中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s1549_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モロー博士の島 (創元SF文庫) 文庫 – 1996/9

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

海で遭難した主人公は一隻の貨物船に拾われる。船は各種の動物を積み、とある島にむかっていた。たどりついた先は、奇怪な住人たちが棲む絶海の孤島。しかも島の主は、十年前に消息をたった高名な天才生理学者モロー博士だった!博士が人知れず創造しつつある新しい生命の姿とは。現代の遺伝子改造を予見したウェルズの傑作を、綿密な校訂研究に基づき完全訳出した新訳決定版。


登録情報

  • 文庫: 238ページ
  • 出版社: 東京創元社; 〔完訳版〕版 (1996/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488607071
  • ISBN-13: 978-4488607074
  • 発売日: 1996/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 422,445位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 1996年は、H・G.・ウェルズ没後50年でした。その記念として発売されたと思われる本書は、同時期に再映画化されていた「モロー博士の島」(リメイク版映画の邦題は「D.N.A.」)を完訳したものです。どのへんが完璧なのかは、古い訳文と比較してないので分からないのですが、従来の訳文より確かに本文の量は多いようです。
 しかし、この本で、それ以上に目を引いたのが巻末付録の「H・G.・ウェルズSF作品邦訳書誌」です。なんと、これまで日本で訳されてきたウェルズのSF小説の一覧リストです。(雑誌のみ掲載も含む。児童書は除く)ウェルズは、思想家や歴史学者の顔もあるため、その全著書の完全目録とまではいきませんでしたが、それでも、SF系小説と全短編小説を網羅しているだけでも、十分すぎる資料でした。
 Wikipediaにも、ウェルズの作品リストは掲載されていますが、引用元が違うのか、この本のリストとは若干の内容の差異があるようです。と言っても、Wikipediaのリストでは、邦訳状況までは記されていませんので、そのへんを知る上では、こちらの本のリストの方が大いに活用できます。
 なお、本書の発売はもう20年ほど前なので、その後、ウェルズ小説の新しい邦訳本も増えておりまして、主立ったものでは、「イギリス恐怖小説傑作選」(ちくま文庫。2005年)や「盗まれた細菌/初めての飛行機」(光文社古典新訳文庫。2010年)などで、1996年以降に初邦訳されたウェルズの短編作品を読む事ができます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
難破した主人公が辿り着いたのは、獣人を創り上げることに心血を注ぐ狂気の科学者、モロー博士の支配する島だった………。
 SF作家としてのウェルズはまた、人類の進歩、健常なる文明の発展を説いた理想家としても知られていますが、常に幻滅を強いて来る現実と戦い続けなければならなかった彼はまた、その対極にあるものとも向き合って生きねばなりませんでした。ウェルズ29歳の時に発表された本書の原書は、流石に晩年の様な絶望的な焦燥感の色合いは薄いのですが、しかし全篇を覆う「退化」への恐怖、獣性が発現することよって人間が堕落してゆくことに対する強い嫌悪感は、『タイムマシン』等と並んで、後年のそうした葛藤を予言するものとしても解釈することが出来るでしょう。ダーウィニズムの及ぼした影響が、単に象牙の塔内部でのひっそりとした科学論争上のものではなかったと云うことが、直感的に理解出来る作品のひとつとしても、興味深い一書です。
 モロー博士が行っていたのは、外科手術によって生命を人工的に変化させ、その限界を極めると云うことでした。彼の行動原理は「知的情熱」に駆られてのことですが、ウェルズと優生学との関係を考えると、ここでの博士の立場は微妙な危うさを持って見えて来ることでしょう。当時(1986)は無論「遺伝子」の「い」の字もありませんでしたが、こうした、安易な生体操作に対する根強い不安と云うテー
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック