Amazon Kindleでは、 ヤクザと原発 福島第一潜入記 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 315

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ヤクザと原発 福島第一潜入記
 
 
1分以内にKindleで ヤクザと原発 福島第一潜入記 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ヤクザと原発 福島第一潜入記 [単行本]

鈴木 智彦
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,620 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
通常10~14日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,620  
文庫 ¥ 605  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヤクザと原発 福島第一潜入記 + 福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!
合計価格: ¥ 2,134

これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

用地買収、作業員派遣など、原発はヤクザにとって「最大のシノギ」。実際に働いて初めてわかった福島第一原発という「修羅場」。

内容(「BOOK」データベースより)

「原発はタブーの宝庫。だからオレらが儲かる」某地方の暴力団組長。暴力団専門ライターが実際に働いたからこそ書ける原発という巨大なシノギ。命懸けの衝撃ノンフィクション。

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/12/15)
  • ISBN-10: 4163747702
  • ISBN-13: 978-4163747705
  • 発売日: 2011/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 20.1 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 113,003位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
106 人中、102人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 skeleton
形式:単行本
私は福島県が実家ですが,ムラ社会の記述など,私の肌感覚と非常に合致しており,東京からやってきた記者が,深く,かつ正確に,福島の実態を客観的に描いた本であると断言できます。ぜひみんなに読んで欲しい必読の書。

・線量と汚染度という2つの尺度に対して,線量だけを語り,汚染度を取り上げない報道の矛盾。
・原子力というタブーが,田舎特有のムラ社会を利用することによって守られつづけてきた実態。
・ヤクザの記述はほとんどおまけと思ってよいです。どちらかといえば原発ムラの核心を突くための手段として機能している印象。
・マスコミ側に立つ筆者自身が原発作業員となることで,マスコミの取材する側,取材される側を何度も行き来し,原発報道の真の姿を記述しています。また,作業員でなければわからないような管理区域のディテールが生々しく描かれます。
・東芝やIHIなどのプラントメーカー,実際に作業する第n次下請け業者,フクシマ50に実際にコンタクトをとり,その肉声を綴っています。現場でのヒエラルキーが,作業の劣悪な環境を強いる実態や情報の隠蔽を招いている事実は,マスコミの報道では知りえないところでしょう。
・終末にある一文,"原発を続けるべきか,脱原発にシフトすべきか,筆者は確証をもった答えを出せていない"が印象的です。筆者はあれだけひどい惨状
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
140 人中、131人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ルポルタージュの醍醐味 2011/12/19
投稿者 しげる
形式:単行本
10万円で造血幹細胞を採取、という話を興味深く読んだ内科医です。これは骨髄バンクでもごく普通にやってる処置ですが、放射線被ばくに備えて前もってやったというのが前代未聞なのでしょう。単に取材したのではなく、著者自ら入院して実体験を書いている、というのは文字通り体を張ってます(汗)。さらに原発作業もやって、結構な量を被ばくしているみたいなのですが、著者の健康は大丈夫なのでしょうか。。。。

著者はクリスチャンの家系ということで、ディテールの描写にとことんこだわった文章は、ミース・ファン・デル・ローエの言葉を思い出させます。空疎な机上の空論を百回聞くよりも、現場で実際に起きている現実の姿を知ることができたのは非常に有益でした。これだけ迫力あるルポルタージュを書けるライターがいるのであれば、日本もまだまだ捨てたものではないのかも。原発事故の収束が「直ちに」出来るとはとても思えないので、今回の単発で終わらず続編も期待したいです。

それにしても、原子力という最先端(に見えていた)エネルギー技術が、実はヤクザ的地縁社会にぺったり依存していた、というのは目からウロコでした。アトム世代にはショックです。他の国の原発作業員はどうなってるんでしょうね。
このレビューは参考になりましたか?
79 人中、73人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ヤクザだけじゃない 2012/1/2
投稿者 西の山賊
形式:単行本
「ヤクザと原発」というタイトルで、この本を選んだ人は、いい意味で裏切られると思います。
 著者は、ヤクザ取材を長年専門に続けてきましたが、その取材手法は、対象の中に飛び込み、その業界や組織の中で行動を共にしながら、精神まで一体となることはなく、あくまで外側から俯瞰して書くことができるジャーナリストだと、これまでの著書を読んで感じてきました。
 この本についても、その手法は十分に生かされ、原発を取り巻く人々の、それぞれの思い、立場、背景事情を、間近で見て、聞いて、そして書き記しています。
 題名となっているヤクザとの関係は、かつてから噂はあったものの、それを、原発周辺の地域の事情、東電をはじめとする企業、そしてヤクザ側の理屈から、単なる噂レベルではなく、実態はこうだったのかという納得いくレベルに高めています。
 この本は、それだけにとどまらず、造血幹細胞をめぐる医療界、政府の対応や、マスコミ報道の不十分さなど、2011年の3月からの原発をめぐる状況、問題点をえぐり出しています。
 そして何より、この時期の作業員達が、どういう事情や思いであの場所にいたのか。そしてあの場所で何が行われていたのか。吉田所長が会見で「死ぬかもしれないと思ったことが、2、3度あった」と発言し、世間を驚かしましたが、そこまで差し迫った状況ではないものの、決して死
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ぬらりひょん
形式:単行本
本書に限らないことですが、原発事故後に官製発表のコピーに飽き、現場もしくは関係者への取材を試みた書に対し、1970年代の反原発書籍を持ち出して「深みが無い」旨を指摘する方がいます。しかし、私は不完全であってもこのような試みも評価します。理由は、現時点では潜入取材を行ったものとしては長い部類に属すること、著者が発電所以外の場所を取材して全体像が見えてきた、と述べている通り、関係者の証言も含めて書名タイトルに偽りが無いからです。「とりあえず行って帰っただけ」である山岡俊介『福島第一原発潜入記』の出来の悪さに比べれば、全然違いますね。

また、この著者が誠実と思ったのは、自分の知識不足を認め、学習過程もある程度克明に記していること。カウンターの選定で最終的に日立アロカ製を選んだのは正解かと思います。

本書の批判で引き合いに出されるのはかつての原発労働ものです。確かに1年程度の準備期間を経て出版されたルポなども過去出ています。しかし、事故後の出版を考えれば、現地での労働が1ヶ月でも仕方ない(長期物は今後も書くチャンスがある)。現場でばれたことをマイナス評価とする方もおりますが、きっかけは著者が写真撮影を堂々と始めたからで、実質的な潜入取材打ち切りを決断していたことは容易に理解できます。

また、現場の作業環境が改善され始めた19
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 福島第一原発潜入ルポ
原子力の素人である著者が「売名行為」のために1F(福島第一原発)に潜入するために、放射線の勉強をしたり、コネをたどって就職先を探したり、身の安全のために造血幹細胞... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: 昼行灯
5つ星のうち 4.0 ゴシップ誌のような内容であるが、面白かった
福島第一原発に作業員として潜入した暴力団専門ライターによるルポルタージュ。原発が暴力団の最大のシノギである事実、原発事故処理作業の実態が赤裸々に綴られる。続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ことぶきジロー
5つ星のうち 4.0 エリートは手を汚さない
2011年初版。得体の知れない人達が世の中の一部に居る。利に敏い人達なので、原発、大型公共事業、地上げなどあらゆる処に居る。知らなければ知らない世界で良いが、偶然... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: bambooshoot
5つ星のうち 2.0 残念な本でした。
竜頭蛇尾。「潜入記」の部分はごくわずかで羊頭狗肉でもある。周辺取材の記述がわりと丁寧で、ディテールも書き込まれているだけに読後の失望感が深く濃い。
投稿日: 15か月前 投稿者: クローニン
5つ星のうち 4.0 原発で働いたレポート。読み物としておもしろい。
ヤクザと原発は何か密接につながりがあるだろうと仮定してガチで原発で働いてその関係を探っていく内容。... 続きを読む
投稿日: 21か月前 投稿者: セクシースヌーピー
5つ星のうち 5.0 売名行為というには貴重すぎる手記
同僚から勧められてシブシブ読んだ本。しかし、読むごとに引き寄せられてしまう内容だった。... 続きを読む
投稿日: 24か月前 投稿者: レシピマニア
5つ星のうち 3.0 潜入記
「ヤクザと原発」に関する話が読めるかと思ったら
副題の「福島第一潜入記」の話が多かったですね。... 続きを読む
投稿日: 2012/8/18 投稿者: 禁鳥
5つ星のうち 4.0 原発から唄が生まれない理由
暴力団とヤクザ(任侠)は違うと僕は思っている。
おそらく筆者の鈴木氏(1966生)も単語を使い分けているようにも思う。... 続きを読む
投稿日: 2012/7/31 投稿者: dream4ever
5つ星のうち 5.0 きれいごとでない、福島の作業員たちの現実
本書を読み始めての第一印象、それは「ヤクザ専門のライターなんていう仕事があるのか!(というより、成り立ちえるのか)」という驚きでした。... 続きを読む
投稿日: 2012/5/16 投稿者: チャックモール
5つ星のうち 3.0 ヤクザと原発、ふたつのタブーが交差する現場
鈴木智彦『ヤクザと原発ー福島第一潜入記』を読む。
著者はヤクザ専門誌「実話時代BULL」編集長を経て
フリージャーナリスト。... 続きを読む
投稿日: 2012/4/15 投稿者: yukio1118
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック