中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リョウ (13) (マーガレットコミックス (3152)) コミック – 1999/12

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (1999/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088471520
  • ISBN-13: 978-4088471525
  • 発売日: 1999/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 marie 投稿日 2002/3/1
形式: コミック
 歴史ファンタジーに毛嫌いする方も、一度読んでみてください。私も得意な方ではなかったのですが、読んでみて目から鱗が落ちました。面白すぎます。いえ、面白いというより、せつないかもしれません。多分、涙腺の緩い方なら泣いてしまうでしょう。
 話の中心は主人公・りょうの成長と恋愛です。彼女と一緒に色んなことを体験してみてください。弁慶や維盛に恋をして、感動してください。この漫画は私のベストなので、色んな人に読んでもらって、この作品のすばらしさを知ってもらいたいです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/9/10
形式: コミック
リョウは、私の中ではNO.1の漫画といってもおかしくありませんっっ!!!!!もう読んだら、リョウの世界に入り込んでしまうはずっっ(><)絶対おすすめっっ☆悲しいなんてもんじゃ済まされない位の涙が出てくるはずです(:_;)さっきも読んでたけど、胸がしめつけられるような。。。。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/28
形式: コミック
リョウの最後の言葉が心に残って忘れられません。最後のシーンは何度読んでも泣けてくる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ネタバレ含みます
発売当初、確か維盛死んだあたりで読むのを止めて数十年ぶりにきちんと最後まで初めて読みましたが
このエンドならもっと早めに切り上げられると思います
人は必ず死ぬ、どう生きるかというテーマらしいですが
息子が狼に連れ去られて現代にトリップして連れ去り養子に行ってしまうってのはそのテーマと合っていると思えないし
現代に戻るなら葵が死ぬ理由もハテナ
なんで超脇役の海尊と現代へ行って終わるのかさーぱり謎
12巻まで・・・というか一の谷の合戦でやめといた方がこの物語は綺麗です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レン 投稿日 2003/3/12
形式: コミック
元々、脇キャラの扱いやストーリーの展開で不自然に思える点がちらほらあったのですが、最終巻で話しがきちんとまとまればいいかと思ったのが間違いでした。
作者はこの話しをかなり前から考えていたように言っていますが、最終巻を読む限りでは、とてもそのようには見えません。
話のつじつまは合わないし、脇キャラはほっぽりぱなし、もしくは大した見せ場なしで退場。なんの為に登場したのか分からないキャラ数名。
揚げ句の果てに、自分で作った複線や設定を使わず終い。
これで読者からお金を取るのは詐欺に等しいかと思います。
次回作からは、今回のを教訓にきちんとした『話作り』をしてほしいものです。(プロなんですから)
でも、私は上田さんの本はもう2度と読む気にはなれません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック