通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★書き込み等無く綺麗です★目立ったキズ、汚れはございませんが帯欠品のためコンディションは「良い」と致します★OPP袋に入れ茶封筒で丁寧に梱包いたしますので雨でも安心です★配送は「ゆうメール」なので万全の体制でお届け可能です★ポストに投函できない場合でも再配達承ります★万が一の場合にも弊社で責任を持って迅速に対応いたしますのでご安心ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える 単行本 – 2015/7/31

5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,138
¥ 2,138 ¥ 1,379

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
  • +
  • HARD THINGS
  • +
  • How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント
総額: ¥6,026
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

全世界話題!Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開!

Googleはいったいどんな仕組みで動いているのか?誰もが抱くこの疑問に、Googleの人事トップが答えます。21世紀の最強企業をかたちづくる、採用、育成、評価の仕組みをすべて惜しげもなく公開。本書で紹介される哲学と仕組みは、Googleだからできるというものではなく、あらゆる組織に応用できる普遍性を持っています。
古いやり方で結果を出せと言われて困っているリーダー、古いやり方で評価されてやる気をそがれている若手、もっとクリエイティブに仕事をしたいと思っている人に知ってほしい、未来の働き方とは。いま働いているすべての人、これから働くすべての人に贈る、新しい働き方のバイブルとなる一冊。

著者は2006年にGoogleに入社。あらゆる企業の人の扱い方に影響を与えたいという信念の下、Googleに入ることを選択。同社の従業員が6000人から6万人に増えていく過程で、Googleの人事システムを設計・進化させてきた責任者です。Googleは、世界各国で「最高の職場」として認められ、多くの賞を受賞。
いったい、Googleは、どんなやり方で人を選んでいるのか?そうして選んだ人材に、どんな機会を与えているのか?優秀な社員同士に最高のチームをつくってもらう秘訣とは?社員をどう評価して、モチベーションを最大に保っているのか?働き方をめぐるこれらの重大テーマに、次々と答えを出していきます。

《本書の主な内容》
●Google人事トップによる、ベストチームを作りたい人へのアドバイス
●なぜ一流大卒というだけではGoogleに入れないのか?
●ハーバード大に入るより25倍も難しいと言われるGoogleの採用基準とは?
●Googleは、社員の死後10年間、給与の50%をパートナーに支給している!?
●同じ仕事でも、100倍の報酬差がついていい。
●qDroid、Googleガイスト、プロジェクト・オキシジェン、UFSなど、Googleが採用している人事の具体的仕組みを全公開!
●実験とデータを活用して制度を進化させるGoogleの工夫とは?
●朝起きて、ワクワクしながら行ける会社って、どんな会社?
●機械に負けない、人間らしいクリエイティブな働き方ってどんなもの?
●人事に関する不満と不安を最大限減らすには、どうやればいい?

《世界の著名人がこぞって絶賛!》
「才能あふれるチームのつくり方がわかる」ダニエル・ピンク(『ハイ・コンセプト』著者)
「未来の働き方をつくるビジョンを示している」アダム・グラント(『GIVE&TAKE』著者)
「現代の傑出した人材を率いるためのバイブルだ」ティム・ブラウン(IDEO社CEO)
ほか、ラム・チャラン、ジェフリー・フェファーなど、各界から続々推薦!

内容(「BOOK」データベースより)

君は、最強企業が欲しがる人材なのか?未来の新しい働き方のすべて、ベストチームをつくるアドバイス―世界最高の職場を設計した男、グーグルの人事トップが、採用、育成、評価のすべてを書いた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 560ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2015/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492533656
  • ISBN-13: 978-4492533659
  • 発売日: 2015/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,160位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
2006年から9年の間にGoogleの従業員が6千人から6万人に増え、世界40カ国に展開。この急成長の中で、Googleの人事システムを設計し進化させてきた、人事担当上級副社長ラズロ・ボックによる著書。

550ページを超える大著だが、夢中になって2日間で読了した。
人事(採用・教育・評価)を主題としているのだが、その中身は、リーダーシップ、マネジメントから、生き方や思想に至るまで幅広い。
本書は人事部門に勤めるわけでもない私にとっても仕事の価値観を深く考えさせられるものがあったし、良いチームをつくりたいと思う全てのビジネスパーソンにオススメしたい一冊になった。

内容は、Googleの成功だけではなく、失敗についてもとことんオープンに書いている。私たちはメディアを通して、Googleの人事について以下のような認識をしていないだろうか?

●学歴至上主義、超エリートしか相手にしない
●面接では、難問奇問な洞察問題の質問をする
●超高額報酬の表彰制度がある

これらは全て事実だったのだが、筆者たちは間違いを認め改善したことを説明している。

●卒業して最初の2~3年を過ぎると、学校の成績から仕事の成績は予測できないことがわかった
●難問
...続きを読む ›
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
色々と興味深く、面白い取り組みが具体的に書いてあり一気に読むことができました。コストは思ったほどかかっていないと何度も繰り返し記載されていますが、やはり多大な収益をあげ続けていない限りは出来ない事だと思います。ちょうど高度成長期の日本でも手厚い福利厚生が享受されていたのと大きくは違っていないのではないか。もちろんグーグルの場合は、分析的な説明が裏側にはあるのでしょう。また、ここがなかなか出来ない差別化ポイントの一つなんでしょう。
むしろ最後の方の苦労話しが最も参考になりました。グーグルでも色々な社員がおり、人事部の皆さんも説得や対処に日々追われていることに共感を覚えました。多様性のマネジメントの難しさの良い事例でもありますね。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Googleの人事トップであるラズロ・ボックが、自らの企業のチーム作りの方法を
惜しげもなく披露する意欲作。500ページに及ぶ詳細な記述は、Googleという
企業の文化・風土を理解し、それに沿った採用、育成、評価の仕組みをすべて
紹介するに十分だと言える。こうした企業事例では、上手くいったことだけが記
述されるが、本書では上手くいかなかったことも数多く紹介されている。そして、
そうした上手くいかなかったことすら、その後の成功につながるというGoogleら
しさをより引き立たせているように見える。
優秀な人間を引き付けるチーム作りはどのようにしたらよいのか?従来の人事
戦略とは全く逆ともいえる施策を次々と実施している。一種の社会実験かと思え
るほどユニークであるが、それもエビデンスを伴ったものであり、全くの思いつき
でないのもGoogleらしさなのだろう。
日本企業がそのまま移入しても、全く機能しなさそうな施策ばかりだが、考え方
については、大いに共感できることが多かった。
最先端を行く企業の最先端のチーム作りは、人事戦略云々の前に、フィロソフィ
ーの定着であり、それにそった施策であり、愚直に実行し、適切に軌道修正し、
定着を図ることだと悟った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
仕事は人がやっている限り、その生産性は人間一人ひとりのパフォーマンスをいかに上げていくかがキモになります。採用から始まり、評価制度や報酬の設定、教育のあり方から社内のコミュニケーションに至るまで、今グーグル社内で取り入れられている制度を、余すところなく紹介しているのが本書です。膨大な「ヒト」に関わる資料と、5万人を超える従業員「グーグラー」で緻密に実験された結果で裏付けされているグーグルの社内システムは、巷のビジネス本がいう「たまたま上手くいってます社内制度」とは遥かに次元の違う圧倒的な説得力があり、人で悩む経営者には必読の書と言えるでしょう。かなりのボリュームがある本にも関わらず、読み飛ばすことの出来ない内容の濃さは、一度では理解しきれない奥の深さがあり、私にとっては人事の教科書として何度も読み返す価値のある久々のヒット本でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック