Amazon Kindleでは、 妄想戦記ロボット残党兵(1) RYU COMICS をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 637
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ロボッ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ロボット残党兵 (1) (リュウコミックス) コミック – 2008/10/20


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ロボット残党兵 (1) (リュウコミックス) + ロボット残党兵 2―妄想戦記 (リュウコミックス) + ロボット残党兵 3―妄想戦記 (リュウコミックス)
合計価格: ¥ 1,881

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

著者について

横尾公敏
よこお・きみとし
本誌第一回『龍神賞』にて銀龍賞受賞により『ロボット残党兵』でデビュー。
サラリーマンを続けながら漫画家活動の二足のわらじを履く多忙な日々を過ごしている。

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2008/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199500995
  • ISBN-13: 978-4199500992
  • 発売日: 2008/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤギュ・パチーノ 投稿日 2008/10/22
形式: コミック
人の脳を使ったロボット兵器を主体とした架空戦記。
戦中の雰囲気、三船(主人公)の苦悩、ロボットの戦争をこれでもかという程濃い描写で描く様はまさに圧巻。あっという間に1巻読み終えてしまいました。
特に冒頭〜中ほどまでに続く蒙古戦、中ほどからのスパイ合戦、日本以外の濃い過ぎる科学者たちの邂逅等脳味噌が蕩けるほど濃くて面白く、そして熱い。
あと、最後に出てきた美人ドジ(?)指揮官も2巻を心待ちにさせてくれます。「架空戦記」「ロボット」「第2次大戦」等のワードが好きな方は是非。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 麒麟児 VINE メンバー 投稿日 2008/11/29
形式: コミック
1943年1月、満州国と外蒙古との国境における露軍との戦闘は世界初の兵器人間投入戦となり、高橋技官の開発した28体の「日の丸人」ロボットが勝利した。そして・・・

荒唐無稽なストーリー、荒削りな作画、何が起こっているのか判別し難い墨塗りのような戦闘シーン等々あれあれやれやれと思いつつも、よく理解するために目を頁に近づけて何度か読み返すと、現前に立ち昇ってくる不思議なリアリティー。

頭蓋骨という「限界」から自由になった三船の脳(119頁)が肥大化して独自の進化を遂げるとき、何が起こるのか。続巻が待ち遠しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 赤いツバサ 投稿日 2008/11/2
形式: コミック Amazonで購入
絵にクセがあり”。要塞学園 7 (7) (アフタヌーンKC)”風の、明らかにマンガなんだけど劇画調なタッチに違和感を感じない人に絶対お奨め。内容的にも大人のロボダッチみたいな昭和初期のデザイン(なんか大丈夫か身体?と心配になる)なのに、結構まじめなSF妄想戦記物なところが大好き。主人公の前途が多難でワクワクさせてくれる展開も不謹慎だけど心地よいです。だから短期連載だと主人公が本当に悲劇なりそうで可哀想すぎ、但し長期連載になればサイボーグ医療の礎となり人類の明るい未来に貢献したとか言うオチになる気配は漂っていて救われる。このマンガも不謹慎だけど続きが読みたくなるマンガです。当然次巻も購入決定
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 g・ばいぶれーしょん 投稿日 2010/1/12
形式: コミック
 SFであるがテーマは重い。
漫画を読むことにドキドキ・ワクワクしなくなってから
幾久しいがロボット残党兵は忘れていた感覚を呼び戻してくれました。
続きを早く読みたいと思わせてくれる近年、珍しい作品だと思う。
是非ご一読されたし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック