この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユング心理学入門 単行本 – 2010/4

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 845
単行本, 2010/4
¥ 2,779


キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

現代にいたるまで多くの人を魅了してやまないユング心理学の本質とは.心の問題が問われる現代に大きな示唆を与えるユングの心理学の全体像とその生涯をわかりやすく説く.収録される『ユング心理学入門』は処女作であり,本巻は多岐にわたる著者の仕事の世界へのよき入門書ともなっている,必読の書である. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ユング研究所から日本人としてはじめてユング派の分析家の資格を得てきた著者が、京大文学部での講義をもとにまとめた、我国はじめての本格的なユング心理学入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 324ページ
  • 出版社: 培風館; 新装版 (2010/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4563052175
  • ISBN-13: 978-4563052171
  • 発売日: 2010/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 166,668位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 40年前に、このような書物が出版されていたのだ。その頃、私は、フロイトとユングを初めて読んでいたのだが、その訳者解題たるや、フロイトはまだしもユングをまるで理解していなかったと改めて思い知らされた。読書の楽しさとは、このような本に出会うことである。初めてユング心理学を学ぼうとする人が、この本から出発することには賛成できない。今は、もっと手頃な本があり、ある程度の知識をもって、読むことが望ましい。ただし、一気に読まなければ全体が把握できなくなる場合が多い。2日間で読了した。
 ユングの生涯は、「ユング自伝」を補填するものがあった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
畢竟、河合隼雄(ユング?)が伝えたいこととは・・・。

「治療は患者と治療者の全人格が演ずる相互作用以外の何ものではない…

治療者は患者の人格と共に、その人格も変化を遂げる。
両者の人格のぶつかりあいのなかで治療は進んでいく。…

治療者自身の自己教育、その人格の発達ということが、治療の中心課題となってくるとさえいえる。…

治療が相当進んだ状態としては、患者が相当確固とした人生観を確立して、強力な自我を作り上げ、しかもそれは固定したものではなく、より高次の統合性に向かう可能性に対して開かれていること、
無意識の力をつねに建設的な方向に統合してゆく構えのできている状態が考えられる。」
P250‾252
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
心理学をとりまくさまざまな境界領域に適応可能と考えられるユング心理学の草分けによる、
専門的な入門書です。

入門書とはいうものの、ある程度の臨床的知見が随所に入り込んで、
この分野の全体像をつくっているので、かなり総合性の強いものだと感じました。
まったく初学の方がこの本で学び始める場合、ある程度の前提知識があった方が読後感がよいと思いますが、
ストーリーなしのキーワード集のようなものでは、この分野の全体像が見えにくい難点もあるので、
塩梅がむつかしいですが、まずはユング派の分析なるものが、心的状態というものをどう捉え、
どんな視角・方法で分析しようとしているかを概略知っておくことをおすすめします。

その意味では、同じ精神分析という点で、フロイト派の方法にもある程度の知識や造詣が必要でしょうし、
無意識の分け方そのものが両者で若干異なる、ということも射程内でしょうか。
ユング派では、無意識をさらに個人的無意識と集合的無意識に分けるのが特徴的で、
心像のような表象の淵源を太古的な要素に探ろうとし、いわば一種の渦動の中から、
いろいろなイメージが出来してくる様相に着目しており、その生命的なありようをアニマなどと呼び、
その方向性いかん
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック