モーツ&... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • モーツァルト:レクイエム K626
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

モーツァルト:レクイエム K626 Import


価格: ¥ 2,216 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,662より 中古品の出品:5¥ 1,299より

デジタルミュージックストア
読書に最適な250円以下のコンピレーションほか、 クラシックの名盤も取り揃えたクラシックストアはこちら。 便利な無料音楽アプリも使える、 Amazon デジタルミュージック(MP3)ストア をチェック。


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • まとめ買いでお得 対象商品:「最大3,500円OFF PCソフト」。「最新版 Office」ほか ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • 【Amazonギフト券1,000円プレゼント 4/5まで】 Amazon買取サービス。DVD・ブルーレイ、ミュージックCD、TVゲームなど、まとめて5本買取成立で1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント。

  • クーポンキャンペーン 対象商品:「CDを買うとMP3クーポン200円プレゼント」 ※割引の適用、対象商品については必ずキャンペーンページをお読みください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報


商品の説明

内容紹介

ベームがモーツァルトのレクイエムに特別の思入れをしていたことは、残された録音(スタジオ2種、映像1種)がすべて素晴らしい名演であることからも明らかでしょう。この録音は、ワルターの第9からさらに一週間後、1955年11月20日にウィーン国立歌劇場で行われた公演。そのため当時のベームにしても一層気宇が大きく、合唱を雄弁に歌わせています。歌手4人も優秀、オーケストラともども、スタジオの中のガチガチの演奏ではなく、ヒューマンな味のある秀演です。レクイエムの前に、ブルク劇場の名優ラウール・アスラン(「未完成交響楽」

Product Description


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゴウキ 投稿日 2012/11/30
Amazonで購入
 カールベームのモツレク、モノラル版です。若き頃のベームの音楽に対する迫力と厳しさが伝わってきます。いわゆるウイーンフィルとの最終名盤のステレオレコードと比較すると、こちらの方がはるかに厳しく激しく先鋭的です。印象としては神に向かって叫びを上げている様相で、前者と比較して聞くと真に面白い。素晴らしい演奏力に違いがあるのです。
この録音は少し古く音も荒いですが内容は真に素晴らしい。とてもスリリングでマニアックなモツレクのナマ演奏です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヒューブーン 投稿日 2008/12/20
 晩年の名盤の陰に隠れてあまり話題に上らないのが残念だが、名演度合いではこっちの方が一枚上手だと思う。 
 同曲のCDは、今現在も活発に録音が行なわれているだろう。でももし僕が「名指揮者」だったとしても、この演奏を聴いた後に、モツレクの録音する自信はない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
Amazonで購入
 このレーベルはLive Recording なのであるが、
聞いていて何故Liveにこだわったのかよくわからない。

 一般にLive Recordingにする理由は主に費用の問題
なのであるが、アドヴァンティジが伝わってこないのだ。
 敢えて言えば最初のベームの演説?くらいではないか
と思う。

 演奏は素晴らしいしベームらしい迫力が感じられるが
、私自身はLive Recordingは好きではない。
 早い話が(その時代に生きていれば)そのコンサートに
行けば良いのだ。

 臨場感があるにしても聴衆の拍手というのはプレーヤー
を使用して聞いている側からすれば単なるノイズである。

 誤解の無いように言うが、私はこのレーベルを過去に
2枚購入して好きで聞いているがそれはLive Recordingに
価値を見出したからではない。
 あくまで内容としての演奏である。

 現代の指揮者はとにかくアップテンポである。
 それと比較すると(演奏の価値がテンポで決まるわけ
ではないが)、ベームの演奏は軸線が分かり易くて快感
である。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック