中古品:
¥ 3,248
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 S japan
コンディション: 中古品: 良い
コメント: チャプターリスト付き。 ケースに微小のスレがあるのでご了承ください。 その他特に外傷等ありません。 レンタル版ではありません。 国内送料無料、 Amazon対象商品。amazon.co.jp 配送センターより丁寧に梱包し迅速に配送致します。 Amazonカスタマーサービスセンターが年中無休でお問い合わせ対応を致しますので、安心してお買い求めください。 初期不良品は返品可能なので、そのような場合は迅速に対応させてもらいます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,600
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ユリイカ(EUREKA) [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 2,475より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 宮崎あおい, 宮崎将, 斉藤陽一郎, 国生さゆり
  • 監督: 青山真治
  • 形式: Black & White, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, フランス語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: KADOKAWA メディアファクトリー
  • DVD発売日: 2002/02/22
  • 時間: 207 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005V28H
  • EAN: 4935228994755
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 38,664位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   九州で起きたバス・ジャック事件で、辛くも生き延びたバス運転手・沢井(役所広司)と、乗客の直樹(宮崎将)、梢(宮崎あおい)の姉妹は、2年後に偶然再会したのを機に共同生活を始めるようになる。そこに兄妹の様子を見に来た従兄の秋彦(斉藤陽一郎)が加わり、疑似家族の様相を呈してきた4人は、やがて再びバスに乗って再生の旅に出た…。
   2000年のカンヌ国政映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞した、心に傷をもつ人間たちの再生の旅を描いた青山真治監督の秀作ヒューマンドラマ。3時間37分という長尺ながら、モノクロ映像を駆使して静かに人間をとらえる作者の真摯な眼差しゆえに、じっくりとその世界観に入り込むことができる。九州の方言を巧みに活かすなど、言語を大切にした演出もすばらしい。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

九州のバスジャック事件で、奇跡的に生き残った運転手と二人の兄妹の心の再生を美しいモノクロ映像で描いた、青山真治監督が贈る感動の人間ドラマ。役所広司、宮崎あおい、宮崎将ほか出演。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

29 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/14
形式: DVD
 小さな地方都市で起こったバスジャック、その被害者たちのその後を抑制したタッチで描いた作品。
 全編に流れる静けさが、全ての登場人物の生きている疲労感を現している。淡々と進む物語の中、その救いのない中に癒しを感じる事が出来る。それは、少し前にブームになった、自らの状況はそのままで気持ちのいい場所に心を持っていくようなものとは何のかかわりもない、むしろ傷みを少しずつ、繰り返し感じる事で安静に近づいていくもので、穏やかになっていく自分を発見する事になる。
 この映画は、私を少し変えた。今まで台無しにしていた生活を振り返り、今は自立するため勉強をはじめている。その意味で、この映画は個人的にとても大事で、忘れられない映画になった。皆さんにも、お薦めします。何かが発見できるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 煽尼采 投稿日 2005/2/25
形式: DVD
黙り込む兄妹に、時々優しく言葉をかける沢井、そんな三人の食事シーンが劇中に何度もある。互いに交わす言葉が無くとも、'食べる'という、生きる為に最低限必要な行為を分かち合う三人。家族だから食卓を囲むのではなく、自然に集まって食卓を囲むから、家族なのだ。対して、従兄というだけで突然、家に上がりこむ秋彦。彼が沢井のことを「分かる」と言うのは、自分が体験したことは理解したことだ、と短絡する人間だから。頭は良いが若い彼に対し沢井は、バス運転手としての日常の繰り返しが身に染み込んでいた。命の危険に遭ったあの事件は、日常の連鎖を断ち切った。秋彦が食事を一々記念撮影するのも、繰り返される日常という終着駅に立ったことがなく、まだ人生の途上だからだ。
長時間の、セピア色の単調な映像から、現実世界に帰った時、そこに無限の色彩が充ちていたことに、改めて気付かされる。単色に慣れた目が他の色を新鮮に感じるのは、単なる知覚の生理心理的効果でしかないが、物語がそこに精神的な内実を与える。何か大きなショックを受けた人は、周りの光景が写真のように平板に、非現実的に見えることがあるらしい(離人症)。バスジャック犯が言う「良い天気だったんだなあ」や、刑事が沢井に言う「犯人と同じ目をしている」という台詞は、犯人も三人と同じく、無彩色の世界に生きていた証だろう。誰もあの無彩色の世界へ隔離してはいけない。毎日、バスで
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tomomisaekiphd 投稿日 2006/1/28
形式: DVD
ユリイカ(eureka!」とは、ギリシャ語で「我発見せり」という意味だそうだ。バス・ハイジャックをされた運転手、沢井が、「他人のためだけに生きることはできるだろうか」「自分なりの生き方を探すには時間がかかるのです。自分にもあの子たちにも」と自問しながら、そのバスの乗客であった兄妹(直樹・こずえ)に寄り添いながら生きる様は、胸を打つ。「事件の場所から逃げても過去は消せない。人生とは続いていくものだから」と理解しながも、直樹とこずえが心を開き希望を見出せることを願って、バスでの移動生活に踏み切った沢井の優しさには涙した。ラスト・シーンは、沢井がこずえと一緒に暮せる日はもう長くは続かないだろうが、それとは対象的にこずえの心に光りがさす、印象的な構成になっていて、感動的。海外へも自信を持って薦めることができる真摯な作品のひとつといえよう。

 静と動のコントラストがくっきりとしているところも評価できる。幼少の頃から論争を好まず、「しょうがなか」が口癖の沢井が、この長い作品の中で1箇所だけ激しい感情を見せる場面がある。ここでの沢井の気持ちや言葉は、鑑賞者のひとりひとりの心に残ることであろう。すべての音を消して、淡々と続く映像だけをしばらく見せる箇所が2箇所ある。私はこのうち、同行者4人が牧場を歩くシーンが特に好き。「人生は重き荷を負うて行くが如し」の言葉を思い起こした。人
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hako 投稿日 2007/9/11
形式: DVD
すごくよかったと思います。
久しぶりに、いい映画を観たな、と思いました。
いい映画、というか、自分の好み・趣向にマッチしていたのかもしれません。

光のコントラストとか、セピアなのに(だからか、)光の採光が際立っていて、よくできているな〜と思いました。全部計算してとってるんだろうな、と思って、(どの位置にテーブル置いて、ここにランプ、この位置からカメラを撮って‥‥この位置に人が立って、その周りを真っ白なカーテンがぶわっと広がって‥‥とか)、そういうところが視覚にすっと入ってくるように、繊細に作られているなぁと思いました。
余韻とか空白がとても丁寧に作られていて、だから自分はそこがとても気にいりました。

 声なき声を聞く‥ っていう所がこの映画の一番面白いところではないかな、と思いました。

役所広司の苦しみも、宮崎兄妹の抑えられた悲しみ・苦しみ・嗚咽や愛情も、ずっと全体を通してヒリヒリ・ピリピリ感じられて、
意味のない所で泣いたり、こみ上げたりしました。

自分は韓国のキム・ギドク監督の映画も好きなので、(主要人物がほとんど言葉を発しない)、こういう映画はとても性に合っています。

しゃべるけど、しゃべらない役所広司と、ほとんど言葉を発しない
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック