この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モルディブ―青い楽園 単行本 – 1999/7


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 242


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

白い砂浜、ヤシの木の生える海岸、鮮やかに咲き乱れる花。写真家・三好和義が初めて出会った記念すべき南の島の楽園・モルディブが一冊にまとまりました。ホテル、海中までが押さえられて、夢のような旅のできる写真集です。

内容(「BOOK」データベースより)

実際、この島で数日も過ごせば、誰もがもう都会には帰りたくないと思うようになるだろう。疲れていた体も、傷ついた心も、自然の中で元気を取り戻す。泳いだり、寝をしたり、寝そべって夕陽を眺めたり、気の向くままに一日を過ごす。そうすれば、気に入った映画を何本も見たような満たされた気持ちになっていく。この星に神様が用意してくれた特別な場所。それがモルディブではないだろうか。

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 小学館 (1999/07)
  • ISBN-10: 409394122X
  • ISBN-13: 978-4093941228
  • 発売日: 1999/07
  • 商品パッケージの寸法: 22.6 x 20 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 339,272位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ニシハラアザミ 投稿日 2003/12/6
形式: 単行本
 この本に出会って私は心に元気をもらうことが出来ました。
マイナスイオン発生器とか酸素チャージなんかに頼るよりも、ずっと癒されているっていう実感があります。
 でも、ただ青い海・白い砂の南の島の写真集じゃないような気がします。読んでいくうちに、著者やモルティブの人々のモルティブの島々をずっと大切にしていきたいという心が伝わってきます。
 今、地球温暖化でモルティブのような海抜の低い島々がだんだんとなくなってきています。もしかしてこの本を見て、自然環境について考え直すっていうのも大切なテーマなのかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/23
形式: 単行本
この本にレビューが今までついていないなんて!
青い世界に引き込まれて癒される素晴らしい写真集です。三好氏の写真集といえば屋久島とかホテル楽園とかが人気のようですが、私はこれを一押しします。
純粋にモルディブ観光でも良し、ホテル選びの参考にするも良し、疲れた時に青い色を見て心を休めるのも良し。あなたの枕もとにぜひ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ひろ君のママ 投稿日 2004/10/26
形式: 単行本
この写真集が発売されてから、モルディフ゛への旅行客が増えたそうです。買ってみて納得しました。あまりにきれいな海に感動しました。
ただいま子育ての真っ最中ですが、疲れたときに眺めると、ほっと一息でき、疲れが癒されます。
疲れている人、この写真集は必見です!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 チェル 投稿日 2006/6/14
形式: 単行本
三好さんの写真集は他にはRAKUENを持っていますが、RAKUENを遥かに越えるすばらしい作品でした。(もちろんRAKUENも最高でしたが!)

この本を見て気になるのがやはり青い楽園=青い写真が多いのかな?って所ではないかと思います。

実際、表紙のような青い海、空が多いです。

しかし、「楽園」の部分といいますか、それだけではないのです。

青い海や空との対比が目に痛いくらいの白く美しいビーチ、みずみずしいバナナ、可愛いヤドカリ、

夕暮れ時の風景、おしゃれな部屋の写真などなど…青以外の素晴らしい情景が沢山あります。

まるで南の島での生活のいい所をギュッと凝縮して日記にしたような?感じで、自分もモルディブに行ってみたい!と思ってしまう一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キウイ 投稿日 2006/10/8
形式: 単行本
三好さんのこの写真集で、初めて「モルディヴ」と言う名前の楽園があることを知りました。
何年前かにランドマークタワーで行われたこの写真集の写真展(なのかな?)で魅せられてその場で購入!
白い砂、深い色の海、どこまでも続く空、そして青、碧、蒼!
癒されますし、美しさにため息がでます。
写真と同じ世界に行きたくて、新婚旅行はモルディヴにと実際に行ってしまったほどですから(;^_^A
本当に眺めてるだけでも、心が洗われるようです!
おすすめです♪
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かいじゅう 投稿日 2002/6/1
形式: 単行本
三好和義、という人を知ったのは某旅行雑誌だった。
彼の写真集には必ず「楽園」という題が表される。
眼に飛び込んで来たのは、青い海と、風が吹く空と、真っ白な砂浜だった。
モルディブは、空から見ると海に浮かぶ、点々とした青い宝石だ。
その地にはゆっくりとした時間とさざ波の音が流れている。
写真集なので、文は三好氏のちょこっとしたコメントのみ。
そして写真が圧倒的に語っている。癒される。そしてその地に行きたいと望まずにはいられなくなる。
楽園へ。
この世界には、まだ綺麗な所が沢山あるのだと認識させられる。
彼はそういう写真家のなのだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック