Amazon Kindleでは、 ラヴクラフト全集 6 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
9点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に中程度の汚れ/摩耗. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫) 文庫 – 1989/11/24


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 121


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫) + ラヴクラフト全集〈5〉 (創元推理文庫) + ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))
合計価格: ¥ 2,073

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ランドルフ・カーターを主人公とする一連の作品、および、それと関連する初期のダンセイニ風掌編を収録。猫を愛する読者なら快哉を叫ぶ佳編「ウルタールの猫」、神々の姿を窺わんとする賢者の不敵な企てを描く「蕃神」、巨匠が遺した最大の冒険小説「未知なるカダスを夢に求めて」等全九編は、諸氏の魂を電撃のごとく震撼するであろう。

内容(「BOOK」データベースより)

20世紀最後の怪奇小説作家H.P.ラヴクラフト。その全貌を明らにかする待望の全集―本巻には、作者の分身たるランドルフ・カーターを主人公とする一連の作品、および、それと密接に関わる初期のダンセイニ風掌編を収録した。

登録情報

  • 文庫: 354ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1989/11/24)
  • ISBN-10: 4488523064
  • ISBN-13: 978-4488523060
  • 発売日: 1989/11/24
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 28,146位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 リーマン・クリストフェル VINE メンバー 投稿日 2003/1/19
形式: 文庫
ラヴクラフト全第6巻には,1~5巻とは少々趣の異なる物語が収録されています。1~5巻の話は,現実の世界で起こる恐怖がメインテーマでしたが,6巻で語られる話は,人間が眠っているときにだけ訪れることのできる夢の世界,<ドリームランド>での冒険が中心となります。夢と言っても,そこはさすがラヴクラフト,彼独自のアイデアがここにも広がって,普通の人が想像する夢の世界とはちょっと趣の違う,えもいわれぬ不思議な世界観を形成しています。<ドリームランド>の物語はいわゆるホラーではありませんが,ラヴクラフト世界を語る上で重要な部分ですので,ファンなら必読です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 新谷広規 投稿日 2009/3/28
形式: 文庫 Amazonで購入
私は《クトゥルー神話》には、あまり興味がないのですが、この《ドリームランド》物には興味があって読んでみました。これは、確かに、ダーク・ファンタジーを代表する傑作です。個人的には、『未知なるカダスを夢に求めて』と、『銀の鍵』2部作が面白かったです。『未知なるカダス』における《自分の手に余る、無謀な冒険は控えなさい》というメッセージと、『銀の鍵』2部作における《努力と経験を重ねれば、不可能も可能となる》という、二つの相反するメッセージが、興味深いです。《慎重》かつ《大胆》であることが冒険には必要であると、勝手に教訓を学んでしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック