この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

モダン・レコーディングの冒険


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


Amazon の バグルス ストア

バグルスのAmazonアーティストストア
すべてのミュージックやディスカッションなど.

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (1997/12/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: トイズファクトリー
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B000007VMV
  • EAN: 4988061875774
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 441,225位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. モダン・レコーディングの冒険
2. ビートニク
3. 朱色の砂
4. アイ・アム・ア・カメラ
5. オンTV
6. 秘密都市
7. レニー
8. レインボー・ウォリアー
9. モダン・レコーディングの冒険(リプライズ)
10. フェイド・アウェイ
11. ブルー・ナイロン
12. アイ・アム・ア・カメラ(12インチ・ミックス)

商品の説明

商品の説明

BUGGLES Adventures In Modern Recording (1997 Japanese-only issue 9-track CD for the 2nd album originally released in 1981 includes I Am A Camera Lenny On TV & Beatnik lyrics booklet picture sleeve and Japanese insert plus obi-strip TFCK-87577)

Product Description

Japanese reissue of the band's second & final album (1982)featuring 'I Am A Camera' & three hidden bonus tracks: 'FadeAway', 'Blue Nylon' and 'I Am A Camera' (12in Mix).12 trackstotal. 1997 Flavour Of Sound release.

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぷみお 投稿日 2010/8/14
形式: CD
漫然と「幻のセカンドアルバム」と呼ばれることが多いが、実はわりとフツウに手に入る。1993年にHMVが「CDとして復刻して欲しいアルバム」を募集し、その投票の結果として、ジムコジャパンから初CD化、1994年にアメリカのMsi Musicから3曲のボーナストラックで再発、1997年にはその日本版をトイズファクトリーが出している。

が、さすがは別ヴァージョン攻撃であこぎな商売をなさるトレヴァー先生(笑)、この期に及んで本当にレアなトラックスをつけて、買わざるを得ない盤を出してきた。

ボーナストラックの10、11、12は上記の三曲ボーナス付きのリリースと同じもの。ただし、上記リリースの際はトレヴァー先生がマスターテープを発見できなかったということで、アナログ起こし。今回はどうやらデジタル・リマスタされている様子。

13〜19は本当に今まで一度も外に出たことのなかった正真正銘のレアトラックス。Videotequeは男女二人組のアイドル・ユニットDollerに提供されて、1982年に英国チャート第17位になった。we can fly from hereは、トレヴァーとジェフがYesに加入していた1980年のツアーでイエスの持ち曲として演奏されている(2005年にRHINOからリリースされたYesのライヴ集三枚組The Wor
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アナスタシア 投稿日 2010/2/26
形式: CD
「ラジオスターの悲劇」の大ヒットを生んだファーストアルバムに比べると存在感の希薄なセカンド、93年の6月にジムコレーベルからCDがリリースされたがすぐに廃盤になっている。リリース当時のセールスも不調だったことから失敗作と言う人もいる。個人的には、本作はかなり過小評価されていると感じている。「ラジオスター」のようなヒットはないが、フェアライトを多用した1曲目の「最新録音機材の冒険」やイエスで発表した「アイアムアカメラ(イエスのメンバーの余計な装飾を削除し悪夢のような不気味な雰囲気を醸し出している。)」、イエスの次のアルバムで発表する予定だった3曲目など、80年代前期にトレバーがプロデュースしたABCやアートオブノイズに共通するような音に仕上げられている。本作発表前にトレバーホーンとジェフダウンズはイエスに加入して「ドラマ」を制作しているが、イギリスで成功せず81年にイエスは解散した。トレバーは過去に大ヒット曲を生んだバグルスでセカンドを作って再度「ラジオスター」に匹敵するヒット作を狙い、自信を取り戻そうとしたに違いない。結果的には、トレバーが本作で失敗したことで、ポップスターではなくプロデューサーとしての活躍に方向転換をしたことにつながり、ABCやイエスの「90125」のプロデュース、ZTTレーベル等の成功に結び付いた。数年前にトレバーラビンと一緒にバグルスの3枚目を作っているという噂があった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 猫 大介 VINE メンバー 投稿日 2010/11/23
形式: CD
今回このCDを買い直したのはただただボートラの為です。
初めて聞きましたが興味深かったです。

"Fade Away"は"Future Times"っぽい箇所があり、
"I Am A Camera (12" Mix)"の入りは"Round About"みたいです。
このCDの後半は、"Drama"よりもずっと
プログレッシブ(イエス的)なんじゃないかという印象です。
04年のライブで「兄とよく聞いた。Yesは本当に好きなバンド」
とトレヴァーがMC入れてたのを思い出しましたよ。
ボートラと、本編の原曲、そしてDramaの曲と聴き比べると
面白いと思います。
"We Can Fly From Here"という大作もありますね。
美しい曲です。

さて以下は余談ですが・・・

もうずいぶんと昔の話。
佐野元春のサウンドストリートというNHKFMの番組で、
「バグルズの"Give me back my heart."」という曲がかかりました。
私はその曲が収録されてるアルバムが欲しくて、
さんざ探し求めましたが、八方尽くしても手に入りませんでした。
結局それは、私のカン違いか何かで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Mr. Smith 投稿日 2010/2/23
形式: CD Amazonで購入
バグルスの1981年のセカンドアルバムが、
今回UK本国からリマスター仕様で初CD化!

国内では90年代に2度ほどCD化されているので、
「幻」という表現が相応しくないかも知れないが、
海外で長くCD化されずにいたわけで・・・。

というのも大ヒットのファーストの発表後、
フランスのCarrereに移籍してからのアルバムだったので、
版権問題などで、発売されなかったらしい。

で、今回はZTTからの発売となり、
なんと10曲のボーナストラックを収録!

どうしても「Video Killed The Radio Star」のイメージしかない
一発屋としてのバグルスかも知れないが、
この幻と言われるセカンドを聴いているとトレヴァー・ホーンが
やってやろうとしたいたNWが何だったのか少しは分かってくるような気が・・。

是非おススメしたい1枚です!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック