中古品を購入
¥ 417
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】見た目概ね良好で、折れや書込もなく良好です。ぜひご検討くださいませ。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヤンキー、弁護士になる 単行本 – 2004/1/21


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 158
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 105


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

関東一円にその名を轟かした暴走族「ブラックエンペラー」幹部は、偏差値38からいかにして這い上がり、大学入学、司法試験までも制したのか。

内容(「MARC」データベースより)

不良少年だからこそ、できることがある! 暴走族ブラックエンペラーで暴れまくり、家庭崩壊、喧嘩、シンナー、高校中退と非行の限りを尽したヤンキーが、自らの小さな成功体験で未来を切り拓いた経験を綴る。

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/1/21)
  • ISBN-10: 4062122200
  • ISBN-13: 978-4062122207
  • 発売日: 2004/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 157,204位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

最も参考になったカスタマーレビュー

163 人中、144人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/13
形式: 単行本
「少年の非行は病気のようなもので,時がたてばなおる。」
この言葉を見て幻滅しました。
彼らが非行を行う中で,
苦しめられた者達に対する反省が何もないからです。
生い立ちにおいて不幸なことがあったかもしれませんが,
それは他人に迷惑・被害を与えていいものではありません。
著者は暴走族に所属していたようですが,
暴走行為を行ったことにより,
迷惑を被った人たちに対する謝罪があったのでしょうか?
構成員同士の友情を強調して,
周囲に与えた害悪をコンシール(覆い隠している)しています。
ケンカを美化していますが,
暴力で物事を解決することを正当化しています。
法曹関係者がそれでいいのかと資質を疑います。
司法試験が難しい試験で,
それに合格するのに多くの努力をしたことは認めます。
しかし,正義を言う前に,
過去の行為の反省と犯罪助長集団(暴走族)の否定をすべきで,
その上で,メッセージすることです。
これでは,今著者のような「ヤンキー」達が誤った認識を持ってしまいます。
ある意味,害悪図書と言っても過言ではありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
63 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中澤裕子 投稿日 2009/10/30
形式: 単行本
金崎浩之『ヤンキー、弁護士になる』は珍走団(暴走族)を美化する無責任な書籍である。著者は本当の意味で更正したとは言えない。それは珍走団(暴走族)であった過去への反省が見られないためである。珍走団(暴走族)として不愉快な騒音を撒き散らし、善良な市民の静穏な生活を妨げたことへの反省や謝罪はない。存在するものは都合の悪い過去に目を背ける御都合主義だけである。
騒音によって受験生の集中を妨げたかもしれない人物が試験合格について語ることはナンセンスである。暴走族のケンカの感覚で一方に肩入れし、他方を叩きのめすことを裁判と考えているならば恐るべき勘違いである。弁護士法第1条は「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」と定める。このような人物が弁護士であることに疑問を感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あああ 投稿日 2006/2/17
形式: 単行本
大平光代さんの本に感動し、それに類似する本を探してこの本にたどり着きました。

不良という過去から脱却し、弁護士になった著者の偉大さには単純に尊敬しますが、本書の感想としては趣旨がわかりにくい。

著者の青春期について前半割かれているようですが、個人的なノスタルジーに付き合うほどつまらんことはないですよ

。はっきり言って、マスターベーション、自己満足でしかない。

法曹目指している当方としては、司法試験の奮闘期にページを割いていただきたかった。

この本読むくらいなら大平先生の本を再度読むことをおススメします。

あと全体的に読みにくい文章でした。

途中退屈でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
50 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モンテスQ 投稿日 2007/10/26
形式: 単行本
何を勘違いしてるのか解らないが、結局社会的評価、地位という序列で、勝ち組に入れて(または一発逆転できて)自慢、自己満足してるだけ。それ以外、内容が無い。ヤンキーやった人は他人に迷惑かけた分、ひっそりと社会貢献、奉仕にその生涯を捧げてほしい。決して表舞台に出るべきでない。過去の過ちを反省してるなら、少なくともそうすべき。たとえ現在の職業が弁護士だろうが医者だろうが、・・(タイトルへ戻る)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gongon 投稿日 2011/3/29
形式: 単行本
本として楽しむ分には良いと思う。読み物としては面白さは否定しません。
でも、この人に訴訟依頼はできないよね。やっぱり一般市民としては、自分の訴訟を託すとしたら、こういう経歴の人は敬遠するでしょう…。
しかも、彼の事務所は、安い費用で安請け合いして、ほとんど事務員に代行させている口コミも多いし…。
司法試験に受かった努力は認めるけど、結局、地位名声とお金のためなのね、って思われるような活動じゃ、著書に美辞麗句を並べても、説得力ないんじゃないかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
43 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みとか 投稿日 2009/3/22
形式: 文庫
この本のように元ヤンキーが弁護士になったとか、元暴走族が弁護士になったとかいう種類の本が時々出版されますが、本当に過去を清算しているのでしょうか。
元暴走族というのであれば、何十、何百人という周辺住民に多大な迷惑をかけてきたはずです。
最難関試験の司法試験に合格したからといって、過去に多くの人々に迷惑をかけた事実が消えるわけではありませんし、司法試験合格は免罪符でもありません。
多くの人に迷惑をかけたという過去の事実をさらっと流して、今は弱者のために働いているとか言われても、現実に過去に迷惑をかけられた人たちには何も還元されてない。
昔はご迷惑をおかけしましたと、バイクを走らせた周辺住民に頭を下げて回りましたか?
せっかく一般人ではなかなかなることができない弁護士という高い地位に就いたのですから、きちんと過去を清算して欲しいです。
むしろ、このような本を出すと言うことは、過去のことを全く反省していないのではないかと、一般人としては悲しくなってしまいます。弁護士という職業の人にはちゃんとしてもらいたいです。
大平光代さんなんかだと、迷惑をかけたのは結局は両親くらいなので過去の清算は済んでいるといえるでしょうが、暴走族とかヤンキーじゃあ迷惑のかけかたが全然違う。
所詮は、昔ヤンキーだったことをネタに本を売ろうという出版社の方針に従った本かも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック