¥ 691
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リトル&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リトルバスターズ! エクスタシー 4頁短編集 (なごみ文庫 X 5-3) 文庫 – 2010/10/5


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

リトルバスターズ! エクスタシー 4頁短編集 (なごみ文庫 X 5-3) + リトルバスターズ!《三枝葉留佳の事件簿》 (なごみ文庫) + リトルバスターズ!エクスタシー僕らの学園祭戦争 (なごみ文庫)
合計価格: ¥ 2,073

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: ハーヴェスト出版 (2010/10/5)
  • ISBN-10: 4434148133
  • ISBN-13: 978-4434148132
  • 発売日: 2010/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 258,416位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

投稿者 理奈 投稿日 2013/5/6
形式: 文庫 Amazonで購入
リトバスの短編集。
以前に発売されたひらがなシリーズと似ていますが、あそこまでキャラ崩壊はしていません。
TINAMIと共同で行われたコンテストの入賞作品も掲載されています。
4頁と銘打っていますが実際のページ数はばらつきがあります。

特別面白い作品はそれほどありませんがあからさまなハズレもなく、安定して楽しめます。
リトバス二次創作では珍しいハーレム要素がある作品もあります。
理樹がヒロイン達より男達を選んでしまうのは酷いですがある意味リトバスらしくもあり笑えます。
アンソロでは比較的珍しく理樹に恋する佐々美や佳奈多が見られたのも嬉しい限り。

同日発売したSSS10巻とともに、なごみ文庫のリトバス小説は今回で最後。
結構外れが多いシリーズでしたのでそれほど残念ではないのが悲しいところ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 文庫
ハーヴェスト出版なごみ文庫から数々出ているKey原作「リトルバスターズ!」「リトルバスターズ!エクスタシー」のアンソロジー小説のうち、一話が2〜5頁サイズのものを一冊にまとめたものである。全59話、執筆作家は14名、イラストレーターは5名という内訳である。

サブタイトルに「4頁」とあるものの、実際は2頁だったり、挿絵込みで5頁あったりと、かなり幅があるが、ほとんどは挿絵なし(各話トップのそのストーリーの主人公のタイトルカットがある)の4頁の読み切り短編で占められている。「リトバスショートショート集」「リトバス掌編小説集」という人もいるかもしれないが、ストーリーからすると、必ずしも厳格な意味での「ショートショート」の枠には収まらないものもあり、「掌編小説集」とも銘打たれている訳でもないので、「4頁短編集」というのはある意味納得できるサブタイトルと言えよう。

片手頁数の超短編のため、ストーリーはたわいないものも多々あるが、中にはシュールなものや面白可笑しく笑えてくるもの・ギャグやパロディー・ほのぼのしたものもそれなりにあり、しかも一話のサイズと著者陣から、かなりバラエティーに富んだ一冊だ。
登場人物としては、全般的に主人公である直枝理樹の出演頻度は高いものの、リトバスシリーズで人気の高いヒロイン能美クドリャフカの出演頻度は思ったより
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック