通常配送無料 詳細
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
モンス&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モンスター (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/4/12

275件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

モンスター (幻冬舎文庫) + 輝く夜 (講談社文庫) + 風の中のマリア (講談社文庫)
合計価格: ¥ 1,892
ポイントの合計:  59pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

百田/尚樹
1956年大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 494ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/4/12)
  • ISBN-10: 4344418506
  • ISBN-13: 978-4344418509
  • 発売日: 2012/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (275件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,906位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

121 人中、106人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/12/3
形式: 文庫
男性が書くので仕方がないかもしれませんが女性の書き方が浅い。
この方の作品は初めてでしたので楽しみに手に取りましたががっかりでした。
もう少し奥行きのある作品だと思っていたのに残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
142 人中、121人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/11/17
形式: 文庫
評価が高くてビックリしました。整形で綺麗になった途端に女に男が寄り付くという内容のないありきたりなストーリー。本屋で買うのは勿体無い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
96 人中、80人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 清楚でスタイル抜群の後輩 投稿日 2014/12/5
形式: 文庫
ここまで低俗な読み物ははじめてです。東野圭吾には遠くおよびません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
86 人中、71人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夜間飛行 投稿日 2014/10/19
形式: 文庫
この作者さんは初めてですが、美容整形で絶世の美女に変身していく過程が面白そうで買いました。
一気に読めるエンターテインメントです。美容整形についても、ずいぶん取材して詳しく書いてるんだなと
感心しました。しかし、読後感は悪くすぐに本を捨てました。

ものすごいブスが美容整形で美女に変身して、復讐していくというストーリィはよくある設定で
おもしろいのですが、どうせエンターテインメントなんだから、主人公が大金を稼ぐ手段をほかのことにした方がよかったと思いました。

風俗嬢になってまで大金をかせいて、少しずつ整形していく・・リアリティはありますが、身もふたもない話です。
読んでで気分が悪くなりました。このあたりは男の感覚なんでしょうね。女性心理描写の限界を感じました。
たいていの女はどれほど大金がほしくても、そんな仕事をするのはかなり抵抗があるはずです。
まるでブスは風俗嬢になって大金を稼いで整形すればいい、とでもあおっているのか?と思いました。
小説なんだから、たとえば主人公が投資の才能があって、運よくFXや株式なんかで大金を稼いだという方が面白く
読後感がましだったと思います。

またいくら整形して美人になっても、年齢の限界があるので、
この年齢で絶世の美人というのは設定に無理があるようにも思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
148 人中、121人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 PUYOKO VINE メンバー 投稿日 2013/7/25
形式: 文庫
今をときめく百田作品で最初に読んだのがこれです。
で、以降どんなにベストセラーと言われても百田氏の
作品を読む気になれません。

元放送作家らしくマスを狙ったマーケティング的な
あざといテーマ設定や部数だけ取れればいいといった感が
見え見えの商売っ気にちょっと辟易します。

この作品はまず主人公の女性の描き方が本当に
女をわかってないというか、底が浅いというか、
いかにもオッサンが書きましたというリアリティのなさ。
主人公のファッションも時代遅れもはなはだしいし。。。

ただ、美容外科を熱心に取材したと思われる整形ノウハウや
医療情報はとても詳細に渡り「へぇ〜」っていう
興味を引きます。

作者の心が通っていない儲け主義丸出しの駄作ですね。

ストーリーの内容はレディコミレベルの底の浅さ。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
91 人中、75人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/11/22
形式: 文庫
時間とお金の無駄です
つまらない内容でした
作者の薄っぺらさが伝わってきます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
97 人中、79人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hanakatsu 投稿日 2014/12/11
形式: 文庫
中古で買えば良かったと後悔。
内容無し。結局何が伝えたかったの?美容整形の宣伝本にはいいかもね。
文章力無し。学生の頃にちょっと文章書くのが上手な子の作文みたいだった。
表現力無し。ブスブスって連呼(笑)
「私はブスだ。モンスターだ。」って書くのと、
「同級生の顔なんてよく覚えていない」「覚えているのは道路の染みやひび割ればかりだ」って書くのとだと
どっちが想像力を掻き立てるか。もっと表現力の勉強した方が・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
149 人中、120人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かおり 投稿日 2013/6/20
形式: 文庫
流石、放送作家。まるで脚本のノベライズ。表現が浅くペラッペラである。
しかも、所々腑に落ちない所がある。
話の流れ上、無理に辻褄合わせているかのよう。
映像化ありきの作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あたしはカモね 投稿日 2014/12/27
形式: 文庫
 さくさく読めるのですが、ぺらぺらな文という印象。
”シナリオのト書き”を読んでいるかんじでした。
文章に艶が無いというか、一本調子で、引き込まれることがありませんでした。
(テレビの製作スタッフに向けてストーリーや舞台設定を判りやすく伝えているふう)
この前に読んだ「プリズム」では、そんなふうに感じることもなく
最後までけっこう楽しく読めたのに・・・(因みにレビューはかなり辛らつな
評がおおかったですね)
 またストーリーもかなりのページ数を使っているわりに、起伏が無く
なんの意外性もなくだらだら続き、なんだかなあという残念なエンディングを
むかえます。まあ評判のいい作品もありそうなので何作か読んでみようと思います。

追記:整形モノなら唯川恵の『テティスの逆鱗』の
   ほうが数倍面白くて、数百倍怖いです!
 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック