買取サービス
最高買取価格

¥ 441
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヴィジュアル複素解析 単行本 – 2002/1

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 12,946

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「幾何的直感は数学の発想の源泉である」との信念にもとづき、複素関数の微積分と複素数の幾何について、500余の図版を用いて懇切丁寧に解説。解説にあたっては、ともすれば抽象的になりがちな数学の理論を、具体的なイメージとして見える形に描くことで容易に理解できるよう配慮されている。さらに歴史的なエピソードを紹介し、また、物理学等の他の分野との関わりについても述べ、興味をもって読み進められるよう工夫されている。複素解析の“なぜ?”にヴィジュアルに答える斬新かつ好個な書である。

内容(「MARC」データベースより)

「幾何的直観は数学の発想の源泉である」との信念に基づき、複素関数の微積分と複素数の幾何について、500余の図版を用いて丁寧に解説。さらに歴史的エピソードも紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 662ページ
  • 出版社: 培風館 (2002/01)
  • ISBN-10: 4563011029
  • ISBN-13: 978-4563011024
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 874,764位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/30
形式: 単行本
図がいっぱいあることがウリなのだが、実際にはぶ厚さもあいまっていろいろなことが載っている。 様々な分野への応用についても図入りで言及されており、読破しないにしてもある程度辞書的に使う事の出来る本です。 その代わり、簡潔ではないので特定の理論をさっと確認したい時には困る事もあります。 それを踏まえても価値のある本。
コメント 23人中20人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
複素解析(Complex Analysis)における諸概念の幾何学的意味を徹底的に追求して明らかにした、驚くべき本。 私はこの邦訳を最初に購入したのだったけれども、原書も、是非、読んでみたくなり、原書も購入することにした。
コメント 21人中15人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
複数の言語に翻訳されている世界的に著名な文献である。扱っている題材は一般的なものであるが、特異な点は、時系列上得られている結果に対し、筋道および捉え方を主眼とした解説がなされていることである。題材の成果に対し時系列にそった導入手順の解説はなされていない。本書の大半を占めるリーマン球面とそれに関連する題材の取り扱いと豊富な話題は特色となるものである。連綿と続く線形代数(固有値)の一表現形式としてのメービウス変換の解説内容からは、その視点の捉え方について連続して目から鱗の落ちる思いをもたらされる。著作物の内容から「書ける人はいるが、実際書く人はいないだろう。」との評判が与えられる文献は多いが、本書はそのうちの一つである。頁をめくる毎に疲労感の蓄積を余儀なくされる場合もあるが、読了した後の展望はすばらしいものである
コメント 4人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック