通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
モモ (岩波少年文庫(127)) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 蘭商会
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品に付き表紙に少々のスレ、小口に若干汚れがあります。中身の状態は良好です。クリスタルパックで防水梱包の上、迅速に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モモ (岩波少年文庫(127)) 新書 – 2005/6/16

5つ星のうち 4.7 250件のカスタマーレビュー

すべての 4 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 126
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 328

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モモ (岩波少年文庫(127))
  • +
  • はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
  • +
  • はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
総額: ¥2,548
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   冒険ファンタジー『はてしない物語』の著者であるミヒャエル・エンデが贈る、時間どろぼうと風変わりな女の子の物語である。文章のみならず、モノクロの挿絵までもエンデ自身が手がけた本書は、1974年にドイツ児童文学賞を受賞。小学5、6年生以上から大人まで幅広い年代の人たちが楽しめる、空想力に富んだ小説だ。

   円形劇場の廃墟に住みついた、もじゃもじゃ頭で粗末な身なりをした不思議な少女モモ。黙って話を聞くだけで、人の心を溶かし悩みを解消させる能力を持った彼女のまわりには、いつもたくさんの大人や子どもたちが集まっていた。しかし「時間」を人間に倹約させることにより、世界中の余分な「時間」を独占しようとする「灰色の男たち」の出現により、町じゅうの人々はとりとめのないお喋りや、ゆとりのある生活を次第に失っていく。

   本書は、時間どろぼうである「灰色の男たち」とモモの対決というスリルあふれる展開を通して、1分1秒と時間に追われる現代社会へ、警鐘を鳴らしている。たとえば、モモの友だちだったニノが「スピード料理」の店を始め、大繁盛しているせいで他人とわずかな世間話をする暇もないというように、時間を盗まれた人たちは、現代の私たちの姿そのものとして描かれている。昨今、モモのように際限のない時間の中で、空想をめぐらせ楽しむ生活はほとんど忘れられている。子どもばかりでなく、忙しい大人たちにも夢見ることの大切さを教えてくれる本だ。(砂塚洋美) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

時間に追われ,落ち着きを失って,人間本来の生き方を忘れてしまった現代の人々.人間たちから時間を奪っているのは,実は時間どろぼうの一味のしわざなのだ….この一味から時間をとりもどし,人生のよろこびを回復させたのは,どこからか突然あらわれた無口な少女だった.時間の意味を問う異色のファンタジー. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 409ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2005/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4001141272
  • ISBN-13: 978-4001141276
  • 発売日: 2005/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12.2 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 250件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 malone VINE メンバー 投稿日 2009/3/16
形式: 単行本
貧しいが、のほほんとした温かい生活を送っている村人たちのところに、効率こそ大事だとささやきながら、無駄なことをどんどんやめさせようとする灰色の男たち、時間ドロボウがやってくる。
おっとりしたモモが、そんな時間ドロボウから奪われた時間を取り返して村人の生活を元通りにするために立ち上がるといったストーリー。
70年代に書かれた本であるが、時間に追われる現代人と資本主義の行く末を暗示するかのような世界観が描かれている。本当に大切なもの、幸せってなんなのか、そもそも無駄なことってなんなのか、
立ち止まってじっくりとそういうことを考えるべきときに感じるものがある本。

しかし、ミヒャエル・エンデがすごいのはもう一段上のレベルの概念、『時間とは意識である』ということを子供に語りかけるような言葉で説明しているところだと思う。

時間の国に住むマイスター・ホラがモモに語った言葉では、こうなっている。

「人間はじぶんの時間をどうするかは、じぶんできめなくてはならないからだよ。・・・・・時計というのはね、人間ひとりひとりの胸のなかにあるものを、きわめて不完全ながらもまねてかたどったものなのだ。・・・・人間には時間を感じとるために心というものがある。そして、もしその心が時間を感じ取らないようなときには、その時間は
...続きを読む ›
コメント 445人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
モモと同じくらいの年に初めて読んでから10年以上。
読むたびに心に響くメッセージが増えていきます。
読めば新しいメッセージをもらえることがわかっているので、
何かに迷ったとき、必ずこの本を開きます。
最近私がもらったメッセージは・・・
『本当にそうしたいのなら、待つこともできなくてはいけないね』
というマイスター・ホラの言葉です。
私の中でずっと大切にしているメッセージはベッポのこの言葉。
『一度に全部のことを考えてはいかん、次の一歩のことだけを考えるんだ。
すると楽しくなってくる。楽しければうまくはかどる。これが大事なんだ』
「モモ」は私の宝物です。
コメント 220人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「時間」という形のないものを
著者が目に見えるよう、書き記してくれたように思う。
心の眼で「時間」を数えなければ、たとえ何億何千万秒の「時間」という財産を
保有していたとしても それは「生きた時間」として使うことができないかもしれない。

効率よく建設的に費やした時間であっても
自分の中にほとんど残らない時間がある。
逆に感動し、笑い、誰かと分かち合った時間は
物質的な単位としては短くとも、深く心に刻まれることがある。

著書の中でマイスター・ホラの言葉が印象的である。
『そうじゃないんだよ、モモ。(中略)
 光を見るためには目があり、音を聞くためには耳があるのとおなじに、
 人間には時間を感じとるために心というものがある。
 そして、もしその心が時間を感じとらないようなときには、
 その時間はないもおなじだ。』 (p236〜)

『モモ』を読むと本当の財産とは
時間短縮や効率化などで生み出されるものではなく
一瞬一瞬でも濃厚に深く心に刻まれる経験・感動・思い出なのでは
ないかと思える。
そしてその時間はマイスター・ホラが語っているように、
心で感じ、心が動くことに
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
18の時に初めて出会い(ちと遅いかも)、それからほぼ20年ぶりに再読した。
止められなくなって徹夜。(読むの遅いのでなおのこと)
18の頃はファンタジー系の本に目覚め始めた時期で「おもしろい!」と思った。
40の今は「おもしろい」+「ただ『生きている』ことと『生きる』ということ」、
「肉体の死と魂の死」について考えている自分を発見した。
60、80になっても目がきくなら、私はたぶん読み直しているだろう。

「もし、あたしの心臓がいつか鼓動をやめてしまったら、どうなるの?」と聞く
モモに、やさしく答えたホラの言葉は胸に響き、何度もその数行を読み返しました。
おばあちゃんになったとき、私は何を感じているのか楽しみである
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック