この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

レ・ミゼラブル [DVD]

5つ星のうち 3.8 62件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,280より 中古品の出品:11¥ 341より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リーアム・ニーソン, ユマ・サーマン, クレア・デーンズ
  • 監督: ビレ・アウグスト
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2006/07/14
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 62件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009J8EK0
  • EAN: 4547462018588
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,838位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   ミュージカルでもおなじみのビクトル・ユーゴーの名作を、『ペレ』などで知られるデンマーク人のビレ・アウグスト監督が、英語圏のキャストを使って映画化。少年時代にパンを盗んだことから刑務所に入り、20年もの重労働に苦しんだ末に脱獄したジャン・バルジャンは、素性を隠して市長の座につく。彼の過去を怪しむ警部ジャベールとの確執や、ジャンの工場を解雇されたファンテーヌの悲劇、ファンテーヌの娘コゼットと、共和制再興を指揮する青年マリウスの恋など、19世紀初めの激動のフランスを背景に、壮大な人間ドラマが展開していく。
   歴史のある建造物が多く残るプラハで、3000人ものエキストラを使って撮影された当時の風景が圧巻。アウグスト監督の重厚な演出によって、一瞬たりとも無駄なシーンはなく、登場人物それぞれの悲痛な運命に感情移入してしまう。俳優たちもすばらしく、とくにジャン・バルジャンのリーアム・ニーソンと、ジャベールのジェフリー・ラッシュは、たがいへの積年の恨みを心の内にたぎらせる演技が絶品だ。愛と哀しみ、戦いと赦し。人生のすべてが凝縮された力作と言っていい。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

ビクトル・ユーゴー原作の傑作小説を映像化。一切れのパンを盗んだため、19年間の投獄を余儀なくされた男の波乱に満ちた人生を描いた名作ドラマ。リーアム・ニーソン、ユマ・サーマン、クレア・デーンズほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
これまでも何度も映画化された名作ものですが、最新作のこの作品は一味違ったより深みのあるものになっているような気がします。それはまずキャスティングにあるのでは。ジャン・バルジャンを演じるレーアム・ニーソンも好演でしたが、長年の宿敵、シャベール警視の人間像の描き方に感銘を受けました。この映画だけでも、すでに3度見ていますが、病的なまでに執拗で、法に厳格なシャベールは軽犯罪でも過剰なまでに憎みます。20年近い刑期を終え、仮釈放されたジャン・バルジャンをさらに10年以上も執念深く追いかけ、その追求の度、ジャンバルジャンは逃げざるをえなくなるのですが、なぜ、かくも執拗なのか。それはシャベールの出自が大きく影響しているのでしょう。彼は娼婦の子です。彼もそれを隠しません。だからこそ、異常なまでに犯罪を憎み、ジャン・バルジャンを追い詰めるのでしょう。19世紀はじめから、中期に至るまでの30年間の時代、最後は舞台をパリに移し、パリ・コンミューン時、長年の二人の奇妙な関係に終止符が打たれますが、その経過の中で、シャベールは徐々にジャン・バルジャンの人間性に心を惹かれ、いったん逮捕した後、釈放し、自ら手錠を自分にかけ、なんともいえぬ顔をしてセーヌの川に身を投じます。このあたりのジェフリー・アッシュの演技には心を打たれます。名演でしょう。本当に上手い俳優です。だから何度も見るのでしょう。シャベールを残酷な...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本来、子供の本にもなるストーリーだから、原作を読まない、読めない人にもわかりやすいドラマであることは周知の事実。この作品もまさにそのとうり。むしろどういう配役で、どういう役作りが行われたかに興味があった。それは成功するしないの大きな分かれ目と言えるから。ジャンバルジャンは人間として魅力的でなければならないし役柄上、大男でなくてはならない。憎まれ役のジャベールが、それによってまた引き立つのです。その意味で、この作品は大成功ではないか。どういうラストにするかも工夫のあとがみられる。

個人的には、思わずジェラール・ドバルデューのジャンバルジャン、ジョンマルコビッチのジャベールで作られた同名のフランスの作品と思わず比較した。やはりポイントは2人の配役。どちらも甲乙つけがたく両作品に軍配を上げたい。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画化をされた時にイングランドのとある小さな映画館で観ました。

当時はあまり予備知識なく観ましたが、心の奥底に深い感動を覚えた事を今でもはっきりと覚えています。
文豪ビクトルユーゴーは、今程文明が進歩していない時代の中で
人間とは何か?
人が持ちうる本当の勇気とは何か?
正義とは何か?
本当に人を愛するとは何か?
そして、生きるとは何か? 
そんな壮大な問いをあらゆる人に問いかけている名作です。

この映画を観て少なからず私の人生観に大きな影響を与えてくれた作品です。
この名作に運よく巡り合えた事に感謝せずにはいられません。

あらゆる人種のあらゆる世代の方にお勧めしたい1本です。
2 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ジャン・バルジャン役とジュベール警部役の2人の演技が上手く存在感も素晴らしく、見ていて引き込まれてしまいました。あっという間に見終わった映画は最近珍しいです。

一つ突っ込みどころがあるといえば、コゼットが恋する革命の志士が薄っぺらい俳優でカリスマ性が無いためか「母子二世代でだめんずウォーカーかい!」とつい思ってしまった。。。

結末は納得行かない人もいるかもしれないけれど、これはこれでよかったと思います。
ミュージカルの劇場版も見てみたいな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あっちゃん 投稿日 2007/2/19
形式: DVD
小さい頃の記憶ほど不確かなものはありませんね。私が小学低学年の時よくわからないまま観た記憶があります。そして最後のシーンは衝撃的で鮮明に覚えているのですが、このDVDとはちょっと違ったのは、いくつかこの映画が作られているからでしょうか。そして投身する人も違いました(笑)これは私の本当の勘違い。

大人になってきちんと観てみると、なんてステキな映画なんだろうってことがよくわかりました。人は変われるものなんですね。でもそれは自分だけの力では非常に難しく、「誰に出逢うか」という運命的なものによって左右されます。ジャンにはそれがあった。新しい人間に生まれ変わる、と「promise」と小さいけれど司教様の目をしっかり見て言ったシーンに感動しました。

そして、その言葉通りに生き慈悲深い市長として市民に慕われます。

でも脱獄囚ということには変わりなく、ジャベール警部に執拗に追われます。養女コゼットとの静かな生活も終わりを向かえようとします。それにしてもコゼットもステキな娘に育ちました。養父ジャンの愛情を一身に受け、本当に素直に優しく、母親に似た美しい子です。養父ジャンと恋人のマリウスの間で悩み抜く姿も涙を誘います。

「慈悲」という言葉がこの映画ではよく使われます。「仁」ともいうのでしょうか。全体的に重く暗い感じ
...続きを読む ›
1 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック