Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 795

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ロリコン
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ロリコン [単行本]

高月 靖
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,728 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。 無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。>


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ロリコン + 少女愛
合計価格: ¥ 3,456

選択された商品をまとめて購入
  • 少女愛 ¥ 1,728


商品の説明

内容紹介

なぜ少女なのか?
反社会的、倒錯者と指弾されても少女への執着を止めることができない人々。
彼等の閉ざされた世界を検証し、その心理の深淵に迫る労作。

著者について

●高月 靖(たかつき・やすし)●雑誌、書籍の編集を経てフリーライターに。内外の社会事象を扱う。著書に『韓国の「変」 コリアン笑いのツボ82連発!』『韓流ドラマ、ツッコミまくり』『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで―特殊用途愛玩人形の戦後史』(以上バジリコ),『にほん語で遊ぶソウル』(アドニス書房)、『にほん語で遊ぶソウル』(アドニス書房)、『美味しい韓国語』(技術評論社)などがある。

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: バジリコ (2009/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862381510
  • ISBN-13: 978-4862381514
  • 発売日: 2009/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 318,231位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
70 人中、63人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 鋭さが足りない 2009/12/2
投稿者 あまあま
形式:単行本
読んで少々落胆。
丹念に資料等を参照しているのはわかるが、その羅列にとどまり新しい切り口などが見つからない。
「南極1号伝説」のような、当事者の声を聞ける部分も一部で、分量的にもたいしたことはない。
そもそもロリコンと言って、それが2次元に対するものなのか3次元に対するものなのかで、こんにちは明確に分化してきていると思うが、その視点が乏い。
(というかむしろ、2次元への嗜好は3次元から分化したのではなく、同じ少女嗜好であっても、根本は違うと思うのだが)
一番長く割いている「オタク」の章も、オタクと一言で言っても時代によってその意味合いは変わってきているし、人種も性向もさまざまなのに、そういう論点はなしに単にオタクという言葉を乱用している感じ。
特にこの章が、資料によって後追いしている感じで、いわゆるその渦中にいる人間からすれば、実感に乏しい論であると感じるかもしれない。
たとえば「ストライクウィッチーズ」を2次元美少女の消費の代表例として挙げているが、その図像が支持されて人気が出たわけではないことは、リアルタイムで追っていた人間は実感として持っているだろうが(かえってアニメファンは放送開始当初は呆れていたはず)、その図像によって支持されたかのように書かれるのはちょっと違和感があったりするのである。
このレビューは参考になりましたか?
50 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ロリコン総論 2009/10/13
投稿者 ソコツ トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:単行本|Amazonで購入
『南極1号伝説』でラブドールの変遷と現状を描き出した著者の最新作。当事者への豊富な取材により魅惑的なアングラ性文化の実態に光を当てた前著が圧倒的に素晴らしかっただけに、関連テーマを扱った本書に対する期待はいやがうえにも高まった。しかし、その期待はやや裏切られたというのが正直な感想だ。
今回のロリコン論は、先行研究(評論)を手際よくまとめたロリコン文化の総合的な解説、といった色合いが強い。まずロリコンの対象年齢や最も人気のある年頃(第二次性徴が開始する10代はじめ頃)、ペドフィリア(小児性愛)や幼児婚との関連性や相違点、ロリコン概念の発達史などを論じた後、少女ヌードやロリコン雑誌や盗撮のブームから昨今のTバック小学生まで、流行の歩みを振り返る。次いで、オタク文化におけるロリの諸相を、「クラリス・シンドローム」、ロリコンまんがの誕生、女子ヲタによる同人活動、最近のハルヒ・らき☆すた・エロゲーから、「大友」(大きなお友だち)の出現や、有害コミック問題までを概観しながら解読する。さらに、児童・子供・子どもをめぐる社会認識や各種法律、性的虐待の歴史と現状や社会問題としての問われ方、宮崎勤事件の波紋、児童ポルノ法の成立など、特にロリコンと犯罪に関する論点がまとめられ、最後にロリコンの性愛/恋愛について若干の考察がなされる。ロリコンをめぐる話題が一望できて参考になるが、新しい発見には欠
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック