リバーライト 極ROOTS フライパン 28cm がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,750
+ ¥ 515 関東への配送料
発売元: 有限会社ギャラリーワン

リバーライト 極ROOTS フライパン 28cm

5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー
| 9人が質問に回答しました

参考価格: ¥ 6,372
価格: ¥ 5,657 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 715 (11%)
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,657より
  • サイズ:直径28×全長46.8×高さ13.0cm(取っ手を含んだ高さ)
  • 本体の部分の高さ:5.5cm
  • 本体重量:1300g
  • 素材・材料:鍋/鉄(特殊熱処理)、ハンドル/木製(国産樺材)
  • 原産国:日本
個装箱で発送:
Amazon.co.jp が発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


フライパンストア
料理に欠かせないフライパンを用途に合う素材やサイズなど様々な切り口でご紹介。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • リバーライト 極ROOTS フライパン 28cm
  • +
  • リバーライト 極ROOTS ステンレス カバー 28cm R3128S
  • +
  • リバーライト 極ROOTS 炒め鍋 28cm
総額: ¥15,370
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
口径27 cm
商品重量1.3 Kg
食洗機対応いいえ
電池付属いいえ
  
登録情報
ASINB009UE3JSC
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 94件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホーム&キッチン - 4,152位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.6 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2012/10/21
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品の説明

食材を美味しく焼いたり炒めたりするには、約170-180℃の高温か必要です。鉄はもっと高い温度にも耐える素材ですが、一番の特徴は蓄熱性と放熱性にあります。 つまり、たっぷりと熱を蓄えるという性質を持っていると同時に、多くの食材に最適の放熱特性を持っているのです。この特性により、高温&短時間での調理が可能となり、旨みを逃すことなく調理ができるというわけです。さらに、焦がした場合でも、最初の状態に何度でも戻せます。 そして、最大のメリットは「使うほどに油が馴染み、具合がよくなっていく」というところにあります。数ヶ月-数年で劣化してしまうテフロンとは異なり、手入れさえすれば、親から子、子から孫へと数十年から100年にも渡って使い続けることが出来るのです。  プレゼントやギフトにもおすすめです。

Amazonより

「ここがおすすめ!」担当バイヤーコメント

鉄製のフライパンは錆びやすくてお手入れも面倒という欠点がありましたが、
特殊(窒化)熱処理によって鉄の良い特性はそのままに、極めて錆びにくい鉄フライパンとして誕生したのが「極」シリーズです。
鉄フライパンのお手入れに抵抗のあった方におすすめです。
使い込む程に油なじみが良くなりますので、長く愛用していただけます。


商品紹介

錆びにくくお手入れも簡単な鉄製フライパン

極ROOTS フライパン 28cm

特殊(窒化)熱処理により、鉄の表面そのものを錆びにくく、硬く加工しているので、
加熱によって溶けることもなく、金属ヘラ・金属タワシなどの使用で傷付く事も無い。
鉄の良い特性はそのままに、錆びにくく面倒だったお手入れがとても簡単な鉄製フライパン。


使い捨てではなく、長年愛用できるフライパン

極ROOTS フライパン 28cm

錆びにくくて丈夫な表面は、金属タワシでこすっても剥がれない。
使い込む程に油なじみが良くなり、さらに焦げつきにくく快適に調理できるようになる。


蓄熱に優れ食材に素早く火が通る

極ROOTS フライパン 28cm

たっぷりの熱を蓄え、食材に熱が力強く伝わり、炒め物がシャキッと、焼き物が香ばしく焼ける。
油返しをしてから調理すれば焦げ付きにくく美味しく焼きあげる事ができる。


起源という意味の極ROOTSシリーズ

極ROOTS フライパン 28cm

リバーライト社が創業時から使い続けている白木ハンドルを採用している事からROOTS(起源)と名付けられた。
(極ROOTSは無塗装の国産樺材を使用)




カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
実家で高校生の頃から使っていたフライパンを嫁入り道具にもらって使っていました。とても使いやすくて気に入ってたんですが、何しろ小さい。直径20cmでは家族4人分の炒め物は作れません・・・。ある日ふと広告でリバーライトのフライパンの写真を見、何だかうちのと似てるなあと思いながら確かめたら、擦り切れた柄にリバーライトの刻印が!!そんなに名のある品物だとは思ってなかったのでびっくりでした。
早速ネットで調べて迷わず28cmを購入。初めに揚げ物をしてから炒め物等に使いましたが、全く焦げ付かず素晴らしい!
耐久性は折り紙つきです。柄は交換できると知りませんしたが、20年以上経った今も全然ぐらつくことなく使えてます。
手元が熱くならないし、木なので滑ることもありません。お手入れは、熱いうちにさっと水ですすぎながら軽くスポンジでこするだけです。
我が家では用途に合わせてテフロンのフライパンも併用してますので、鉄製のフライパンを手に入れようと思われる方にはおススメです。
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テフロンを買い換えるのに嫌気がさした転向組です。家庭で使っています。

1週間以上使ったところでの感想です。「フライパンは手入れ次第で育つ」ということでしょうか。鉄のフライパンは実家を出て以来なので、20年振りです。実家の母がやっていたので、最初は揚げ物をしました。それでも次に肉を焼いた時は若干焦げ付きました。火加減がわからなかったせいもあるかもしれません。
 掃除後に油を引く必用無しとは書いてありますね。それでも、料理後はすぐに洗って乾かし、その上で油を塗って保管していいるためか、購入して一週間後の今、ほとんど焦げ付かなくなりました。材料を入れた時に一瞬焦げ付いたかのような感じになりますが、焼いているうちにそれも取れてきます。
 また、重いと言われていますが、私(女性)は片手でシャカシャカ振ることができます。若干のコツと力は確かに必用ですが、筋トレにもなっていいかと。具材の量によっては、さすがに片手では大変なので、そういう場合は両手を使います。
 重量が気になり、26センチか28センチかで迷いましたが、28センチでも若干小さいと思うくらいなので、26センチにしなくてよかったです。鉄は見た目よりもパワーがあるのか、テフロンだとこのサイズで3人分の炒飯はベチャっとなるだろうという量を作っても、ご飯がパラリとなって素晴らしい。野菜炒め
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テフロンハゲの買い直しが面倒で、こちらを買いました。まだ使用回数5回目くらいですが、とても気に入りました^o^

油をきちんと引けば、くっつかない!
レビューをみて、最初のうちは多少はくっつくこともあるのかな?と思っていたのですが、ぜんぜん大丈夫でした!
わたしの場合は初回使用時は中性洗剤でよく洗って、その後サラダ油をいれて内側ぜんたいに満遍なく油をいきわたらせながら弱火5分、暇だったのでそのまま油をいれっぱで放置。また加熱してみる。を3回くらい適当にしたのち、油をふきとっておわりにしました。

お湯とたわしで熱いうちに洗うだけ!
いつもはテフロンフライパン流しにおきっぱで、次の日洗っていたわたしに手入れができるか不安でしたが、これが予想外にラクでした!
にんにくつかった脂っこいフライパン、熱いうちにたわしでこすって流し、水分を軽く加熱して飛ばすだけで匂いも残らずサラサラ!
もっとべたつくのかと思っていたのでありがたい。使用後にすぐ洗う癖がついたのでそれもありがたいw

難点はとにかく重いことですが、筋トレになると思えば、、
木の持ち手に太さがあるので、重さの割には持ちやすくていいかんじです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ハンドルだけの違いで、輸入材の塗装仕上げの『極』と、国産樺材の無塗装(白木)の『極ROOTS』の
2種類が用意されている。無塗装の『極ROOTS』を選んだが、普通に使っていてハンドルが汚れやすいとか
汚れが染み込む様なことは無かったので、心配することは無いように思う。
ハンドルは、部品として単体で販売されているので、将来交換することも可能です。

サイズに関しては、26cmにするか、28cmにするかで、相当悩んだ。
このシリーズは、比較的底面のサイズが小さめで、カタログデータで直径が17.5cmと18.5cmである。
底面積が少しでも大きい方がよければ、28cmを選ぶことになる。
一方で、サイズが26cm以下は鉄板の厚みが1.6mmで、28cmになると2mmになる。
その結果、重量が950g と1300g となって、かなり差が出てくる。
重さが、テフロンコーティングしたアルミ製フライパンに近く、少しでも軽い方が良ければ26cmを選択することになる。
結論としては、28cmを選んだが、重さは覚悟する必要がある。

表面を窒化させる特殊熱処理が施されているそうだが、そのお陰で一般的な鉄フライパンに比べると
サビにくくお手入れが楽である。また、一般的な鉄フライパンと同様の扱い方をすれば良いので扱いも楽である。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー