通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
リトルバスターズ!エクスタシー 学園バトル mis... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

リトルバスターズ!エクスタシー 学園バトル mission.2 (まるち文庫 2) 文庫 – 2011/4/1

5つ星のうち 4 1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 710
¥ 710 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • リトルバスターズ!エクスタシー 学園バトル mission.2 (まるち文庫 2)
  • +
  • リトルバスターズ!エクスタシー 学園パーティー mission.1 (まるち文庫 1)
総額: ¥1,420
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

苦戦、激戦、対抗戦。リトルバスターズ流の名勝負。真人とまさかの頭脳対決。逃走をもくろむ少女たち…。襲い来るNYCは国民的アイドル!?姉御無双の白銀サバイバル。荒ぶる学園アンソロ小説4話を収録。


登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: パラダイム (2011/4/1)
  • ISBN-10: 4894906422
  • ISBN-13: 978-4894906426
  • 発売日: 2011/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 907,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 理奈 投稿日 2013/5/12
形式: 文庫 Amazonで購入
絵師情報が何故かみついまなさんしか描かれていないので、他の絵師紹介を(敬称略)
eco*/ZEN/水上凛香/牧だいきち/広瀬まどか

内容紹介に書いてある話の他、NYCと呼ばれる生物との戦いの話が収録されています。
前回出番のなかった佐々美もしっかり登場します。
基本的にリトバスメンバーが勢ぞろいなのでドタバタが楽しめます。

シーン1は何だかんだで真人を大事に思っている謙吾が面白いです。
佐々美は中心キャラですが出番自体はそれほど多くなく、謙吾に責められてしまう場面があるので佐々美ファンが必ずしも喜べる出来ではないかも。
シーン3は主要キャラは全員登場。
バトルものが好きならいいと思います。
美魚は変人度が高いですが、理樹と少し恋愛要素あり。
シーン4は来ヶ谷らしさ全開なので来ヶ谷ファンにおすすめ。
いい意味で好き勝手に暴れており、かつヒロインらしいところもしっかり見せてくれます。

なかなかの出来ですが、飯山満さんはいつもそうなのですが美魚が冷静・変人すぎです。
そこが残念なところ。
ヒロインらしいところがあるシーン3が唯一飯山満さんが書いていないというのも案の定という感じです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック