中古品:
¥ 400
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 UKmarket
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆帯、歌詞カード美品、コンサートちらし付き、ケースは新品に交換しています。。◆ディスクはクリーニングし、ケースをクリスタルパックというOPP袋での包装を行なった上で商品を保管しております。そのため、商品保管時におけるケースへのキズ、痛み等の劣化対策、さらに発送時の水濡れ防止を図っております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ロックンロール Single, Maxi


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

ニッパー(犬)グッズ ストア
蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画「His Master's Voice」のモデルとなった犬、ニッパー (Nipper)のグッズをご紹介。ほぼ等身大のルームライトや、10枚セットのコースター、Tシャツまで。詳しくはニッパー(犬)グッズ ストアをチェック


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (2004/2/11)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 8 分
  • ASIN: B00013YSZ4
  • EAN: 4988002456017
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 313,156位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


 
1. ロックンロール
2. さよなら春の日

商品の説明

Amazonレビュー

 「ロックンロールハ、スキデスカ~!?」。2003年の「百鬼夜行」イン・Zepp Tokyoで、新ドラマー・クリストファー・マグワイアが発した、余りにもベタなMC。それがニューシングルのタイトルだと分かった瞬間に泣きそうになった…そんな人も結構いたのではないだろうか。超待望の2年ぶりのニューアルバムを予感させる、今と未来へしっかり歩みを進めるくるりのロック宣言である。

   テンポこそ「HOW TO GO」ほど刻みつける重さじゃないが、これが2004年のくるりベーシック。クリストファーの加入はバンドの風通しを圧倒的に良くした。どこかアイリッシュの匂いもするカップリングの「さよなら春の日」ともども、曲と演奏そのものが自信に満ちて存在している。(石角友香)

メディア掲載レビューほか

ドラム・セット・プレイヤー、クリストファー・マグワイアが正式加入後初のシングル。新生くるりによる本作は、センチメンタルな青春詞世界が、閉塞と時代を切り拓く希望のロックチューン。彼らの近年のロック・サウンド回帰を象徴するナンバーに。C/Wに「さよなら春の日」を収録。 (C)RS

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 BIW 投稿日 2004/1/25
形式: CD
2004年、くるりが武道館公演をやる。これはまさに事件だ。いや、起こるべくして、むしろ待望の事件だ。
その事件を象徴するシングルがこの「ロックンロール」だ。
このロックンロールという曲は僕を含めた彼らのFM番組の熱心なファンなら発売前に聴く事が出来たと思うが、ホントにこんな綺麗なギターリフが轟くスィートでキャッチーなロックチューンを僕は最近聴く事が全くなかった。「HOW TO GO」で打ち込み、ポストロック的感触を消したくるりであったが、このシングルではロック回帰どころかタイトル通りロックンロールの再解釈まで行おうとする野心がある。しかもこのポップでキャッチーでロックな完成度。一度聴けばアルバム発売を待つ事が出来なくなり、シングルを買いに走ってしまうこと必至だろう。初回盤はDVDも付いてるしね(笑)
くるりはさらに大きく飛び立とうとしている。しかも誰一人として置いて行かないつもりらしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 犬年 投稿日 2004/2/29
形式: CD
たったひとかけらの勇気があれば
本当のやさしさがあれば
あなたを思う本当の心があれば
僕は全てを失えるんだ

たった4行の詩だけど
この4行から感じるものはでかくて
なんていうか心に響く詩を書けるっていう事は
ほんと素晴らしい事だと思います
良い詩に出会ったぶん、心が広くなりませんか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dolemi 投稿日 2009/2/25
形式: CD
ドラムにクリストファーが加入してからの初シングル。
ちなみに、初めて手にとって買ったくるりのCDがこの『ロックンロール』でした。

よくよく考えたら、『ロックンロール』なんてタイトルで堂々とシングルを出してしまうなんて、
つくづくくるりって面白いバンドだなぁ、と思う。

ロックンロールの定義がどんなもんかなんて関係なく、ロックンロールしてます。
ブルース好きなおっさんなんかが聴いたら、「これがロックンロール?笑わせんな!」なんて言いそうだけど、
この曲は紛れもなくくるり流のポップなロックンロールです。
こんな曲を、メロコアばかりやってるロック・バンドに作れるかって言ったら、絶対作れないと思う。
まさに歌詞のとおり“ゆっくり刻むビート”が心地よい。
テクノやエレクトロニカを取り入れていた『TEAM ROCK』の頃とは全然違う路線だけど、
そんな彼らの音楽への飽くなき探求心が作り出した珠玉の名曲だと思います。

カップリングの『さよなら春の日』は、アイリッシュなテイストのミディアム・ナンバー。
これもまた、くるりらしい穏やかな楽曲。とても良い曲です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぬか 投稿日 2006/9/19
形式: CD
ロック、若しくはロックンロールと聞けば激しくテンポの速い音楽を想像する人も多いと思う。

掻き鳴らされるギターストロークで始まるこの曲は音のパワーこそしっかり持っているが、アップテンポではあるけれどもハイテンポではない。

しかし彼らの放つ音の歩みが聴き手に顔を上げさせ、足を前へ進ませる。

ヴォーカルの歌声と歌詞が心に刻まれていくのがわかる。

激しくは無い。

けれどこの音とこの歌詞を持ってロックンロールと名付けたくるりはロックだと思うし、またこの曲もロックであると思う。

ロックやロックンロールの詳しい定義はよく知らないけれど、彼らが打ち出した「ロックンロール」は確かにロックなんだということを感じ取れた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "eagletail" 投稿日 2004/3/4
形式: CD
くるりのアルバムを何枚か聴いたことのある人なら、この曲がなんとなく「シングルっぽいな」ということを思うと思います。
曲調自体はすごく聴きやすくて、青空に合う色を出している感じがします。
実際晴れた日にチャリ乗って聴いてるとすごく爽快になります。
でも一方、「シングルっぽい」からといって薄っぺらいなんてことは全くありません。
楽曲自体洗練されてるなーと思いますし、飽きが来ない。
それでいて数字的には特に短い曲でははないのに、良い意味ですぐ終わってしまう疾走感があって快いです。
クリストファー氏の加入で良くなった悪くなったなんていう評価をする気は全くありませんが、
客観的に述べるなら音が前より抜けるようになった気がします。
それもそういう爽やかな印象を与える要因かもしれません。
歌詞も良い。ここに書いておられる方が既に言及なさっていたので詳細は述べませんが、切なさと、やはり爽やかさが同居していて素晴らしい。
ロックンロールは次回アルバムにも入る曲ですが、シングルとして手許に置いておく価値はあると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック