¥ 782
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
モンス&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モンスター (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/4/12


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

モンスター (幻冬舎文庫) + プリズム (幻冬舎文庫) + 輝く夜 (講談社文庫)
合計価格: ¥ 2,041

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

百田/尚樹
1956年大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 494ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/4/12)
  • ISBN-10: 4344418506
  • ISBN-13: 978-4344418509
  • 発売日: 2012/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (238件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 622位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/11/17
形式: 文庫
評価が高くてビックリしました。整形で綺麗になった途端に女に男が寄り付くという内容のないありきたりなストーリー。本屋で買うのは勿体無い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
115 人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ゆう 投稿日 2013/12/14
形式: 文庫
あまりのリアルさに驚きました。目と鼻を整形した私から見ても、整形に至るまでの心理描写や一瞬にして美しくなるわけではないという事実がよく描かれています。また、容姿が美しくない人間に対する周囲の反応や、整形後の反応も私の経験通りで、この筆者は自分が体験したんじゃないかと思うほどです。整形を否定している人にとっては、おそらく痛いところを突かれる小説だと思います。私はこの小説を通して、ブサイクな女性がどれほど辛い思いをしているのか、「顔よりも性格が大事」という台詞がどれほど心にもない嘘なのかを、皆さんに気づいてほしいです。本当に顔よりも性格が大事ですか?見るのも嫌なほどの不細工な女性に優しく接することができていますか?メイクや髪型などを変えて努力をしても報われない程の醜い容姿の女性にとって「努力で変われる」という台詞が虚しいものであることが想像できますか?この小説は人間の本当の心理が描かれている話だと思います。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
76 人中、56人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 るんたん 投稿日 2013/10/2
形式: 文庫
百田尚樹の本は初めて読んだ。本屋大賞をとっているからではないが、百田氏がテレビに出ていたとき、内容を聞いて面白そうだと思い手にとった。500P弱のボリュームに圧倒されたが、読んでみれば本を閉じるのがもったいないと思うほどにひきこまれて読んでしまった。何もせずずっと読み続けていたら1日あれば読み終わっていただろう。
小説も最近は読む気がしなかったのだが、久々に面白いと思える小説だった。全身整形を繰り返してして絶世の美女になってゆく主人公が、幼い日の夢をかなえるため涙ぐましい努力とともに壮絶な人生を歩んでゆく。やっと夢がかなった先にあったものは何だったのか…
ラストも主人公にとってみればハッピーエンドではあっただろうが、エピローグを読んでみて、初恋の彼が結局最後には彼女を見殺しにする形で逃げたことがわかり、一番ひどいのは彼じゃなかったのかと思った。これだけの長編でありながら、主人公をとりまく男たちも
個性的に書き分けられており、幼い頃、思春期の主人公のエピソードも現実とうまく絡まって、それでいてストーリーも整然として
スムーズな展開で読み応えは抜群である。解説にもあるが、いくつか出てくる整形手術の場面も嘘くさくなく、著者の取材力の高さも感じさせる。
この本をどう読むか。。解釈は自由だが、たぶん、美とか外見とか中身とか女性の価値とか深いこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/11/22
形式: 文庫
時間とお金の無駄です
つまらない内容でした
作者の薄っぺらさが伝わってきます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 がんすり 投稿日 2014/5/22
形式: 文庫 Amazonで購入
作品の中で気になったことがあったので調べてみました。日本人は生まれつき目に蒙古襞(もうこひだ)があり、これがない人は美容整形をしている、といったような内容があり、主人公が蒙古襞(もうこひだ)を切除する手術を受けた後、自宅でモデルなどの写真を見ると皆蒙古襞(もうこひだ)がないので「なんだ、みんな整形していたんだ」とほくそ笑むようなシーンが印象に残りました。そこで、蒙古襞(もうこひだ)とはいったいどんなものなのか、ネットで調べてみました。いくつかの美容整形医院のサイトなどに詳しく写真付きで掲載されていましたが、蒙古襞(もうこひだ)は日本人を含む黄色人種に多い、というだけで、全員が持っているものではありません。生まれつき蒙古襞(もうこひだ)がない人もいるそうです。ちなみに私は、鏡で確認したところ、蒙古襞(もうこひだ)がありませんでした。ですので、百田さんのこのような記述は、生まれつき蒙古襞(もうこひだ)がない人に対して「あの人整形してる」と思わせるような誤解を生みそうなので、もっときちんと取材をしていただきたかったなと思い、残念に思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
84 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かおり 投稿日 2013/6/20
形式: 文庫
流石、放送作家。まるで脚本のノベライズ。表現が浅くペラッペラである。
しかも、所々腑に落ちない所がある。
話の流れ上、無理に辻褄合わせているかのよう。
映像化ありきの作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
129 人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾン・ニューヨッコ 投稿日 2012/11/24
形式: 文庫
私が百田直樹という作家を知ったのはごく最近であり、最初に「永遠のゼロ」で衝撃を受け、こんな作家がいたのかと驚いた。その後は、この作家の本を次々と読むことになった。「影法師」、次いで「風の中のマリア」、それからこの「モンスター」にたどり着いた。

いずれの作品も人の生き方とか、社会の本質とか、そういったところに問題提起するような作者の視点があると思う。

この「モンスター」という作品は、なんというか「生きもの」の本質というか、理性とかではコントロールしきれない人間の「生きもの」としての性質というか性格というか、そんなものを浮き彫りにしてくれるような作品であると思う。

作品の終盤の盛り上がりは強烈で、中盤のもったりした感じが一気に消えていく。幾多登場する男性の中で「エイスケ」は少なくとも期待を裏切らないものを備えていたのではないかという気がする。「崎村」という登場人物もいい味出していると思う。主人公が最後、外見的には不幸に見えるが、内面的にはハッピーエンドといえる終わり方をしてくれたのが救いであった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック