¥ 691
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リトル&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リトルバスターズ!SSS Vol.4 (なごみ文庫) 文庫 – 2008/11/1


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

リトルバスターズ!SSS Vol.4 (なごみ文庫) + リトルバスターズ!SSS Vol.3 (なごみ文庫) + リトルバスターズ!SSS Vol.2 (なごみ文庫)
合計価格: ¥ 2,073

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある日突然、鈴の様子が変になった。折角友達になったクドや小毬を遠ざけるばかりか、リトルバスターズの初期メンバーからも距離をとっていた。原因を究明すべくカマをかけていく理樹と恭介の導きだした推測とは、そして真実は…。『鈴のみつけた宝物』。美少女数名が放果後に限り消息不明になるという事件が起きていた。その事件に来ヶ谷が深く関与していることをつかんだ恭介が、メンバーを駆使して潜入調査を試みるが、途中で通信が切れ帰還者ゼロという結果に。来ヶ谷の目論みとは?『メイド・イン・アンダーグランド』。女子寮の部屋からお菓子が盗まれる…という小さな事件がきっかけとなり、女子は自衛のため夜の見回りをすることとなった。そこで見つけた思いがけない犯人とは、そしてそこから発展する「秘密を取り戻す大マラソン大会」の結果は…(『モンローを捕まえろっ!!』)。

登録情報

  • 文庫: 265ページ
  • 出版社: ハーヴェスト出版 (2008/11/1)
  • ISBN-10: 4434123076
  • ISBN-13: 978-4434123078
  • 発売日: 2008/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 535,963位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Scene 投稿日 2008/11/6
形式: 文庫 Amazonで購入
第一幕 鈴の見つけた宝もの
★★★★☆
鈴はある部屋であるものを拾ってしまう。
それを拾ったことにより鈴は今まで以上に人を避けるようになった。
鈴が拾ったものとはいったい?
(理樹と楽しく推理できます)

第二幕 メイド・イン・アンダーグラウンド
★★☆☆☆
放課後、突如として消える女生徒達。
その調査のため偵察に向かわせるがのだが…。
(タイトルからすぐ分かりますね)

第三幕 モンローを捕まえろっ!!
★★★★☆
女子寮で食糧が何者かに盗まれる事件がおきる。
鈴、小毬、美魚は自警団を結成し、深夜の見回りをするのだが…。
(ポーカーフェイスの美魚もさすがに…)

(ちなみにもくじの第三幕のタイトルがVol.3の第三幕のタイトルになっていることに気づきました…)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 理奈 投稿日 2013/3/24
形式: 文庫 Amazonで購入
鈴、来ヶ谷、美魚の話が収録されています。
鈴の話はちょっとした推理もの。
途中の理樹の出した答えで納得していたので、その後も何回かひっくり返したのは少し驚き。
鈴の様子がおかしいのに謙吾が冷たすぎ、というのはありますがキャラ崩壊も少なく、この本の中では一番安定している話だと思います。
来ヶ谷の話はタイトルから予想できる内容。
中盤は来ヶ谷が好き勝手しすぎというか、理樹が不憫で不快でした。
案の定というか、美魚が変人オタクキャラみたいにされているのも駄目。
ただ、ちゃんと来ヶ谷の目論見には自分の楽しみ以外の目的もあったという点はよかったです。
また、終盤は来ヶ谷が理樹に翻弄されてしまうという逆転劇(?)があり、中盤のマイナスは取り戻せているという感じです。
これまでのシリーズでは理樹絡みの恋愛要素はありませんでしたが、この話は理樹×来ヶ谷要素があります。
個人的には佳奈多のメイド姿の挿絵がないのが不満。
美魚の話は女子寮のドタバタ話(男連中も普通に出ます)。
葉留佳の原作以上のウザキャラ化でまさか、と思いましたがやはり3巻の葉留佳話や三枝葉留佳の事件簿と同じ作家。
あまりアンソロノベルの作家名は気にしていなかったのですが、ここまで微妙な要素を連発されるとさ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック