ARRAY(0xb33b7ca8)

リアーナ

 

リアーナ のトップセラー (52点のアルバムをすべて見る )


リアーナの52点のアルバムをすべて見る

Top MP3ダウンロード:リアーナ
並べ替え:
売れている順番
1-10 of 353
  曲名 アーティスト名 アルバム
収録時間
 
We Found Love (Album Version) [feat. Calvin Harris] リアーナ Talk That Talk [Explicit]
3:35
California King Bed (Album Version) Rihanna Loud [Explicit]
4:11
Umbrella (Radio Edit) [feat. JAY-Z] Rihanna Umbrella
4:15
Only Girl (In The World) (Album Version) Rihanna Only Girl (In The World)
3:55
Hate That I Love You (Album Version) [feat. Ne-Yo] リアーナ Good Girl Gone Bad: Reloaded
3:39
Umbrella (Album Version) [feat. JAY-Z] リアーナ Good Girl Gone Bad: Reloaded
4:36
Diamonds (Album Version) Rihanna Unapologetic [Explicit]
3:45
Take A Bow (Main) Rihanna Take A Bow (single)
3:48
Right Now (Album Version (Explicit)) [feat. David Guetta] [Explicit] Rihanna Unapologetic [Explicit]
3:01
Don't Stop The Music (Album Version) リアーナ Good Girl Gone Bad: Reloaded
4:27
輸入盤3点で10%OFF

動画


リアーナ の画像

最新のツイート


バイオグラフィー

05年に放たれたダンスホール・カラー濃厚なシングル「ポン・デ・リプレイ」がヒット・チャートを駆け上り一躍スター・ディーヴァへと変貌した、カリブ海はバルバドス出身の女性シンガー、リアーナ。所属レーベル<ROC-A-FELLA>の社長でもあるジェイ・Zがその歌声(とビヨンセ似のルックスにも、か)に惚れ込み、ティアラ・マリーに続いて送り出した逸材だ。まだ17歳(デビュー当時)という若年にして芯の通った歌唱性を持つ“キュートな大器”である。
同年発表の1stアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』は、ここ日本においてもゴールドディスクに認定、さらに第20回日本ゴールドディスク大賞“ニュー・アーテ... 続きを読む

05年に放たれたダンスホール・カラー濃厚なシングル「ポン・デ・リプレイ」がヒット・チャートを駆け上り一躍スター・ディーヴァへと変貌した、カリブ海はバルバドス出身の女性シンガー、リアーナ。所属レーベル<ROC-A-FELLA>の社長でもあるジェイ・Zがその歌声(とビヨンセ似のルックスにも、か)に惚れ込み、ティアラ・マリーに続いて送り出した逸材だ。まだ17歳(デビュー当時)という若年にして芯の通った歌唱性を持つ“キュートな大器”である。
同年発表の1stアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』は、ここ日本においてもゴールドディスクに認定、さらに第20回日本ゴールドディスク大賞“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞するなど大ブレイク。
翌年リリースの2ndアルバム『ガール・ライク・ミー』(06年)では、前作同様イヴァン・ロジャースとカール・スターケンをメイン・プロデューサーに起用。ロックとレゲエのマッシュアップ・ソング「キッシーズ・ドント・ライ」といった新たなスタイルにもチャレンジするなど、よりポップスの要素を強めたアルバムとなっている。中でも、“ダンスを通して自己表現とエクササイズ!”というナイキの女性向けプロジェクト“NIKE ROCKSTAR WORKOUT”のテーマ・ソングに起用された「SOS」は、ソフト・セルの大ヒット曲「汚れなき愛」をサンプリングしており、80年代初頭の暗〜いエレ・ポップを見事なまでにバウンシーなダンス・チューンとして蘇らせた。同曲は全米シングル・チャート34位から1位に急上昇、“TOP40圏内における1位への最大ジャンプ・アップ記録”を42年ぶりに更新した。
そして07年、デビューからわずか2年足らずにして3rdアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』を発表。ロングヘアをばっさり切り落とし、髪色もブラックに、意味深なアルバム・タイトルを体現するかのように、そのヴィジュアルもぐっと妖艶さを増した。無論、これまでのキュートでガ―リーなイメージを覆したのはその風貌だけではない。エッジの効いたハードなギターが鳴り響くロック・ポップや、スペーシーなアンビエント・ナンバー、流行の80'sスタイルを取り入れたディスコ・チューンなど、新たな試みともいえるサウンドに挑戦しているが、いずれもハッチャケたイメージはなく、しっとり滑らかな空気が漂う。キャリアの新章を迎えたリアーナを、ジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨらビッグ・ヒット請負人の面々が全力サポートした傑作だ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

05年に放たれたダンスホール・カラー濃厚なシングル「ポン・デ・リプレイ」がヒット・チャートを駆け上り一躍スター・ディーヴァへと変貌した、カリブ海はバルバドス出身の女性シンガー、リアーナ。所属レーベル<ROC-A-FELLA>の社長でもあるジェイ・Zがその歌声(とビヨンセ似のルックスにも、か)に惚れ込み、ティアラ・マリーに続いて送り出した逸材だ。まだ17歳(デビュー当時)という若年にして芯の通った歌唱性を持つ“キュートな大器”である。
同年発表の1stアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』は、ここ日本においてもゴールドディスクに認定、さらに第20回日本ゴールドディスク大賞“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞するなど大ブレイク。
翌年リリースの2ndアルバム『ガール・ライク・ミー』(06年)では、前作同様イヴァン・ロジャースとカール・スターケンをメイン・プロデューサーに起用。ロックとレゲエのマッシュアップ・ソング「キッシーズ・ドント・ライ」といった新たなスタイルにもチャレンジするなど、よりポップスの要素を強めたアルバムとなっている。中でも、“ダンスを通して自己表現とエクササイズ!”というナイキの女性向けプロジェクト“NIKE ROCKSTAR WORKOUT”のテーマ・ソングに起用された「SOS」は、ソフト・セルの大ヒット曲「汚れなき愛」をサンプリングしており、80年代初頭の暗〜いエレ・ポップを見事なまでにバウンシーなダンス・チューンとして蘇らせた。同曲は全米シングル・チャート34位から1位に急上昇、“TOP40圏内における1位への最大ジャンプ・アップ記録”を42年ぶりに更新した。
そして07年、デビューからわずか2年足らずにして3rdアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』を発表。ロングヘアをばっさり切り落とし、髪色もブラックに、意味深なアルバム・タイトルを体現するかのように、そのヴィジュアルもぐっと妖艶さを増した。無論、これまでのキュートでガ―リーなイメージを覆したのはその風貌だけではない。エッジの効いたハードなギターが鳴り響くロック・ポップや、スペーシーなアンビエント・ナンバー、流行の80'sスタイルを取り入れたディスコ・チューンなど、新たな試みともいえるサウンドに挑戦しているが、いずれもハッチャケたイメージはなく、しっとり滑らかな空気が漂う。キャリアの新章を迎えたリアーナを、ジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨらビッグ・ヒット請負人の面々が全力サポートした傑作だ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

05年に放たれたダンスホール・カラー濃厚なシングル「ポン・デ・リプレイ」がヒット・チャートを駆け上り一躍スター・ディーヴァへと変貌した、カリブ海はバルバドス出身の女性シンガー、リアーナ。所属レーベル<ROC-A-FELLA>の社長でもあるジェイ・Zがその歌声(とビヨンセ似のルックスにも、か)に惚れ込み、ティアラ・マリーに続いて送り出した逸材だ。まだ17歳(デビュー当時)という若年にして芯の通った歌唱性を持つ“キュートな大器”である。
同年発表の1stアルバム『ミュージック・オブ・ザ・サン』は、ここ日本においてもゴールドディスクに認定、さらに第20回日本ゴールドディスク大賞“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を受賞するなど大ブレイク。
翌年リリースの2ndアルバム『ガール・ライク・ミー』(06年)では、前作同様イヴァン・ロジャースとカール・スターケンをメイン・プロデューサーに起用。ロックとレゲエのマッシュアップ・ソング「キッシーズ・ドント・ライ」といった新たなスタイルにもチャレンジするなど、よりポップスの要素を強めたアルバムとなっている。中でも、“ダンスを通して自己表現とエクササイズ!”というナイキの女性向けプロジェクト“NIKE ROCKSTAR WORKOUT”のテーマ・ソングに起用された「SOS」は、ソフト・セルの大ヒット曲「汚れなき愛」をサンプリングしており、80年代初頭の暗〜いエレ・ポップを見事なまでにバウンシーなダンス・チューンとして蘇らせた。同曲は全米シングル・チャート34位から1位に急上昇、“TOP40圏内における1位への最大ジャンプ・アップ記録”を42年ぶりに更新した。
そして07年、デビューからわずか2年足らずにして3rdアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』を発表。ロングヘアをばっさり切り落とし、髪色もブラックに、意味深なアルバム・タイトルを体現するかのように、そのヴィジュアルもぐっと妖艶さを増した。無論、これまでのキュートでガ―リーなイメージを覆したのはその風貌だけではない。エッジの効いたハードなギターが鳴り響くロック・ポップや、スペーシーなアンビエント・ナンバー、流行の80'sスタイルを取り入れたディスコ・チューンなど、新たな試みともいえるサウンドに挑戦しているが、いずれもハッチャケたイメージはなく、しっとり滑らかな空気が漂う。キャリアの新章を迎えたリアーナを、ジェイ・Z、ティンバランド、ジャスティン・ティンバーレイク、ニーヨらビッグ・ヒット請負人の面々が全力サポートした傑作だ。

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.

このページを更新する

アーティストの方はご自身のバイオグラフィー、写真、動画などをアーティストセントラルで更新いただけます。

アーティストセントラルを始める

フィードバック

アーティストストアのよくある質問は こちら
このページについてのご意見・ご感想は こちら