ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。プロダクトコード、DLコード、帯、応募ハガキ等は付属しません。管理ラベルは簡単に取れます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,990
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,990 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,114 (27%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ange_himeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,990より 中古品の出品:10¥ 1,080より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]
  • +
  • ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]
  • +
  • ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]
総額: ¥9,848
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミカエル・ニクヴィスト, ノオミ・ラパス
  • 監督: ダニエル・アルフレッドソン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2011/02/04
  • 時間: 148 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004AM5ZRW
  • EAN: 4527427646759
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,634位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

■原作早川書房刊)
■2010年度日本国内3大ミステリー賞制覇!
「週刊文春ミステリーベスト10」第1 位
「ミステリが読みたい!2010年(早川書房)」第1位
「このミステリーがすごい!2010年(宝島社)」第 2位
■原作:「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士」(早川書房刊)
■2010年度日本国内3大ミステリー賞制覇!
「週刊文春ミステリーベスト10」第1位
「ミステリが読みたい!2010年(早川書房)」第1位
「このミステリーがすごい!2010年(宝島社)」第2位
■原作:「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士」(早川書房刊)
■2010年度日本国内3大ミステリー賞制覇!
「週刊文春ミステリーベスト10」第1位
「ミステリが読みたい!2010年(早川書房)」第1位
「このミステリーがすごい!2010年(宝島社)」第2位


【スタッフ】
監督;ダニエル・アルフレッドソン
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:ウルフ・リードベリ
製作:ソロン・スターモス
撮影:ペーテル・モクロシンスキー
衣装:シッラ・レルビー
編集:ホーカン・カールソン
音楽:ヤコブ・グロー


【ストーリー】
全世界で3300万部の売り上げを突破し社会現象となった、今世紀最大の傑作ミステリー最終章!
宿敵ザラチェンコと対決したリスベットは、瀕死の重傷を負い病院に運ばれた。ソ連のスパイだったザラチェンコの亡命を受け入れた政府の秘密組織<特別分析班>は、事件を通じて自分たちの存在が明るみに出るのを恐れ、関係者全員の抹殺をはじめる。その標的には、リスベットも入っていた。ミカエルは仲間を集め、彼女を救うべく陰謀に立ち向かう。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーグ・ラーソンのベストセラー小説を映画化したミステリー3部作の完結編。ザラチェンコと対決したリスベットは瀕死の重傷を負う。事件を通じて自分たちの存在が明るみに出るのを恐れた政府の特別分析班は、関係者全員の抹殺を始め…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2012/8/14
この3作目で大円団で完結します。1,2作ほどハラハラドキドキはしませんが、意外なほど味方が現れよかったと思って「完」という感じですね。事件の核心の部分はここまで隠蔽する必要があったのかと2作目までは思っておりましたが、冷戦下のソビエトに近い北欧の事情なんてこちらでは理解できないのかもしれないなと思ってみてました。
全然関係ない印象ですが、プリウスやレクサスが走ってますから新しい映画なんですが、なんというかちょっと古い感じがするのは、街全体が落ち着いているから(どんどん新しいビルに置き換わらない)なのかなと。またやはり光が少ないからずっとどんよりした雰囲気が充満している。さらにやはり人口が少ないから都市の風景でも人が少ないなと思った。
よっぽどのことがない限りスウェーデン映画なんて見ないですからね。
最後の「ありがとう」の台詞でいい感じで終わった映画でした。
それと入院中のお医者さんね、なかなかいい味出してましたね。彼が助けてくれたような気がします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2011/2/7
Amazonで購入
 突然ですがラストのあの風景は、夜明けそれとも夕暮れ?
物語が終焉を迎えた、という意味では静かな夕暮れ、
忌まわしい過去に幕を下ろし未来は変わる、という意味では夜明けかもしれない。
ラストにその風景が映し出された瞬間感じたことは、
あーなんて美しい街なんだろう…三部作の舞台はこんなにも美しかったんだ。

 その国に長く深く潜み続けた組織と父親の関係、それを解明するたことが
偽りで固められ閉ざされたリスベットの過去に光を当て、未来を取り戻す事になる。
 裁かれる彼女を助けるべく動き出す人々が、その裁判に尽力していきます。
そして過去同様、彼女を闇に葬ろうと動き出した組織も、過激で捨て身の攻撃に…
法の下、法の外での命懸けの駆け引きが、し烈を極めていきます。
148分の大作、ピンと張り詰めた緊張感は、最後まで緩むことはありません。

 法廷に出廷するリスベットの出で立ちは、
彼女は最後まで自分のスタイルを崩さず貫き通します。
それは何物にも屈しない、そうしないと生きてはこられなかった
今もそう言い続ける彼女の、声なき声の様。
 スタイルは変えない、でもほんの少しだけか関わりを残しておく…
彼女のそんなシグナル
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前2作に比べてほとんど派手なシーン、惨殺シーン、アクションシーンは無い。
しかし、3作の中でもっとも興奮する作品かもしれない。
リスベットは全編でほとんど何もしない。
でもこの物語の全ての謎と問題が解決していく。
最後にキュッと風呂敷が締まる音が聞こえる。

リスベットをとりまく、謎と陰謀の物語だが、
終わってみると、リスベット1人ではほとんど解決できない事ばかりで、
様々な人物が、それぞれの立場でリスベットと関わり合い、
事件が解決していっている。

この複雑な人物模様がよく描かれている映画だと思う。
原作の素晴らしさだけではない。
素晴らしい脚本とキャスティング。

低予算映画の傑作であり、お金をかけるだけが映画ではないことを改めて教えてくれる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
スウェーデン編三部作、ハリウッド編とも惹きつけられ
何回も鑑賞しました。
テンポが速くアクティビティなハリウッド編、じっくりストーリーに深みがある
スウェーデン編とも素晴らしいキャストです。

あえてどの作品が良いかと言えば、スウェーデン編の第三部
「眠れる女と狂卓の騎士」でしょう。

リスベットが最後に義兄に敵討ちをするアクション場面を除いて静かなストーリーです。
リスベットがハッカーとして仲間に支えられながら、
ミカエルの協力で巨大スパイ組織を
突き崩していく様がなんとも言えず現代的です。

ぶっ飛んだファッションも面白いです。

ミカエルもジャーナリストとしての知的な渋さを見せ付けてくれます。
裁判シーンと、良い医者に支えられながらリスベットが闘病生活を
克服していくシーンには無駄がありません。

リスベットは不幸な過去をすり抜けていくわけですが
ミカエルとの恋愛関係はサラリとした余韻を持って、美しいストックホルム
の景色に消えていくのがお洒落です。

付録に短いメイキング影像があります。撮影シーンはとても地味で
使っている機器も古いもの多いのが意外でした。
2 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック