数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,060
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 3,015
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,077
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

リオ


参考価格: ¥ 3,703
価格: ¥ 2,983 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 720 (19%)
2点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、★Remedia OUTLET★【全品送料無料!24時間以内に発送!!】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 2,591より 中古品の出品:5¥ 2,099より


Amazon の キース・ジャレット ストア

ミュージック

キース・ジャレットのアルバムの画像

写真

キース・ジャレット点の画像
キース・ジャレットのAmazonアーティストストア
for 257 点のアルバム、20点の写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券プレゼント。買取価格は事前に検索可能。 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

リオ + Jasmine
合計価格: ¥ 4,768

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (2011/11/2)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 91 分
  • ASIN: B005F7F46I
  • EAN: 4988005686800
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 184,058位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


ディスク:1
1. リオ・パート I
2. リオ・パート II
3. リオ・パート III
4. リオ・パート IV
5. リオ・パート V
6. リオ・パート VI
ディスク:2
1. リオ・パート VII
2. リオ・パート VIII
3. リオ・パート IX
4. リオ・パート X
5. リオ・パート XI
6. リオ・パート XII
7. リオ・パート XIII
8. リオ・パート XIV
9. リオ・パート XV

商品の説明

メディア掲載レビュー

ジャズ界において、ジャズの精神を提示し続けるカリスマ・ピアニスト=キース・ジャレットの約2年ぶりとなる即興演奏によるソロ・ピアノ・アルバム! (C)RS

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

47 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/3
形式: CD Amazonで購入
タイトルが示すように、ブラジル・リオでのピアノ・ソロ即興ライヴ。それも今年の4月の録音。

昔のような長大な演奏ではなく、近年のテスタメント等のように、各々が3〜8分台のパート1〜15に分かれ、ディスク2枚に収録されている。

キースのソロ即興ライヴ・アルバムとは30年以上のつき合いになる。70年代の諸作のような衝撃、新鮮さは薄れたとはいえ、キースの即興ソロ・ライヴ・アルバムは、演奏地の風土・文化に彼自身の人生の諸局面を重ね合わせ、その土地・時に彼が内なる感興に導かれるままにピアノという絵筆で描いた絵葉書のようなものだと私は思っている。行ったことがない土地でも、キースのフィルターを通して風光や色彩が伝わってくる嬉しい便りだ。

本作でも、例えばサウダージとでも呼ぶべき切なさを感じるパート7から、リオの街の快活さを感じさせるパート8へのスイッチにハッとさせられる。

本作はまた現代音楽風の曲が少なくて(パート1、10ぐらい)、アーシ―な曲や光る玉を転がすような輝かしいメロディーの曲(特にパート9、15は絶品)等、70〜80年代のキースを思わせる曲が多い。今世紀のソロ・ライヴ・アルバムで一番聴きやすい作品だ。これも南米と今のキースの内面の化学反応故だろう。

キースのソロ即興ライヴは未完の彼の人生絵巻だと思うが、本作はその中でも特筆するに値する1巻だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 thatmusicisepic 投稿日 2011/11/6
形式: CD
2011年4月9日、Rio de Janeiro、Theatro Municipalで録音。

1971年11月10日、Keithが初めてECMの為にレコーディングし、その音源を“Facing You”として発表してからちょうど40年目の今年
ECMは“Rio Project”と命名して本作品をリリースしたそうです。

*************************************************************************************************************
(以下、Jazz Wise誌、Keith Jarrettインタビューより抜粋)

Keith はこのコンサートの録音を初めて聴いた時、その素晴らしさに自分自身が驚いたという。

「それはこれまでの私の演奏の中でも最高に美しいもので、私はとても興奮しその演奏の虜になった。だからすぐに空港からManfredに電話してこう言ったんだ。『今我々が計画しているレコーディングのプランを全部破棄して、これを最初にリリースしよう』。私が空港から電話したことなど一度もなかったのでManfredは私が本気だとわかってくれたよ」

コンサートからリリース
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 厳しくも美しく燃え VINE メンバー 投稿日 2011/12/10
形式: CD Amazonで購入
 各曲が数分と短いのだが、内容は計り知れない深さと温かさがある。1曲目と10曲目が無調スタイルだが、他の曲は総じて和声がシンプルなので親しみ易い。どの曲もキースの音に満ちている。
 1つのコンサート内の即興で、これだけ異なった多くのスタイルを持てるのも、すごいことだ。そして、弾いているうちに突然、素晴らしいメロディや神がかったパッセージが降りて来るのが分かる。例えば3 ,7 ,8、11(Blues)、13、14とか、思わず快哉を叫びそう。(他の方が挙げている9、15はメロディを超えて、芸術です。)
 キースのソロは、随分前からケルンを超えようと頑張る姿勢から方向転換し、ケルンとは違う語法(キースにとってはそれが成長の証だったのだろう)を追求して幅を広げて来た感が有るが、特に無調スタイルにこだわりを見せていた。調性のあるものは「スタンダード」曲に限られているコンサートすらも有ったように思う。それが、この「リオ」では、こだわりを捨て、その時に最も弾きたい音を自然に紡いでいる感がある。キースお得意の速いパッセージも多く、まさに、キースのソロの集大成とさえ思う。ただ、曲の終わりで、音が完全に消える前に観客が喝采するのは、残念の一言。
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 discipline 投稿日 2011/11/3
形式: CD Amazonで購入
前作のテスタメントに引き続き、キースのソロの新着がはやくも到着した。今年の4月9日、リオデジャネイロのコンサートだが、暖色系のジャケットが目をひく。前作が妻だったローズ・アンとの別れがあり、孤独感にさいなまれ、精神的に厳しい状況の中で作成され、ジャケットからして暗さを感じさせたのに比べ、リオという場所もあったのだろうか。その孤独感を脱し、新たな段階に入ったことを感じさせる。

音楽的にも20年ぶりというブラジルの土地柄、熱狂的なオーディエンスに刺激をうけ、ここ最近には無い明るい印象を受ける。Part 1 は最近のソロの導入が現代音楽的なものが多いが、今回も同様で想定内とおもっていたらエンディングがPart 1 からユーモラスな雰囲気。Disk 1ではPart 3 やPart 5のような同様に明るいナンバーがやはり印象的だ。特にPart 5 はケルンのPart II - a に似たダンサブルなナンバーで、(ケルンを今更引き合いに出すのは個人的には好きではないが)終わった瞬間、観客の「Bravo」の声がかかる。納得。 Disk 2 でもPart 11 のブギやPart 14 の軽快なゴスペル風が目立ち、それ以外も全体的に静かなメロディアスなナンバーが支配する。個人的にはテスタメントのLondon Part 8のような超美メロといえるようなナンバーは無いと思ったが、終
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック