Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • レット・イット・ブリード
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

レット・イット・ブリード Limited Edition, SACD

80件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 13,149より 中古品の出品:4¥ 3,299より


Amazon の ザ・ローリング・ストーンズ ストア

ミュージック

ザ・ローリング・ストーンズのアルバムの画像

写真

ザ・ローリング・ストーンズ点の画像

バイオグラフィー

1960年代、英国には素晴らしいグループがひしめきあって... Amazonのザ・ローリング・ストーンズストアで詳しく見る

ザ・ローリング・ストーンズのAmazonアーティストストア
for 537 点のアルバム、31点の写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (2010/6/30)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition, SACD
  • レーベル: ユニバーサルインターナショナル
  • 収録時間: 42 分
  • ASIN: B003EW4KAW
  • EAN: 4988005614339
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Blu-ray Audio
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (80件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 247,587位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. ギミー・シェルター
2. むなしき愛
3. カントリー・ホンク
4. リヴ・ウィズ・ミー
5. レット・イット・ブリード
6. ミッドナイト・ランブラー
7. ユー・ガット・ザ・シルヴァー
8. モンキー・マン
9. 無情の世界

商品の説明

Product Description

Japanese only SACD pressing. Please note this is not a Hybrid pressing and will only play on a dedicated SACD player. Universal. 2010.

メディア掲載レビューほか

ザ・ローリング・ストーンズの第14弾アルバム。ブライアン・ジョーンズの脱退と死、そしてミック・テイラーの参加という過渡期の中、豪華ゲストと共に制作された作品。「ギミー・シェルター」「むなしき愛」他を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

57 人中、51人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミッドナイトランブラー 投稿日 2008/3/13
形式: CD
今更、この名盤についてのコメントはしません、シャインアライトのサントラ盤がSHM-CDという事で、初めてSHM-CDの存在を知り、購入して見ました、既にSACD盤は持っておりますので、その比較を書いてみようと思います。一言で言うなら、レコードの音質を更に向上させたのが、SACD、CDの音質を向上させたのが、SHM-CDではないでしょうか。
比較対象としては2曲目のLOVEinVAINが一番分かりやすいです。SACDで初めて聞いた時には、まさに目から鱗もので、キースが直ぐ目の前で弾いているような感覚になりました、これぞギブソンハミングバードの音、ラフでワイルド、低音部の質感のリアルさに驚愕しました。
さて同曲をSHM-CDで聞くと、まてよキースはマーティンD-45を使っていたのかと思わせるほど
クリアーで艶やかな音色です。また、各楽器のそれぞれの音が完全に聞き取れ、別物の曲にように感じます。
従って、どちらも一長一短あり、どちらを聞くのはリスナーの好みではないでしょうか?
ストーンズファン暦38年の私は、長年レコードの音に慣れてしまっているのでSACDのほうが好みです、ただしMONKEYManは圧倒的にSHM-CDのほうがすごいです。ご参考になればと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
55 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジャコウウシ トップ500レビュアー 投稿日 2005/10/1
形式: CD
 4年前にこのアルバムを含む、60年代のストーンズの一連のアルバムが入念にディジタルリマスターされて、しかもSACDとのハイブリッド盤として発売されたときは、もの凄い音質に腰を抜かすほどビックリしたものだ。

 そのころある雑誌に、本CDをリリースした現ABKCO社長のジョディ・クライン氏の、この再発に関するインタヴューが載ったのを偶然読むことができたが、とても興味深いものだった。ジョディ氏によると再発までに時間がかかったのは、リマスターに手間隙をかけて決定版を作りたかった(事実担当エンジニアは、これらのリマスター作業のためにわざわざ、ちょっとした家を買えるくらいの(!)投資をしてアナログのオーディオシステムを構築したうえでオリジナルアナログ盤を聴きまくってリマスター作業の参考にしたそうです)。さらには、たいしたことのない音質の盤の再発を何度も繰り返して、ファンに迷惑をかけたくなかったと言うのだ。

 偉いですね。わが国のレコード会社の経営者たちにジョディさんの爪の垢を煎じて飲んでいただきたいですね。

 というわけでこの「LET IT BLEED」は物凄い音質です。特に「LOVE IN VAIN」のキース様のアコギの重いアタック、「MIDNIGHT RAMBLER」のキース様のリズムギターの生々しさなどには、のけぞります
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sasra 投稿日 2006/12/5
形式: CD
ビートルズから洋楽に入った僕にとって、黒人音楽そのものを聴くきっかけになったのがストーンズのベガーズとこのアルバムの2枚だった。こういうコースをたどる人は非常に多いだろうと思う。初めてビートルズを聴いたときの、あまりに見事な楽曲の数々への感動には欠けるが、逆に骨組だけみたいな素っ気ない曲なのに、ノリの良さ、ウネリ感、グルーヴ感でハマるという面白さをストーンズで覚えたわけだ。一回ハマると、ブルースとかR&Bとかファンクとか、細分化してるようで根っこは同じジャンルを楽しめるようになる。

そういうストーンズ的面白さの象徴みたいな曲が(1)で、この重厚な転がり感のミソはモコモコした音のベースだと思う。全体としてはキースの活躍が目立っていて、貪欲にギターの表現の幅を広げようとしている。次作で5弦オープンGで様式化する前の、実験精神あふれるキースである。

全米1位シングル曲のカントリーバージョンが(3)だが、シングルのほうが出来は良いと思う。(2)は神格化されている戦前ブルースマンのカバーで、気負いすぎで消化不良な感がある。オリジナルの痛々しい歌唱と引きずるリズムはまさに Love in Vain であったが、ストーンズは試行錯誤の結果、飾った演奏で、ミックが歌うとプレイボーイの失恋といった風になっている。ガチンコを避けたのは正解だが、ならばもっと自
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アトレーユ 投稿日 2012/1/15
形式: CD Amazonで購入
言わずと知れたストーンズの代表盤であり、名エンジニア、グリン・ジョンズの名録音のSACD化。

SACDだから情報量が圧倒的に優れているのは当然だが、それぞれの楽器の音のリアルさが全然違う。CDでは決して聴くことができない楽器の音色の艶やかさや美しさにしびれる。出だしの”ギミーシェルター”のギターの色っぽい音を聴いた瞬間から心をわしづかみにされてしまうが、”モンキーマン”冒頭のヴィブラフォンにいたっては最初に聴いた時にその音色の美しさに気を失いそうになってしまったほど。
ギターやベースの音はもちろんほれぼれするほどいいけれど、なんといっても驚かされたのはチャーリー・ワッツのドラムの音!バスドラはその皮の厚みや張りの強さ、バチの硬さや中で振動している空気の様子が”視え”る。さらに演奏が高揚してワッツの足に力が入ってくると、それによってバスドラの音色が微妙に変化していく様まで聴こえてくるほど。

しかしCDとのいちばんの音の違いは、現場のアーティストたちが醸し出す雰囲気や空気感が豊かにつたわってくることだろう。いま、ひとりひとりがどんな気持ちで、どんな雰囲気で録音にのぞんでいるのか、お互いにどんなふうに気持ちをやりとりしているのか、そしてそれが演奏が進むとともにどんな風に変化していくのかがリアルに伝わってくる。まるで自分がその場所に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック