通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ユニオン販売
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干の使用感がありますが、ページに書き込み等無く概ね良好な商品です。 商品はゆうメールで発送致します。24時間窓口に配送しますので年中無休で迅速に行ないます。 ▼Amazon専用在庫のため、品切れはございません ▼万が一、不都合がございましたら返品対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉 ハードカバー – 2012/7/28

5つ星のうち 4 132件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,190

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  • +
  • 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

*下流民か、自由民か。地球規模で人生は二極分化する*

2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?
ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、
世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。
「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉
●テクノロジーの発展
●グローバル化
●人口構成の変化と長寿化
●個人、家族、社会の変化
●エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、
忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、
勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。
覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

著者について

◆著者紹介
リンダ・グラットン(Lynda Gratton)
ロンドン・ビジネススクール教授。
経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネス思想家15人」のひとり。
ファイナンシャルタイムズでは「今後10年で未来に最もインパクトを与えるビジネス理論家」と賞され、
英エコノミスト誌の「仕事の未来を予測する識者トップ200人」に名を連ねる。
組織におけるイノベーションを促進するスポッツムーブメントの創始者。
『HotSpots』『Glow』『Living Strategy』など7冊の著作は、計20ヶ国語以上に翻訳されている。
人事、組織活性化のエキスパートとして欧米、アジアのグローバル企業に対してアドバイスを行う。
現在、シンガポール政府のヒューマンキャピタルアドバイザリーボードメンバー。

◆翻訳者紹介
池村千秋(Chiaki Ikemura)
『フリーエージェント社会の到来』(ダニエル・ピンク著、ダイヤモンド社)、
『グーグル ネット覇者の真実』(共著、スティーブン・レヴィ著、阪急コミュニケーションズ)、
『マネジャーの実像』(ヘンリー・ミンツバーグ著、日経BP社)、
『ホワイトスペース戦略』(マーク・ジョンソン著、阪急コミュニケーションズ)など訳書多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 402ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2012/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833420163
  • ISBN-13: 978-4833420167
  • 発売日: 2012/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 132件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,964位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
働き方について「今のままじゃダメだ」という思いは強いけれど、どう動けばいいかわからない。
とくに若い人は、そんなフラストレーションを日々感じながら働いているのではないかと思います。
私もその一人です。だから「孤独と貧困から自由になる働き方」というサブタイトルに、がっちり心をつかまれました。

読み終わってどうだったかというと、正直、あまり自由になれる気はしませんでした…。
言っていることはもっともだし、いわゆる意識高い系の人たちの方向性と一致しているように思います。
ただ、あまり意識が高くない自分には「なんだか、すごく疲れそうな未来」のように見えました。

スキルを高めて複数分野のスペシャリストになるとか、優秀な仲間のネットワークをつくるとか、
ビジョンとしてすばらしいけれど、実際にそういうことをやるのはかなり大変です。かなり仕事中心に生きなくてはいけない。
また、お金のためではなく充実した経験のために働くというビジョンも素敵ですが、
最低限の生活費を稼ぐのに苦労している自分には、ちょっと手が届かないレベルの話に感じます。

本の内容自体は、とても興味深く、よくできていると思います。
個人的には、こういうしんどい働き方とは違う未来図も見てみたいです。
コメント 347人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
現状分析の部分(高齢化社会の到来、グローバル化による賃金低下、化石燃料の枯渇etc)は、
この本でなくとも社会問題として取り上げられているところである。
ではそれに対してどうアクションを起こすのか、
それを提言しているのが「3つのシフト」。

しかし、私はまったく共感できなかった。
例えば・・・、

1.連続スペシャリストになれ!
一つの分野を「私の専門分野だ」と言えるところまで持っていくだけでも、
大変な努力が必要になる。
それを連続していくつも持つなど常人にはとても不可能だと思う。

2.中国のドレスデザイナー
2025年の成功例として、中国でドレスのデザイナーを営む個人事業主の例が出てくる。
確かにこのデザイナーはハッピーなのかもしれないが、
このデザイナーを支えるアリババやドレスの縫製を行う工場労働者はどうなんだろう。
一部の特殊な才能を持った人のことにしかフォーカスしていないと思う。
社会を支えているブルーカラーやメタルカラーに対する言及が少ないし、
あっても否定的な触れ方ばかり。

3.これから成長する分野の例
業種としてクリエイティブな領域が挙げられて
...続きを読む ›
4 コメント 456人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
  この本で著者は未来を形作る5つの要因(ex. テクノロジーの進化、グローバル化の進行)、それが私達個人個人に与える影響(ex. 時間に追われる、コクリエーションが活発になる)、そしてそのような未来に押しつぶされない職業生活を送るための3つのシフトを提案している。
  ただの著者の妄想論などと片付けている方も見られるが、私はそうは思わない。もちろん未来に関することなので著者の推測の範囲をでることはないが、全体的にそれなりの説得力があるように感じた。例えばテクノロジーの進化により、24時間世界の同僚たちとつながり、以前よりも忙しい毎日を送ることになるというのは決して的はずれな未来の推測ではないだろう。 また著者の提唱する3つのシフトは実践するのはかなり困難なようには感じられるが、こちらも同じく説得力がある。一つ目のシフトであるジェネラリストからスペシャリストというのは近頃、よく聞くことでもあるが安価な労働力との競争、テクノロジーの発達で人が代替されるということを考えればある特定の専門分野を持っておく必要があるということも納得できる。 
 自分は大学生で自分がどのような仕事に就きたいか、どのように働きたいかという選択、決断をする必要がある。就職活動は自分の将来にまで関わることなので未来という視点が大事となる。以前よりも幅広い視野で自分のやりたい仕事、やるべき仕事ということを考えられるようになったという点でとても為になる本だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
グローバル化とデジタル化によって、
急スピードで社会が変わるなか、
〈効率や競争〉という魔物に自分の生活が飲み込まれないよう、
職業観と仕事への取り組み方を率先してシフトすべしと本書は説く。
それが以下の三つだ。

第一のシフト 連続スペシャリストになるべし
第二のシフト 仕事仲間を集い、自己再生コミュニティを構築せよ
第三のシフト 消費(給料)ではなく経験を重視せよ

スピードの速い社会だ。
ひとつの職業や会社の寿命は短くなる反面、人の寿命は長くなっていく。
連続的にスペシャリスト、つまり、長い人生において2つや3つの仕事を獲得していく必要性が高まる。
けれど、ひとつの仕事の専門性を高めながら、
また別の仕事の専門性を高めていくのはけっこう大変だ。
本書に出てくる例も、エリートビジネスマンで、
ふつうのビジネスマンにはなかなかハードルが高いと感じる。

リストラや倒産、いま就いている職業自体の地盤沈下。
それらのリスクをまるごと、別の職種でヘッジするには限界があるように思う。
ポイントは、リストラや倒産しなさそうな「安定した会社や職業」を選ぶことではない。
もはや、そんな会
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック