうな。

僕は椿姫を、ショルティ&ゲオルギュー盤で初めて観て、その印象が強いので、どうしても比較してしまう。1幕の合唱は、もっとアクセントとスタッカートを利かせて欲しかった。ショルティ盤だと、さくさくした演奏が心地良いリズム感を感じさせていたのだが。

アルフレードについては、声の色はいいけれど、声量があまり無くて、迫力が感じられなかった。この点においても、ショルティ盤のフランク・ロパードの方が良かった。

2幕、背景には紅葉した林が描かれていて、舞台上には、枯れ葉、と見せかけてくしゃくしゃになったお札が何万枚も蒔かれている。正直、この札の嵐は何を表現しているのか分からなかった…。

ジェルモン演じるホロストフスキーは、スーツを着てメガネをかけて登場。ビジネスマン風。この人は声量が多いので、アルフレードを圧倒しちゃっていた。

総合して、オーケストラもキャストもショルティ盤のほうが良かったけれど、演出と美術が素敵に素晴らし過ぎるので、☆5つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kone 投稿日 2005/6/15
東京文化会館でチョーフィの実演を見て買う気になりました。あの細い体のどこにこのパワーが潜んでいるのか不思議です。最初は地味に思えた彼女の声が、聴いているうちにどんどん表現力が増してくるようで、それも不思議です。どこのブランドか分からないままに買ったバッグで、使っているうちにそのデザインと質の良さが実感できて、「ああ、やっぱりブランドものだ」と思えるような、そういった、派手さはないけれど質は非常に高いという感覚を、彼女の歌から受けました。テノールのサッカも、やっぱり地味だけれど、安心して聴いていられました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 macha 投稿日 2010/9/24
新しい椿姫を見る度に、これまで沢山あった椿姫の名盤を思い出し、「こんどこそ、がっかりするかも」といつも思うのだが、今回も、悪い予想は裏切られ、また新しい素晴らしい名演に出会えた。

1994年コヴェントガーデン ショルティ指揮のゲオルギュー盤、2005年ウィーン デッカー演出のネトレプコ盤、1992年フェニーチェ リッツィ指揮のグルベローヴァ・シコフ盤・・。
それぞれの良さがあったけれど、この盤も秀逸。

現代設定の演出だが、ネトレプコ盤のような抽象的なものではなく、非常に具象的な演出。
隙が無く、最初から最後まで非常にのめり込ませる。

カメラを持ち、ピアノを弾くアルフレード。薬漬けにされるヴィオレッタ。パリの大パーティはカーボーイ的な衣装で舞台設定。
そうした一つ一つが、「今、ここにあるヴィオレッタ」を思わせる。

チョーフィの容姿・演技も素晴らしい。まさに、この演出・この舞台の為の逸材と言える。
刹那に生きるヴィオレッタの危うさを充分伝えている。
お勧めしたい盤である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 passacaille VINE メンバー 投稿日 2008/9/7
この<La traviata>は2004年11月18日に行われたTeatro La Feniceの再開場記念公演のライヴである。このディスクに収録された<La traviata>の大きな特徴は、2つある。1つは、1853年3月6日に同劇場で初演された時の楽譜を使用した完全全曲の上演と言う事、もう1つは演出を担当したR.Carsenがこの作品を徹底的に現代劇として演出した事である。音楽面から見ていけば、現行版よりも、全体の音楽の起伏が激しく高音の多用(特にViolettaのパート)が目立つ。またViolettaとGermontの二重唱や2幕2場等の重要なナンバーが現行版よりも長く作られている。全体を俯瞰してみると現行版と比べて、この初演版は作品のプロポーションにやや歪さを感じさせる。このような取り組むのに厄介な楽譜を使用した公演を、中途半端な実力の指揮者が担当すると、冗長極まりない演奏に堕してしまう事必至であるが、この公演の指揮を担当したのは、巨匠Maazel。Mestro Maazelは、全てを完璧に掌握し、自信に満ちた姿勢で牽引していく。それでいて人間の自然な息遣いを持ち、豊麗で奥行きの深い音楽を紡ぎ出していく。そのMaazelの造り出す安定した音楽造型の中で、歌手達は余裕を持って夫々のパートを創造する。しかも、Maazelは確実に歌手達にVerdiの世界への道筋を造ってい...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック