Amazon買取
最高買取価格

¥ 204
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

レ・ミゼラブル [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 294より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオレ・ミゼラブル (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リーアム・ニーソン, ユマ・サーマン, クレア・デーンズ
  • 監督: ビレ・アウグスト
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • DVD発売日: 2006/07/14
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (56件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0009J8EK0
  • EAN: 4547462018588
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 98,810位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   ミュージカルでもおなじみのビクトル・ユーゴーの名作を、『ペレ』などで知られるデンマーク人のビレ・アウグスト監督が、英語圏のキャストを使って映画化。少年時代にパンを盗んだことから刑務所に入り、20年もの重労働に苦しんだ末に脱獄したジャン・バルジャンは、素性を隠して市長の座につく。彼の過去を怪しむ警部ジャベールとの確執や、ジャンの工場を解雇されたファンテーヌの悲劇、ファンテーヌの娘コゼットと、共和制再興を指揮する青年マリウスの恋など、19世紀初めの激動のフランスを背景に、壮大な人間ドラマが展開していく。
   歴史のある建造物が多く残るプラハで、3000人ものエキストラを使って撮影された当時の風景が圧巻。アウグスト監督の重厚な演出によって、一瞬たりとも無駄なシーンはなく、登場人物それぞれの悲痛な運命に感情移入してしまう。俳優たちもすばらしく、とくにジャン・バルジャンのリーアム・ニーソンと、ジャベールのジェフリー・ラッシュは、たがいへの積年の恨みを心の内にたぎらせる演技が絶品だ。愛と哀しみ、戦いと赦し。人生のすべてが凝縮された力作と言っていい。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

ビクトル・ユーゴー原作の傑作小説を映像化。一切れのパンを盗んだため、19年間の投獄を余儀なくされた男の波乱に満ちた人生を描いた名作ドラマ。リーアム・ニーソン、ユマ・サーマン、クレア・デーンズほか出演。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

48 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ネコババ 投稿日 2005/10/9
形式: DVD
これまでも何度も映画化された名作ものですが、最新作のこの作品は一味違ったより深みのあるものになっているような気がします。それはまずキャスティングにあるのでは。ジャン・バルジャンを演じるレーアム・ニーソンも好演でしたが、長年の宿敵、シャベール警視の人間像の描き方に感銘を受けました。この映画だけでも、すでに3度見ていますが、病的なまでに執拗で、法に厳格なシャベールは軽犯罪でも過剰なまでに憎みます。20年近い刑期を終え、仮釈放されたジャン・バルジャンをさらに10年以上も執念深く追いかけ、その追求の度、ジャンバルジャンは逃げざるをえなくなるのですが、なぜ、かくも執拗なのか。それはシャベールの出自が大きく影響しているのでしょう。彼は娼婦の子です。彼もそれを隠しません。だからこそ、異常なまでに犯罪を憎み、ジャン・バルジャンを追い詰めるのでしょう。19世紀はじめから、中期に至るまでの30年間の時代、最後は舞台をパリに移し、パリ・コンミューン時、長年の二人の奇妙な関係に終止符が打たれますが、その経過の中で、シャベールは徐々にジャン・バルジャンの人間性に心を惹かれ、いったん逮捕した後、釈放し、自ら手錠を自分にかけ、なんともいえぬ顔をしてセーヌの川に身を投じます。このあたりのジェフリー・アッシュの演技には心を打たれます。名演でしょう。本当に上手い俳優です。だから何度も見るのでしょう。シャベールを残酷な...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あっちゃん 投稿日 2007/2/19
形式: DVD
小さい頃の記憶ほど不確かなものはありませんね。私が小学低学年の時よくわからないまま観た記憶があります。そして最後のシーンは衝撃的で鮮明に覚えているのですが、このDVDとはちょっと違ったのは、いくつかこの映画が作られているからでしょうか。そして投身する人も違いました(笑)これは私の本当の勘違い。

大人になってきちんと観てみると、なんてステキな映画なんだろうってことがよくわかりました。人は変われるものなんですね。でもそれは自分だけの力では非常に難しく、「誰に出逢うか」という運命的なものによって左右されます。ジャンにはそれがあった。新しい人間に生まれ変わる、と「promise」と小さいけれど司教様の目をしっかり見て言ったシーンに感動しました。

そして、その言葉通りに生き慈悲深い市長として市民に慕われます。

でも脱獄囚ということには変わりなく、ジャベール警部に執拗に追われます。養女コゼットとの静かな生活も終わりを向かえようとします。それにしてもコゼットもステキな娘に育ちました。養父ジャンの愛情を一身に受け、本当に素直に優しく、母親に似た美しい子です。養父ジャンと恋人のマリウスの間で悩み抜く姿も涙を誘います。

「慈悲」という言葉がこの映画ではよく使われます。「仁」ともいうのでしょうか。全体的に重く暗い感じ
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いいちこ 投稿日 2009/8/31
形式: DVD
原作はビクトル・ユーゴの長編小説だが、私が子供の頃読んだのは短縮版の「ああ無情」。それでもこの映画よりは内容は多かった気がする。それと細かなところが小説とは微妙に違っていた。例えばジャン・バルジャンが一夜の宿を求めた司教の銀の食器を盗むところとか。

むろん、ジャン・バルジャン役のリーアム・ニーソンや彼を執拗に追い詰めるジャベール警部役のジェフリー・ラッシュの演技はすばらしい。しかし、20年以上の年月を経ているのに、全然年とらないね。
フォンテーヌ、コゼットもよし。難を言えば、マリウス役のハンス・マセソンがあまりにもガキに見えるところか。

正直言って、大河小説の映画化は難しいと思う。原作に忠実にやれば時間がいくらあっても足りないし、ある部分だけ切り取れば確かに深みは増すが、この作品のようにジャン・バルジャンの生涯を描いたものは、その手は使えない。

最近、映画は原則2時間程度におさめることになっているらしい。観客が飽きるからだ。ただ、本作のように内容が膨大なものは例外と認めたら。あの「タイタニック」ですら3時間以上とっているではないか(好きなひとごめんね)。

このキャストと演出でよいからせめて3時間あれば、ある重要人物の死も含めてもう少し詳しく描けたのにと思う。
本当に惜しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しゅう/GN 投稿日 2005/5/26
形式: DVD
ん~、相変わらず若輩者の私には難しいですね(^-^;ストーリー自体はテンポも良く明快なんですが、メッセージがどこにあるのか見つけあぐねてます(苦笑)やっぱりバルジャン(主人公)がマリウス(共和制運動指揮者の青年)に言った「愛こそ生きる希望だ」みたいなところなのかなぁ…しかし原作や舞台ってラストこんなだったっけ?ジャベール(ライバルの警部)との決着がついた時、原作や舞台では何かジャベールが最後に観てる人に対してのメッセージのようなものを喋ってたような…それがこの映画では最後、バルジャンとちょっと会話を交わしたあと態度で示すように無言で決着がついてしまう(ネタバレ回避の為の表現です、知ってる人はジャベールとの決着がついた最後のシーンを思い浮かべてください)ので、ちょっとラストがわかりにくくなってるなぁ…しかもそこでエンドロールですし。あと、2時間枠に収める為だいぶストーリーがカットされてて展開が早く感情移入しにくいのと、せっかくの個性的な脇役が目立ててないところはちょっと残念でした。あと、当初バルジャンは囚人で始まり、その9年後市長、その後また色々あって10年後が舞台となり、最初のシーンから計19年経つわけなのですが、コイツら年とらねぇ(笑)バルジャンは若干髪型やら変わってますが、顔にさほど年の変化が表れてない…ジャベールにいたってはまったくそのままだ(^-^;この辺、メイクやらでなん...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック