数量:1
リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース・ディスクになります。中古品の為若干スレキズ等あります。ディスク良好。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,450
通常配送無料 詳細
発売元: 即日発送 【ハッピーSHOP】 24時間対応中
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.7 153件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,450 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、まごころ本舗。が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 6,980より 中古品の出品:14¥ 2,479より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]
  • +
  • スワロウテイル [DVD]
  • +
  • PiCNiC [DVD]
総額: ¥14,505
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 市原隼人, 忍成修吾, 伊藤歩, 岩井 俊二, 大沢たかお
  • 監督: 岩井俊二
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.85:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ビクターエンタテインメント
  • 発売日 2002/06/28
  • 時間: 146 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 153件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000066FWV
  • EAN: 4521458002065
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,328位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   ある地方都市、中学2年生の雄一(市原隼人)は、かつての親友だった星野(忍成修吾)やその仲間たちからイジメを受けるようになる。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー、リリイ・シュシュの歌だけであり、そのファンサイトを運営する彼は、いつしかネット上でひとりの人物と心を通わしていくが…。
   岩井俊二監督が、インターネットのインタラクティヴ・ノベルとしてスタートさせた企画を発展させて成立させた異色の青春映画。美しい田園風景の中、イジメや援助交際などなど現代の少年少女たちにまつわるさまざまなダークな問題を、これまでにないほど身近なものとして織り込みつつ、彼らのリアルな心の声を繊細に描き上げていく。そして、それでも「どんな子どもでも、光る時間を過ごすのだ」といった岩井監督のメッセージが痛切に伝わり、胸をしめつける必見の秀作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

心に傷をもつ14歳の少年少女の痛みを繊細なタッチで描いた、「スワロウテイル」の岩井俊二監督が贈る青春映画。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
もっと大人になってから見るべき映画だったのかもしれない。

今自分は16歳で、多分思春期を脱け出せてない状態の年だと思います。
昨日見たのですが、心に残った何かが消えなくて辛いです。

今日は本当に何もしたくない気分でした。
これを見ると、それほど重たい何かを感じると思います。

一体この映画は何だったんだろう。って、見終わった後落ち着いてから考え始めたら、なんかどんどん辛くなって心が重くなってきました。

気分なおしに、これを見た後違う映画を見ました。
けど、残った何かが強すぎてダメでした。

大袈裟に言いすぎに思えるかもしれませんが、ほんと、こんな感じです。

この鬱気分はいつまで続くんだろ…。

この映画はこのくらい強く残ります。何かが。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
はじめに、非常に好き嫌いの分かれる映画であることを断っておく。
まず、映画は娯楽であると考える人には、楽しむのが難しい作品である。
かといって、ドキュメンタリー作品では決して無い。
リアリティを期待して鑑賞すると、裏切られることになるだろう。
むしろ、現実を下敷きにしたファンタジー映画と捉えるくらいが丁度良いのかもしれない。

ただ、残るのである。
強烈な何かが、良い意味でも、悪い意味でも、残るのだ。
このもやもやした後味を、単なる嫌悪感や共感で片づけず、その正体を考え込んでしまったら、
この作品はその人にとって、忘れられない作品になるだろう。

この作品の見所は2つある。
一つは、青春映画として優れている点だ。
思春期の描写を得意とする岩井俊二は、本作でも遺憾なく、その才能を発揮している。
学校の持つ、あの独特の閉塞感や、幼さと背伸びのギャップの間で揺れ動く思春期の心理描写は、見事に岩井節炸裂といった所である。
出演者のぎこちない演技も、却って中学生の人間関係のぎこちなさがダイレクトに伝わってきて、むしろ良い。
物語の前半は、淡々と進行し、中だるみを感じる点もあるように思える。
しかし、目を逸らすことの出来ない後
...続きを読む ›
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
見終わってゾワッとする映画である。
P・ハギス作品のような緻密な取材とロジックで組み立てられた映画もいいが、本作のような感性ベースの映画もいい。
この作品はその方面で振り切っている。

描かれているのはリアルな中高生の世界。
心の傷や痛み、 愛憎のコントロールできなさから生じる感情の揺らぎが、万引きやいじめ、部活やクラスメイトの関係性などあらゆる場面にリアルに反映している。
それを癒す救いとして設定されているのが、リリィ・シュシュの音楽なのだろう。

蓮見(フィリア) と星野(青猫)、久野、津田、の4人がメインの構造になっている。
蓮見と星野はチャット上でリリィ・シュシュを通じて繋がっており、久野は星野にリリィ・シュシュを紹介した人間として、津田は蓮見がリリィ・シュシュを紹介した人間として、全員がリリィ・シュシュで結びついている。

作品の転換点は、中盤に出てくる沖縄旅行である。
この前後に星野の実家が倒産したものと思われる。
自身がここで溺れかけ死にかけた経験と、直後の探検家の男の死を見て、死生観が変わったように描かれている。
星野はこれ以降、蓮見を友人ではなくパシリとして使い、手下に久野をレイプさせ、津田に援交させて自殺に追い込む。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
初めてレビューというものを書かさせていただきます。拙い文章であるとは思いますが…読んでいただければ幸いです。

元々この映画を見たきっかけは、朝井リョウさんの「桐島、部活やめるってよ」に書かれていたからです。
高校二年生、「桐島」の主人公達と同じ年頃の時にこの本を読み、「リリイ」に出会いました。
本の中で主人公(映画部)の友達が「リリイを見たあと、二週間は引きずったよ~あれを見ずして映画を語れるか!」といった感じでとても絶賛していたので、「初めて聞く名前の映画だけど、そんなに重たい映画なのか」と単純に気になってしまったわけです。(他にも好きなアーティストさんがおすすめしていたからとか見た理由はいろいろありますが、割愛します)
それから見てみたい見てみたいと思いながらも中々時間も取れず(親がいつ部屋に入ってくるかわからない状況でリリイを見るのは高校生の自分にはハードルが高かった)
結局高校を卒業し大学二年生になってから初めて見ることになりました。

さて、前置きが長くなりましたが本題です。
レビューとは何を述べれば良いのか?正直よくわかっていませんが、素直に感想と解釈を述べていきたいと思います。
(ネタバレ注意でお願いします!)

まず、見終わっての心の重さというの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック