通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リトルバスターズ! コミックアンソロジー エクセレ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リトルバスターズ! コミックアンソロジー エクセレント (IDコミックス DNAメディアコミックス) コミック – 2008/7/25

5つ星のうち 4 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 916
¥ 916 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リトルバスターズ! コミックアンソロジー エクセレント (IDコミックス DNAメディアコミックス)
  • +
  • リトルバスターズ!エクスタシーコミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス)
  • +
  • リトルバスターズ!エクスタシーコミックアンソロジー 1 (電撃コミックス EX)
総額: ¥2,750
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 136ページ
  • 出版社: 一迅社 (2008/7/25)
  • ISBN-10: 4758004536
  • ISBN-13: 978-4758004534
  • 発売日: 2008/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 daryuu VINE メンバー 投稿日 2008/12/15
形式: コミック
まず表紙にささみと佳奈多が居て発売時期も近いですが、EXネタはないので注意をば。
(ちゃんと無印版のキャラとしては登場します)

裏表紙の作者陣に、皇ハマオ氏の名前を見かけて購入しました。
担当分は12Pとあまり多くありませんでしたが、佳奈多とクドの絶妙な掛け合い、ハマオ氏特有の含みのある内容は、改めてリトバスという作品を見つめなおさせてくれます。

どの作者もそれぞれのリトバスに対する想いを漫画として描いており「こんな見方もあったのか」と楽しませてくれますが、やはりアンソロである以上読者との解釈に齟齬がある場合もあったりで、読後の満足度に関しては個々人で差が出てしまうレベルかなとは感じました。

ちなみに絵のほうのクオリティに関しても、バラつきがあり強くオススメは出来ないかなというところです。

ただページ数はこの手の本の中では多いほうですので、色々な作者のリトバス同人を読んでみたい、という方は買ってみても損はないかと思います。
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック Amazonで購入
リトバスアンソロジーの中でもトップクラスの出来と思います。
ZENさんや皇ハマオさんを始め、面白い作品が結構多いです。
(さすがに全部が面白いということはなく、平凡な作品もそこそこあります)
一押しは米田和佐さんの作品「SMILE」。
虚構世界における恭介の苦悩、理樹との絆を書いており素晴らしい出来で、リトバスファンなら是非とも読んで欲しいです。
上で書いたとおりほかにもいい作品が結構あるので、リトバスのアンソロジーを買うのならこれをおすすめします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック