Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
リトルバスターズ!エクスタシーアンソロジー 気高き猫が戸惑う二月 (ヒロインセレクト 1)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

リトルバスターズ!エクスタシーアンソロジー 気高き猫が戸惑う二月 (ヒロインセレクト 1) [新書]

真平良 , みけおう , Key
5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 756 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品



商品の説明

内容紹介

Scene 01 チョコレート作りに挑む鈴。小毬やクドリャフカの協力で、すんなり進むかに思われたが、家庭科室になぜか悲鳴が響き…。 Scene 02 新聞に掲載された、奇妙な「ラッキーワード」。恭介は、理樹や真人にその真実を探るよう命じるが!? ヒロインの魅力に、もっともっと迫る新シリーズ「ヒロインセレクト」が新創刊。第一弾は、「リトルバスターズ!エクスタシー」のアンソロジーです。新書判2段組で735円という、とってもお買い得なシリーズです。

内容(「BOOK」データベースより)

二月某日、にぎやかに過ごすリトルバスターズ一同に、恭介から新たなミッションが発令された!Scene01:「チョコレート作り」に挑む鈴。小毬やクドリャフカの協力で、すんなり進むかに思われたが、家庭科室になぜか悲鳴が響き…。Scene02:新聞に掲載された、奇妙な「ラッキーワード」。恭介は、理樹や真人にその真実を探るよう命じるが。

登録情報

  • 新書: 168ページ
  • 出版社: パラダイム (2010/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894906511
  • ISBN-13: 978-4894906518
  • 発売日: 2010/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 632,254位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星5つ
0
星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 感想 2013/4/22
By 理奈
形式:新書|Amazonで購入
ヒロインセレクト第1弾。
表紙を見ればわかりますが、鈴がヒロインのアンソロです。

Scene01はバレンタインの話。
原作にはない行事なので期待したのですが、鈴が恋心を自覚していないため恋愛ものとしては微妙。
ほかのヒロインは鈴にチョコを作らせることに集中しているため、そういう話はありません。
最後に一応恋愛らしいシーンがあります。
展開上仕方ないかもしれませんが、理樹と真人が不遇。
特に理樹はかなりある事について気にしていたのですから、ちゃんと葉留佳や来ヶ谷は最後にフォローして欲しかったです。
Scene02はツンデレを探す話。
終盤まで鈴がメインというほど目立ちませんが、逆にいうと鈴ファンでなくとも楽しめる出来になっています。
中盤、ツンデレを「作る」場面が面白いです。
終盤は鈴がテンプレツンデレキャラみたいにされてしまうので、鈴ファンは楽しめます。
こちらも終盤に少しだけ恋愛要素あり。
どちらの話も美魚が変人にされてしまってるのが個人的にはマイナス。

両方の話ともに恋愛要素はありますが、ほとんどありませんのでそちらを期待している人は注意。
逆に恋愛話に興味のない人は問題なく楽しめます。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック