Amazon Kindleでは、 ミニスカ宇宙海賊 1 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,080
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミニスカ宇宙海賊1 (朝日ノベルズ) 新書 – 2008/10/21


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ミニスカ宇宙海賊1 (朝日ノベルズ) + ミニスカ宇宙海賊2 黄金の幽霊船 (朝日ノベルズ) + ミニスカ宇宙海賊3 コスプレ見習海賊 (朝日ノベルズ)
合計価格: ¥ 3,240

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙ヨット部の部活や、レトロ喫茶店でのアルバイトに忙しい元気印の女子高生・茉莉香は、突然、死んだ父親の部下だと名乗る二人の男女から、宇宙海賊船弁天丸の船長就任の要請を受ける。一世紀前、独立戦争のどさくさの中で発行された私掠船免状によれば、船長の死んだ海賊船の存続は、直系の継嗣による世襲が絶対の条件らしいのだが―。新シリーズの痛快スペースオペラ、華麗に登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

笹本/祐一
1963年東京に生まれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 306ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2008/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022739010
  • ISBN-13: 978-4022739018
  • 発売日: 2008/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 157,535位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

関連メディア


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

32 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 えんけれる 投稿日 2012/3/18
形式: 新書
 タイトルの通り、2012年1月から2クールにわたって放送の「モーレツ宇宙海賊」の原作です。
 そして、ラノベという分類ができる以前からそれに分類されうる小説を書き続け、かつ本格的なSF作家としても作風がほとんど揺るがない稀有な作家だと思っている笹本氏の小説です。

 まずアニメも、そして小説もタイトルからしてどん引きしがちなこの作品。
 じゃあってんで内容紹介を見てみたら、アニメのPVでは「マリカさま〜」と確実に痛い雰囲気、内容紹介も「女子高生が海賊船長になる」という状況ありきのドタバタ系の雰囲気、いわゆる萌え狙いの内容の薄い作品と思って間違いない外観ですね。
 第一巻あとがきにも書いているように、作者自身が狙った構造でありその効果は絶大であったようではあります。

 ということで多分上記の内容だけで多くの人がスルーする、したであろうという気配がします。

 ところが内容は、宇宙での展開を主体にし、緻密に組み立てられた近未来型の社会形態を踏まえたスペースオペラです。
 文章の中に萌え要素なんかはあるかな?程度でほとんどありません。
 「戦ってみなければわからない」的な戦術級の派手な展開などなく、戦略と戦略のぶつかり合いで戦いが始まったころには、動き始めたころにはもう勝敗は
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
73 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tukkn 投稿日 2010/1/2
形式: 新書
ミニスカパイレーツの題名と可愛くも勇ましいジャケ絵に惹かれて、手に取ったあなた。
キャラ重視のスペオペラノベか、と思って、プロローグを読んで購入を決めると、僕みたいに見事に裏切られます。

女子高生海賊と謎の美少女転校生、お嬢様学校のヨット部で宇宙帆船クルージングとかの設定の癖に内容はいたって地味で華がない。色気もない。

でも、そこが面白いから困ったものである。特に電子戦関係は興奮する。まあ、一巻だからなと思っていたが、そのままシリーズが進んでも華がないのはちと問題です。

なのでジャケット買いせず、早川SF買う気くらいの覚悟で買われたほうが楽しめます。今回はミニスカ姿はほとんど出てこないので、詐欺に会ったよう。ま、そういう客層は相手にしてないのかと思いますが、見た目がそうじゃないから誤認するね。

著者は結構おじさんなので、往年のアニメをパロったりするので、そういうのにクスッと笑える人には向いてます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しんこ 投稿日 2010/8/21
形式: 新書
この作者がこんなタイトルの作品を書くのが意外で、とうとうこの作家さんも萌え系に走ったかと思いましたが、読んでみたら、ものすごく硬派なしっかりした内容でした。

専門用語も多く、とっつきにくい部分もあると思います。

しかし、のめり込んでしまうのがこの作品の面白さ。

まだまだ始まったばかりなので、先の展開が楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 estimasa 投稿日 2012/6/29
形式: 新書
アニメを見て作品に興味が湧いたのでとりあえず一巻だけ買いました。
表紙と本のサイズがイメージしていた物とだいぶ違ったので書店で探すのには苦労しましたが...。

1巻の構成の巧みさには感服してしまいました。
主人公である茉莉香の海賊としての初仕事から始まり、最後の最後にアノ人が正体を明かして次巻に続く...と読後感もワクワクが持続しています。
専門的(?)な用語や空間的描写などが複雑で分かりにくい気もしましたが、アニメから入った人間としては“あぁ、あのシーンか”と思い浮かべることができます。
差し絵の雰囲気も一昔前のファンタジー小説のようで懐かしい少女マンガチックな感じですね。数が少ないのが残念です。
ただどうしても表紙のデザインが官能小説のように見えてしまうのは私が残念な大人に育ってしまったということなのでしょうか...。
装丁だけはもう少しなんとかならなかったの?と言いたくなりますが、カバーをかけてしまうか、茉莉香さんのミニスカ海賊衣裳を堪能して我慢しましょう。

アニメをみた人にも手に取ってほしい本です。
作品の世界感をじっくり濃密に楽しむことができます。
読み応え十分で1000円の値段は妥当かそれ以上にお安く感じます。
この作品とは長くつきあっていくことができるでしょう。
次巻も買って読みたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック