Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービット ワンダリング (3) (角川コミックス・エース 297-3)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービット ワンダリング (3) (角川コミックス・エース 297-3) [コミック]

みさき 樹里 , Key
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 648 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
会員登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービット ワンダリング (3) (角川コミックス・エース 297-3) + リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービット ワンダリング (2) (角川コミックス・エース 297-2) + リトルバスターズ!エクスタシー ワンダービット ワンダリング (1) (角川コミックス・エース 297-1)
合計価格: ¥ 1,900

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

ゲームの世界から脱出するため、魔王の城に足を踏み入れた理樹たち。だが、その前に立ちはだかったのは敵にさらわれた小毬と恭介! はたして理樹たちは彼らを取り戻して元の世界の戻ることができるのだろうか!?

登録情報

  • コミック: 80ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/12/21)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4041200601
  • ISBN-13: 978-4041200605
  • 発売日: 2011/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星5つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 NANAMIプロジェクトの真相はいかに 2012/1/8
By daryuu トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:コミック
リトバススピンオフ作品、第3巻 完結です。

前巻で登場したオリジナルキャラ「ななみ」を鍵として、物語は佳境へと向かっていきます。
敵に操られ立ちふさがる小毬と、ラスボスとして立ちはだかる恭介。
彼らを倒した先に待っているものとは・・・

というわけで、謎多きスタートを切った作品としては、案外お約束な展開で幕を閉じました。
ななみに隠された真実は中々凝っておりましたが、話の結末を担う戦闘シーンなどにあまりひねりがなく、物足りなさを覚えました。
某RPG風にするならば演出を派手にするなり、リトバスらしさを出すならもっと戦略性を出すなり・・・というのは、素人考えですけれども。
また、現実待機組の活躍のなさも悔やまれます。

ただ、リトバスのキャラたちは最後までブレませんでしたので、アンソロとしては非常に高いクオリティでまとまっていると思います。
遊び人としてピエロになりきる葉留佳は「いかにも」でしたし、敵役としてセクシーな衣装で登場する小毬のまたがるモンスターが「アルマジロ」(アリクイ?)なのは、ファンならば「クスッ」とせずにはいられません。
全体として惜しかった部分はありましたが、楽しく読ませて頂きました。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 4.0 感想 2013/5/13
By 理奈
形式:コミック|Amazon.co.jpで購入済み
リトバスワンワン最終巻。

小毬や恭介との戦いは面白かったですが、終盤の展開(ななみ関連)はありがちな展開に終始してしまった印象。
またみさき樹里さん自身も言っておられおますが、来ヶ谷・美魚・佐々美・佳奈多は大した出番も活躍もなく終わってしまったのが非常に残念。
佐々美に至ってはいなくても問題ない有様。
また理樹が沙耶のことを呼び捨てにしているのは違和感。
苗字を知らないので名前呼びはいいのですが、特に深い仲でもないのだから「沙耶さん」の方が自然でしょう。
理樹はあまり呼び捨てしませんし、原作でも沙耶に惚れる前までは「朱鷺戸さん」だったのですから。
2巻までは実に面白かったのですが、終盤でパワーダウンしてしまった印象。
謎がある→ネタばらし、はうまくやらないと駄目なのだなと痛感します。

しかしキャラは相変わらず原作の持ち味が出ており、十分に楽しめる出来にはなっています。
リトバスでRPGらしいバトルをするというのが無理なく出来ています。
パワーダウンは否めませんが、おすすめできるだけの面白さはあります。

またみさきさんにはリトバスを描いて欲しいですね。
現在育児休暇中との事なので連載は無理でしょうが、たまにアンソロでも描いて欲しいです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa86586c0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック