買取サービス
最高買取価格

¥ 1,450
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ミレニアム・マンボ スペシャル・エディション [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ミレニアム・マンボ スペシャル・エディション [DVD]

3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 3,750より 中古品の出品:7¥ 1,800より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スー・チー, ガオ・ジェ, トゥアン・ジュンハォ
  • 監督: ホウ・シャオシェン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2003/11/27
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0000DKKVA
  • EAN: 4947127527187
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 99,366位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

台北から東京そして夕張へ。スー・チー、ガオ・ジェ主演、ホウ・シャオシェン監督によるひとりの女性の愛の喪失と再出発を描いた物語。

レビュー

製作総指揮: ホワン・ウェンイン/ジル・ジマン プロデューサー: リャオ・チンソン 製作・脚本: チュー・ティエンウェン 製作: エリック・ユーマン 監督: ホウ・シャオシェン 撮影: リー・ピンビン 美術: ホワン・ウェンイン 録音: ドゥ・ドゥージ 音楽: リン・チャン 出演: スー・チー/ガオ・ジェ/トゥアン・ジュンハォ/竹内淳/竹内康
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mizutanino 投稿日 2009/10/3
Amazonで購入
主演女優のスー・チーは、この作品がカンヌ映画祭で上映されたとき、自分の演技のふがいなさを見てショックを受けたそうだ。でもこの映画のスー・チーは、演技云々より、自分をコントロールしきれない女が持つ魅力を表現してるところがすごくいいんだけど。そんな彼女の回想形式のナレーションがよくて、中国語がわからないことが悔やまれる一方、わからないなりに魅力があって聞き入ってしまった。それと音楽とリー・ピンビンによる映像美。これら3つが作り出す映画の流れの素晴らしさを再確認したくて、たびたび見返したくなる映画です。

ホウ・シャオシェンは『憂鬱な楽園』、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』を撮り、この作品で一気に若者の世界へとシフトしたようだけど、この映画は、その意気込みがかもし出しているのかもしれないあやうさと、大作家としてのゆるぎない確信が見事に同居する世紀の傑作です。この映画の魅力の根源は、スー・チーとガオ・ジェのキャラクターと、その関係を描いたこと。ガオ・ジェが住むマンションにスー・チーが泊まり、ガオ・ジェが朝ごはんをつくってくれるシーンは、本当に最高。あのマンションは、実際にガオ・ジェが自宅として住んでいたんじゃないか?と思ってしまう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "コンバス" 投稿日 2004/7/1
映画館で見たとき、なんて不器用な人ばっかでてる映画なのかと思った。この不器用さが台湾の退廃的な若者集団や東京の無機質空間にうまくはまっている。スーチーのかわいさと夕張の雪のきれいさ、それだけでもみたあと気分よくなれます。西洋人が描く東京とは違う、台湾人が描く東京と北海道はいいもんだと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 茉莉花 投稿日 2007/1/26
ヒロインと二人の男性との関わりや
何故荒廃した生活を続けるのかその背景をもう少し明確に描いて欲しかった。
この辺りが省略されているために
主人公の男女が単なる破滅願望から反社会的な生活に陶酔している様に映る。
台北や東京といった大都市に糜爛した空気があるのは事実だが、
社会規範に沿った生活を送る人々は確実に存在し、
またその様な人々が多数を占めるのだから、
背景や動機の見えないまま刹那的な生き方をする人物たちを見せられても
観客としては理解も共感も出来ない。

ヒロインがレトロな映画の街である夕張を訪れる場面は
その限りでは魅力ある描写だが、
他の場面との有機的な関連性が今一つ感じられない点も残念である。

また、劇中ではヒロインのスー・チーがやたらと煙草を吸う描写がある。
これには彼女の苛立ちや不安定な心のありようを示すと同時に
その姿から都市的な退廃を体現する意図があると推察される。
だが、女性の喫煙から都会的な退廃をイメージする発想そのものが
既に一時代前の感覚ではなかろうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック