Amazon Kindleでは、 ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION (角川スニーカー文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ロードス島戦記―灰色の魔女 (角川文庫―スニーカー文庫)
 
 
1分以内にKindleで ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION (角川スニーカー文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ロードス島戦記―灰色の魔女 (角川文庫―スニーカー文庫) [文庫]

水野 良 , 出渕 裕 , 安田 均
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 324  
文庫 --  

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

平和の続くロードス島に、戦乱の兆しが現われ始めた。暗黒の島マーモの皇帝の背後に強大な力を秘めた謎の魔女カーラの姿があった! 六人の冒険者達が織りなすRPG感覚のファンタジー活劇小説。

内容(「BOOK」データベースより)

30年前の魔神との戦いの傷も癒え、平和の続くロードス島に、新たなる戦乱の兆しが現れ始めていた。暗黒の島マーモの皇帝ベルドが、カノン王国を攻め滅ぼしたのだ。しかも、彼の背後には強大な力を秘めた謎の魔女、カーラの姿があった!その頃、辺境の村ザクソンの青年パーンは、己の正義感の赴くまま、神官のエト、ドワーフの戦士ギム、魔術師スレインらとともに、故郷の村を旅立とうとしていた。自分の前に立ちはだかる、大いなる運命も知らずに…。

登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 角川書店 (1988/04)
  • ISBN-10: 4044604010
  • ISBN-13: 978-4044604011
  • 発売日: 1988/04
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 319,215位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
35 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 和製ファンタジーの名作♪ 2005/8/4
形式:文庫
コンプティーク誌に連載されていたテーブルトークRPGの実況リプレイ企画が
まさかここまでのヒット作となり、マルチメディアに進出するとは・・・
小説を読んで水野良さんの文才に驚かされました。
上手いんですよね。
設定の細かさ、キャラクターの魅力、文章の読みやすさとバランスが良いです。
 
自分が感じたのは
初めの頃の主人公だったパーンが
後半では「自由騎士」って事で、名声を得て有名人として登場するのが
小説の書き方として斬新だと思いました。
普通の話だったら、主人公達とは別のキャラで「伝説の騎士」みたいな強いキャラが登場する
なんて事になるんでしょうが
この小説では、それが当初の主人公になるんですよね
冒険を始めた頃のパーンを知っているだけに
自由騎士として数々の武勇伝を持ち、戦闘能力もかなり上達して登場する後半は
彼のファンとしてもとても嬉しく感じた物です。
上手い書き方するなぁと思いますよ、いやマジで・・・
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 遅くなりましたが。。 2010/12/29
形式:文庫|Amazon.co.jpで購入済み
自分はいま、これの3巻を読んでるところです。
元々の発売日を見るともうずいぶん昔……
私が生まれる前の作品なんですが、全然違和感なく、すごく面白い。
スラスラ読めます。
どうやら、日本のファンタジーの金字塔らしいですね。
納得!の一言です。
このレビューは参考になりましたか?
19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ライトノベルの最初期作品。 2006/8/16
形式:文庫
中学生の頃だから20年以上前読んだ作品ですが、思いっきりのめり込んでいました。今でいうライトノベルというやつで現在は萌え系の作品ばかりみたいですが昔はファンタジー系が中心でした。アルスラーン戦記や銀河英雄伝説とか。考えてみれば今より活字読んでたかも・・・。
このレビューは参考になりましたか?
36 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 魂が震えました。 2003/5/3
形式:文庫
 読んだのはかなり昔ですが、未だに心が騒ぎます。
確か長耳エルフを日本に定着させた作品とも記憶しています。
それほどの影響力があったという事でしょう。
 主人公は騎士を目指す少年であり、その冒険が中心となって展開していきます。
主人公は、その若さ故に無茶とも言える行動をしていますが、読者にきちんと納得がいくように丁寧に書かれていますし、むしろその行動を当然と思って読み進めていけます。
主人公の仲間も個性的かつしっかりと書かれており、標準的とも言える構成なのに、それを感じさせません。
 主人公らの敵は、灰色の魔女と呼ばれる恐るべき魔法戦士であり、呪われた島と呼ばれる舞台そのものの戦乱です。
主人公らは浮いた理想ではなく、この大地に根を張る住人の1!人として、戦乱と魔女に立ち向かっていきます。
 そして、私がもう1人の主人公と認識する、騎士を目指す少年の仲間の盗賊。
光を浴びる少年と、その影に立つ盗賊。
行動を共にしながらも、歩く道は違っているのです。その対比が見事でした。
 物語に構成、登場人物から結末まで、どれを取っても絶品です。
古典といわれて久しいと思いますが、名作はいつまで経っても名作だと思います。
ファンタジーの世界に興味が無くても、きっと楽しめる1冊だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ファンタジーノベルの傑作 2001/4/4
By カスタマー
形式:文庫
読書というものの面白さを教えてくれた僕にとって忘れられない作品である。世界観がしっかりしていて、ライトノベル特有の嘘っぽさをほとんど感じさせず、読むものをのめりこませるファンタジーの名作。ゲームや漫画は好きだけど本はあまり読まない、という人にこそ勧めたい。ドラクエやFFのようなゲームが大好きな人は間違いなく気に入ると思う。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ロードスという名の島がある。 2005/12/5
形式:文庫
水野良のデビュー作ということになります。つまりアマチュアとして書いた作品です。確かに今の水野良のレベルの作品と較べて読み返してみると、荒削りです。展開も文章も描写もキャラクターも、非常にアラが目立つ気がします。でもやっぱり面白いです。裏を返せば、著者水野良はここからスタートして作家としてかなりレベルアップしたということでもあります。

主人公パーンにすんなり感情移入して、冒険の世界へと旅立つことができます。ワクワクできます。まぁ、作中のパーンはワクワクしている場合じゃないかもしれませんが……

強いて難点を挙げるなら、以降の水野良作品の主人公はどれも父親の陰を引きずっているというワンパターンな設定を持っています。本書『ロードス島戦記―灰色の魔女』のパーンもそうです。しかもこの巻だけでその設定は片づいてしまいますし。

テーブルトークロールプレイングゲームのリプレイとして始まったロードス島シリーズ、この本から大きくなりました。ヒロインのハイエルフ、ディードリットのプレイヤーは実は男性だったそうですが。それが後には永遠の乙女ですから……

とにかくロードス島の世界を楽しむならば、本書から始まるロードス島戦記シリーズが一番でしょう。後のシリーズは多少蛇足感がともなってしまいますので……

今の観点から振り返るとアラが目立つ、という点で本書の評価は☆-1です。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 物語の世界に引き込まれました
オンラインゲームで知り合った友人に勧めらた折に、ちょうどKindleで復刻版が発売されていたので購入。タイトルこそ知っていたものの、作品に触れるのは初めてでした。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 青春の一冊
学生の頃のバイブルでした。
イラストもお気に入りでしたから、再販よりこちらが良い感じ。
今読んでも面白いですね。
投稿日: 4か月前 投稿者: Altria
5つ星のうち 5.0 和製ファンタジー小説の雄
初版の第一巻を手にしたのは私がまだ青臭い学生の頃だった。

角川書店の『コンプティーク』誌上で連載されていた... 続きを読む
投稿日: 22か月前 投稿者: wiseman72
5つ星のうち 4.0 冒険の質は仲間で決まるのだ
ロードス島を舞台に、主人公パーンが幼馴染の神官エトとターバの
村を出、ロードス島のために粉骨砕身頑張るお話です。... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: sabotenking
5つ星のうち 5.0 日本版ロードオブザリングなのです。
ファンタジー小説の教科書。日本ファンタジー小説のスタンダードにして最高峰。ライトノベルのレジェンドであり金字塔。... 続きを読む
投稿日: 2011/9/18 投稿者: 天存
5つ星のうち 3.0 黎明期の特権
ああ、この本まだ出版されてたんですね。
いわゆる、ライトのベルの黎明期に出たファンタジーの秀作です。... 続きを読む
投稿日: 2009/12/17 投稿者: kamojiro
5つ星のうち 4.0 イメージへの冒険
はじめてロードスを読んだのが、エルフやドワーフが登場し魔法がとびかうファンタジーに最初に触れた作品でした。... 続きを読む
投稿日: 2007/1/12 投稿者: DeepBlue213
5つ星のうち 3.0 乳母車とガラガラ
... 続きを読む
投稿日: 2006/4/8 投稿者: 電気鰻の蒲焼
5つ星のうち 2.0 いわゆるエポックメイキングとしてだけの作品
当時、小説好きの少年達を釘付けにした作品、ながら――、
いかんせん、というか、やっぱりというか、古臭い、青臭い感じは否めないですね。... 続きを読む
投稿日: 2005/9/8
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa9b4506c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック