Amazon Kindleでは、 ユニクロ帝国の光と影 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ユニクロ帝国の光と影
 
 
1分以内にKindleで ユニクロ帝国の光と影 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ユニクロ帝国の光と影 [単行本]

横田 増生
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (57件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,543 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,543  
文庫 ¥ 691  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ユニクロ帝国の光と影 + 一勝九敗 (新潮文庫) + ユニクロ思考術
合計価格: ¥ 3,368

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

馴れ合い、お膳立て一切なし。ユニクロの真の姿に迫る。執行役員が次々辞めるのはなぜなのか? なぜ、正社員が1割しかいないのか?

内容(「BOOK」データベースより)

「努力します」「考えます」は許されない。総崩れの日本企業のなかで、唯一気を吐く柳井正率いるユニクロ。だが、これまで、独自調査によって柳井経営を精査したメディアはなかった。なぜ、執行役員が次々と辞めていくのか?なぜ、業績を回復させたにもかかわらず、玉塚元一は、追い出されたのか。なぜ、中国の協力工場について秘密にするのか?柳井正の父親による桎梏とは何なのか?誕生の地・宇部から、ユニクロ躍進の秘密を握る中国へ、そしてライバルZARAの心臓部スペインへ。グローバルな取材であぶりだす本当の柳井正とユニクロ。

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/3/23)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4163737200
  • ISBN-13: 978-4163737201
  • 発売日: 2011/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (57件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 142,655位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
65 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 西山達弘 トップ500レビュアー
形式:単行本
今や押しも押されぬ超優良企業のユニクロを築き上げた柳井正について、通常のマスコミレベルでは知られない実像を取材した本。
 また、ユニクロと比較される世界的企業ZARAへの取材を通じて、今後の方向性のヒントも探る。

彼の生い立ちから、ユニクロ商法の原点である小郡商事にはじまり、フリースブーム後の停滞からの復活までを描く。

圧倒的な利益率に代表されるプラスイメージの一方、本書ではマイナスイメージとして中途採用した執行役員が次々と辞めていく理由や、店長の厳しい労働条件、従業員への分厚いマニュアルと軍隊式の指導、中国の製造工場への厳しい価格と品質要求。などを現地への取材で明らかにしていく。

興味深いのは、柳井がライバルとしているZARAの決算書と比較して浮かび上がる高収益の要因である。
 それは、販売管理費中の人件費比率の低さである。すなわち、正社員比率を低く抑えていることである。
 また、ユニクロと同様の大量の海外への見込み発注というビジネスモデルでのし上がってきたGAPの衰退と少量多品種生産で成長を続けるZARAを対比させることで、今後の方向性を示唆している。

ユニクロイコール柳井正であり、彼が築き上げたユニクロは、皮肉なことに現状のビジネスモデルを続けていく限り成長の限界を内包していることを明らかにしている。
このレビューは参考になりましたか?
40 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By be3osaka トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:単行本
社長の幼い頃の様子、大学時代のこと、結婚に到る過程、親がどういう人でありその親との関係はどうであったかが前半にでています。柳井氏のことが有名になり、業績もさることながら性格についてもどういう人であるかが知られるようになってきた今綿密な取材によるこうした紹介は読者にとって非常に興味がもてるはずです。

柳井氏が大学2年のときに100日間の海外旅行に出かけたこと、そこで奥さんと知り合うことになったことも紹介されていたりします。留学はするつもりだったようですが実現していなかったりします。ユニクロの海外展開が注目されていますが、学生時代からちゃんと海外に目が向いていことを知り納得してしまいました。

ユニクロの高品質・安価がなぜ成立するかというと、製造過程で万全の管理と外注単価を引き下げる努力があるからですが、この努力は工場や労働者にはいろんな問題を生みます。著者は中国の工場へ直接取材を何件もこなして書いています。ここは非常に興味を引かれました。強大な影響力をもったユニクロの工場担当者が意外とはっきりと回答している事に驚きました。日本で1990円で売られているものが中国では350円という単価で発注されているのではという推測をしています。その工場で働く労働者への取材記事も出ています。生産管理についても一端が明らかにされています。その部分だけでも読む価値
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
一言で要約すれば「柳井氏はワンマン経営者」という内容ですが
これはオーナー社長であれば当たり前のことであって、何もユニクロに限ったことではありません。
むしろユニクロの凄さや他社との違いも公平に書かれています。

「中国工場の不良品率は0.3%未満」「0.5ミリの糸くずも許さない」などの記述は
品質の確かさを示すものであって、決してマイナス要素ではないと思います。

個人的には、ユニクロのモデルの一つが香港のジョルダーノであることも
ちゃんと書かれているので、よく調査しているなという印象を持ちました。
(以前、柳井氏がそのように語っている記事をどこかで読んだ記憶があったのですが)

マスコミやユニクロ関係の本は「ユニクロはGAPの真似」と書くことはあっても、
アジア最大のSPAで店舗数がユニクロを上回るジョルダーノ
(今でも日本以外のアジアや、決戦場の中国市場ではユニクロよりはるかに知名度が高い)から
ユニクロが学んで参考にした、ということに触れられている本はあまりないので。
過去のありとあらゆる柳井氏の言動を調べて書かれた本だと思いました。
このレビューは参考になりましたか?
24 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 他人事とはおもえない内容 2013/3/23
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
月300時間以上働かされ、サービス残業禁止なのにせざるえない状況に追い込まれている
店長たちの話が生々しい。それが、現実とはいえおなじ小売業に従事するものからいって、
「ユニクロよ。おまえもか」という感じです。
ユニクロで買い物にしているとき、
そこまで疲弊している現場に気づきませんでした。
働く人が幸せになるより、利益が優先がする世の中なのです。
行き着く果ては、アメリカのようにパイロットでも食料配給権をうけとり、
年収200万で、睡眠時間を削ってとんでいる、恐ろしい合理化コスト削減の状況です。
他人事ではありません。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 ユニクロの強さと弱みがわかる
本書は店舗業務と代表発言の揚げ足を取るような内容だけではなく、
ビジネスの仕組みをに切り込んで、多岐にわたって書かれています。... 続きを読む
投稿日: 5時間前 投稿者: dooards
5つ星のうち 5.0 一言で言うなればユニクロ=柳井
低価格設定で利益を上げているユニクロという会社について興味を持ったのでこの本を読んでみました。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: びっちまん
5つ星のうち 5.0 ZARAとの比較が秀逸
ユニクロのこれまで、柳井社長の人となり、ユニクロ従業員の実態と俯瞰的にユニクロを見れる作りになっています。大人しかった少年が仕事で自信を持って独裁者になる、という... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 偏執狂的読書暦
5つ星のうち 3.0 UNIQLOという企業の情報を得る、という意味では有用ではあるが…。
2011年に刊行された作品の文庫版。
単行本刊行後にUNIQLOが文藝春秋社等を名誉棄損で訴えた後の追加取材などが新章として追加されている。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: TaroTaro
5つ星のうち 5.0 ユニクロらしさ=柳井社長
ユニクロの決算発表を見ていたらグループCFOがかつて長銀の担当者で、その破綻後マッキンゼーに転職した方でした。ユニクロと言えば数年前に部長、執行役員の中途採用で何... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 在星猫
5つ星のうち 5.0 ユニクロについてここまで書いた最初で最後の本でしょう
柳井氏が生きてる限りではですが。著者の前作も面白かったですが、
これも最高に面白いです。1章を使ってZARAの事を取り上げていますが、... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: 影
5つ星のうち 5.0 ユニクロ、真っ黒。
10月17日、本書及び、週刊文春の記事の内容が名誉毀損であると訴えていたユニクロは、
東京地裁において、その訴えの全てを退けられました。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: pamela hayes
5つ星のうち 5.0 とても勉強になります
伸びる企業の裏側?がとてもわかります。いい 悪いは個人の判断ですが、・・・日本の企業であってほしい。
投稿日: 9か月前 投稿者: 年寄りおやじ
5つ星のうち 4.0 冷静に、、、
かなり冷静にユニクロ柳井グループの内側を取材していると思います。読んで考えた事はこのような不景気で好調な企業は世間に良い波及効果を全く及ぼさないこと、人材派遣企業... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: ソララトフ
5つ星のうち 4.0 批判的な部分も多いですが、柳井さんはやはりすごい人
光の部分がクローズアップされることの多いユニクロの
どちらかというと、あまり取り上げられない部分を拾った本書。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: maru
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb0842930)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック