Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
モナリザ・スマイル [DVD]
 
イメージを拡大
 

モナリザ・スマイル [DVD]

5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(2014年9月30日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ベストセラー100 アメリカのTVドラマセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。

Amazonインスタント・ビデオ

映画やドラマが今すぐお楽しみいただけます : Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるサービスです。 PCやKindle FireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジュリア・ロバーツ, キルスティン・ダンスト, ジュリア・スタイルズ, マギー・ギレンホール, マーシャ・ゲイ・ハーデン
  • 監督: マイク・ニューウェル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • DVD発売日: 2004/12/22
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00068D846
  • EAN: 4547462015242
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 68,416位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   1963年、名門女子大に助教授として就任したキャサリンは、大学の保守的な体質に驚く。いい教育を受けながらも、エリートの男性からのプロポーズこそ、女性の幸せだと信じる生徒たち。しかし、キャサリンの自立をうながす授業に影響を受ける生徒も現れるようになるが、彼女は恋人との別離など、私生活で岐路に立たされることに…。
   女生徒たちに“新しい女性の生きかた”を指導するヒロインをジュリア・ロバーツが演じる。名門女子校で画期的な授業を進めていきながらも、私生活ではひとりの女性として恋に悩む繊細さも見せ、表現力が豊かなジュリアならではの奥行きのある教師像を披露している。彼女が演じなければ地味な佳作で終わるところを、ジュリアのおかげで華やかな学園ドラマになったといっても過言ではない。共演はマギー・ギレンホール、キルスティン・ダンスト。60年代のクラシックな衣装も見逃せない。監督は英国映画『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェル。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

1950年代の名門女子大学を舞台に、伝統を重視する環境の中で“自分の頭で考えることの大切さ”を教えようとする一人の新任教師の姿を描いた作品。出演はジュリア・ロバーツ、キルスティン・ダンスト、ジュリア・スタイルズなど。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
41 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ジュリアよりも... 2004/10/27
By 一色町民 殿堂入りレビュアー VINE メンバー
形式:DVD
ジュリア・ロバーツ演じるヒロインに、あまり同調できないながらも、ジュリア・ロバーツ vs 若手軍団(キルスティン・ダンスト、マギー・ギレンホール、ジュリア・スタイルズ、ジニファー・グッドウィン)の熾烈な争いというより、彼女たちのそれぞれのドラマが面白かった。演技それぞれすばらしい!特に、ベティ役のキルスティン・ダンストの、めちゃめちゃ意地の悪いこと!! 
あと、全編に流れる50年代の音楽、パーティーシーンで歌われるダンスナンバーがとっても心地よかった。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:DVD
50年代東部の名門女子大を舞台にジュリア・ロバーツ扮する新任美術史教員が「大学卒業→ハーバード大の学生と結婚して子供を育て良き妻となる」というコース意外考える事すらなかった女子学生達を啓蒙していく・・・こんなお話かと思ったら結構違った。
ジュリアも恋や自分の生き方に悩む一人の独身女性教師。保守的だが優秀な女子学生達にやりこめられる事もしばしば。「優れた教育を受けた女性は主婦に納まらずどんどん社会進出すべき」・・・こうした考え方を押し付けてるフシもあり、完璧に尊敬出来るキャラではない・・が、そこが迷いながら共に成長していく女性としてとても魅力的。
今までジュリアロバーツの映画は、彼女が色んな意味で目立ち過ぎてしまう感があったけど今回はキルスティン・ダンスト初め、個性的な若い女優達にもまれて対等の存在感で、見ていてバランスが良いです。特に強硬な保守派キルティンの存在感は凄く、彼女の発言・行動から50年代の女子大生に求められていたものが伺えて面白いです。ロングスカートにカーディガンという50年代ファッションもそれぞれに可愛いらしくて見ていて愉しい。モナリザは何故笑っているの?見たままが本当ではない、自分で考え選び取る事が大事。見終わった後、「モナリザ・スマイル」というタイトルに思わず頷いてしまう。
只、ラストが皆に慕われる女性教師と生徒達の暖かい心の交流・・
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 今も昔も歴史は繰り返す 2005/6/20
形式:DVD|Amazonで購入
アメリカでほんの50年ほど前の話ですが、今の日本でも通じるものがあるように感じました。家庭に入る妻、母である女の役割の前に、一人の個性的な人間として可能性をおおいに開花させて欲しいといった大人のメッセージはいつも、なかなかストレートには子どもには届かないもの。先輩の世代には反発するのが後輩世代というか、人間の性っていうものかもしれません。それゆえ歴史は繰り返す。映画自体は、ジュリアロバーツの美しさ、若手女優たちの個性の輝き、流れるようなストーリー、秋模様や冬景色の美しさを楽しめました。ジュリア演ずるワトソンが「未来のリーダーを育てるのではなく、良妻賢母を育てる所だったなんて、私は騙された!」と怒鳴る気持ち、正直、わからないでもないです。演じた役者たち(キルスティン・ダンストなど)は昔の女性たちの気持ちに感情移入できなかったとインタビューで答えていました。ジュリア演ずる、美術教師の意図は、彼女の当時先進的な考えを押し付けるのではなく、経済的に恵まれ、学校へ行ける限られた未来ある若い女性たちだからこそ、頑張って欲しいという、純粋な素朴な願いだったと思います。けっして「専業主婦」や「母性」を否定することではなかった。「両立できるのよ、選択できるのよ」と何度かセリフで言っていましたが・・・女子学生はそのセリフの深い意味を理解してなかったですね。日本の若者たちにはまだ早いかなあ・・・。大人の女性はわかる映画だと思いますよ。
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By hannoh
形式:DVD
この映画に、「学校に革命をもたらした女教師の話」を期待すると
肩透かしをくらうかもしれない。
でも、これはそういう話ではなくて、当時の女子大の様子を丁寧に描いた作品なのだ。
美術の教師はいつの時代も、アグレッシヴかつエキセントリックなもの。
型破りというほどのことはない。むしろこの教師は知性派。
ジュリア・ロバーツはだから、一見エリン・ブロコヴィッチのような
積極的な女性を演じているかに見えて、
当時の学生たちの生活を案内するいわば狂言回しのような役割を演じている。
(とはいえジュリア・ロバーツだから、十分見所はあるんだけれど。)
私達は、50年代の女子大生がどんな風にキャンパスライフをおくっていたのかを、
じっくり観察できるわけ。
ところで、この映画をみながら思い出したのは、キューティー・ブロンド。
登場したセルマ・ブレア演ずる女子学生は、その生き方も考え方も、
そしてファッションさえ、この映画に出演する女性たちとさして変わりないようにみえた。
学歴その他の意匠は変わっても、米国東部の名門の女性の保守性って、変わらないのねぇ。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 2.0 女性版GTO。マギーさんがいい感じ♪
舞台の名門ウェルズリー大学。... 続きを読む
投稿日: 2009/10/5 投稿者: JH
5つ星のうち 5.0 古き良き時代
現代の死語、良妻賢母、崩壊寸前のお話。
共産主義モドキと原始資本主義と宿命の対決。... 続きを読む
投稿日: 2007/7/16 投稿者: masasige
5つ星のうち 4.0 50年代のアメリカの女性って・・・
昔の女の人は家庭に入ってこそが人生の幸せって思われていたのですね。離婚こそ本当にタブーで我慢して嘘でも幸せですって顔をして生きていくのが望みなの?って問いかけられ... 続きを読む
投稿日: 2005/4/16 投稿者: nagisakun
5つ星のうち 4.0 フェミニズムのプレリュード
... 続きを読む
投稿日: 2005/2/4 投稿者: 荒崎の夕凪
5つ星のうち 4.0 考えさせられる映画
ストーリー、衣装、美術、どれをとっても映画として一級とは言い難いのだが、見終わった後にとても考えさせられる。... 続きを読む
投稿日: 2005/1/21 投稿者: kotri
5つ星のうち 4.0 そんな女性もいたんだと。
ジュリアの存在感と潔い縁起は毎回ウキウキしながら見るんだけど、今回もチャーミングだった。... 続きを読む
投稿日: 2004/11/3
5つ星のうち 2.0 モナリザ国
いまさら何も目新しいことのないドラマ。血の通った先生が進学校のまじめな生徒やその堅い両親とトラブルを起こす、そして最後に心が通い合うというドラマは「いまさら!」と... 続きを読む
投稿日: 2004/11/2 投稿者: サルヲ
5つ星のうち 5.0 セピアな感じ
画面いっぱいにレトロな魅力があふれています。
内に熱い心を秘めた大人の女性、まだ若くて目の前の幸せだけで... 続きを読む
投稿日: 2004/10/29 投稿者: ぴよぴよぴよぴよ
5つ星のうち 5.0 女の幸せって、なんだろう。
ジュリア・ロバーツ演じるキャサリンは、
学歴・才能・やる気にあふれる、“輝くばかりの”独身女性。... 続きを読む
投稿日: 2004/7/8 投稿者: りおん。
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック