通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ロリー&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付です。カバーに若干のスレやキズが見られます。中に1か所強い開き癖がございますが、それ以外は特に大きな損傷や汚れなどなく概ね良好です。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロリータ、ロリータ、ロリータ 単行本 – 2007/10/23


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,985


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ロリータ、ロリータ、ロリータ + ロリータ (新潮文庫)
合計価格: ¥ 3,553

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

画期の新訳『ロリータ』を世に問い、絶賛を博した著者が、満を持して書き下ろす決定版『ロリータ』論、遂に刊行!ナボコフが張りめぐらせた語り/騙りの謎の数々がいま、稀代の読み手の緻密な読解によって、見事に解き明かされていく。知的興奮と批評の醍醐味が溢れる衝撃の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

若島/正
1952年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科教授(小説論、アメリカ文学研究)。『乱視読者の帰還』で本格ミステリ大賞、『乱視読者の英米短篇講義』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 作品社 (2007/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861821576
  • ISBN-13: 978-4861821578
  • 発売日: 2007/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 460,313位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヨクナパトーファ 投稿日 2008/2/10
形式: 単行本
今まで若島さんの本は何冊か読ませて頂きましたが、その中でも一番興味深く読ませて頂いています。若島さんの読みが一体どういうものなのか、その読み手を綿密に、かつ劇的に示してくれています。小説の読みは十人十色なのでしょうが、この若島さんの「読み方」を知る、というだけでも一読の価値は十分にあると思います。彼の言う「読み」とは、パンの屑を拾うような、祝福するような白樺の霜の針に目をとめるような、細やかでやわらかな「営み」なのだと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キャラメルマキアート 投稿日 2008/2/15
形式: 単行本
 キティのマフに落ちた霜の針や、お喋りしながら食事していて、どうしてもフォークで刺せない、つるつるすべるきのこに目を向けなければ、「アンナ・カレニナ」は単なる通俗小説に思えたし、エマのふわりと広がるスカートについて指摘されなければ「ボヴァリー夫人」も同様だった。これらの作品を再読に走らせたのが「ロシア文学講義」「ヨーロッパ文学講義」のナボコフで、そのナボコフの「ロリータ」を再読に走らせるのが若島氏だ。「読み」の天才ナボコフは、勿論、小説の手品師。こんなに楽しそうに小説を読む人も、こんなに楽しそうに小説を書く人も私は知らない。読者は若島氏のあとについて歩き、ナボコフの仕掛けたトラップをひとつずつ驚嘆の目で眺めるのだ。
 ロリータ登場をほのめかす、茶色くなったリンゴの芯や、つやつや光るプラム!ハンバートがロリータの母にして自分の後妻シャーロットとの会話を避けるためにめくる「少女大百科」の「カ」のページ(カナダ、カナッペ、カヌー、カフェテリア、カメラ、カモ、カヤック……)は、何十頁、何百頁あとのロリータの隠しごと、ロリータとの一夜、そしてロリータの破滅という運命を全て暗示していた!?「ロリータ」翻訳者としてもっとも「ロリータ」を読み返した人であろう若島氏絶賛の“全篇で白眉の場面”とは!?……その場面を堪能し、その他の指摘を確認する歓びのために、また「ロリータ」を再読しなくては!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yumi 投稿日 2008/9/7
形式: 単行本
この本から「きらめき」を見つけられないのは読む方に問題があるのでは?
(「本格的」という言葉の幼稚さにご用心。)

すでに著者訳『ロリータ』注釈から、謎は投げかけられていました。この本ではアルファベット1字1字の枝葉にまで神経を使い虫眼鏡で観察する粘り強い探求で、一般読者をナボコフの迷宮へ導いてくれます。
本の中では、作者ではなく読み手の目線で、一緒に考えながら謎解きの機会やヒントを与えてくれますが、その不器用さに愛情を感じるのは、「素晴らしい読み手であり学者」としての揺るぎない自意識が確立する立ち位置ゆえ。
読書の楽しみを知っているからこそ、説明でお茶を濁すことを恐れているが、その本に対する愛情に胸を張っているような独特の感性が素晴らしい。
案内される方にはそれなりの読解力は必要ですが、世に言う勉強ができるとは違う感性で挑みましょう。

ナボコフを愛し、小説を愛す著者のハートに感動させられますし、ナボコフと言う巨人の暗号を教えてくれ、さらなる読書のおもしろみを教えてくれる素晴らしい本です。繰り返すようですが、控えめさと熱さに、頭脳の明晰さが同居した何とも学者らしい人間性が、透き通って見える文章にあなたも共感するでしょう。

本を愛する私たちに必要な読書本とは人生を読書に捧げたこの著
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック