中古品:
¥ 2,180
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆通常配送料無料◆盤面状態良好(レンタル落ちではありません)◆年中無休24時間365日Amazonから安心、確実に素早く発送◆お急ぎ便(プライム)、コンビニ受取り、代引き・ATM・ネットバンク・Edy支払い可能。アマゾン専用在庫のため在庫切れはありません。安心してお買い求めください。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,241
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ミスト [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 8,850より 中古品の出品:13¥ 1,825より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, トビー・ジョーンズ
  • 監督: フランク・ダラボン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • DVD発売日: 2008/09/17
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (251件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B001CJ0UXA
  • EAN: 4988013616240
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 24,657位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

スティーヴン・キング×フランク・ダラボンが創造した、
今こそ世に問うべき映画!
驚愕のラスト15分、あなたはいったい何を見るのか…!?

■“人間の理性”に迫る、全世界待望の新作!
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』に続く、スティーヴン・キング原作×フランク・ダラ
ボン監督が贈る衝撃のミステリー大作!
■人間の《恐ろしさ、愚かさ、脆さ、そして残酷さ》を描いた2時間!
突然の霧に襲われ、店の外の霧に恐怖を感じる人々だが、極度の恐怖に、店内の人々が反発し、友人
、隣人の関係が突然崩れてゆく…。人間の脆さを凝縮した傑作。
■原作とは異なるオリジナル・エンディング
原作ではラストが提示されていなかったが、明確なラストが提示された。あまりに衝撃的なラスト!
映画史上かつてない震撼のラスト15分は全世界で議論を呼んだ!


[内容解説]
【あらすじ】
7月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だ
が、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街を覆いつくし、人々を閉じ
込めてしまう。時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケ
ットで“霧”に閉じ込められてしまう。他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の
何者かに襲われていく。立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデ
イヴィッド。そしてある決意を固めて絶望的な状況の中、父子での決死の脱出を図る二人の前につい
に姿を現す“霧”の正体とは? 人間は見たことのない恐怖の前にどのような選択をするのか。そし
て奇怪な霧に閉じ込められた人々の運命は?

[特殊内容/特典]
《音声特典》
●監督コメンタリー
《映像特典》
●キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
●日本版劇場予告編 ●US版オリジナル予告編集(3バージョン)
●Web用メイキング映像 ●ダラボンL.A.オフィシャルインタビュー ●スティーヴン・キン
グ インタビュー
●キング+ダラボン 2ショットインタビュー

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
監督: フランク・ダラボン
脚本: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング
音楽: マーク・アイシャム
Visual Effects: CafeFX社
【キャスト】
デヴィッド・ドレイトン役: トーマス・ジェーン『パニッシャー』
ミセス・カーモディ役: マーシャ・ゲイ・ハーデン『ミスティック・リバー』
アマンダ・ダンフリー役: ローリー・ホールデン『サイレントヒル』
ブレント・ノートン役: アンドレ・ブラウアー『ファンタスティック・フォー』
オリー・ウィークス役: トビー・ジョーンズ『ハリーポッターと秘密の部屋』

2007 The Weinstein Company

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督によるサスペンスミステリー。未曾有の嵐に見舞われたメイン州西部。やがて謎の濃い霧によって街は覆い尽くされ、住民はパニックに陥る。脱出を試みた人々は次々と何者かに襲われていき…。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 toy 投稿日 2011/3/12
外には濃い霧。
目の前で仲間が襲われ得体の知れない怪物への恐怖で身動きが取れず、
しかし、内には教祖まがいに先導され、次第と集団心理に犯された人への恐怖、
こうなると少数派は武力でしか対抗できないのが悲しい。

浅はか、疑念、裏切り、嫉妬、恫喝などなど。
怪物というよりもその状況に無理やり引きずり込まれた人間模様が、
メインのように感じました。

評価が分かれるのはおそらくラストでしょう。
これでもかというぐらいどん底を味わいました(笑)

まさに「絶望」が打って付けではないでしょうか。
個人的には違う視点で(政府など)描いたのも観てみたいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 K.T. 投稿日 2013/12/28
(ネタばれあり)

 あれほど勇気と覚悟をもってスーパーの外に脱出した彼らが絶望してそのような行為をとることはなんか不自然に思いました。
 まあ、無理に推測すると、彼らはスーパーの中の人々を押し切って脱出しましたが、自分自身の恐怖心、絶望感といった感情に負けてしまったということだったのかなと。
 最大の敵は自分自身の心というか。
でも、そういうことにしても、映画全体のバランスをみると不自然な感じが残りました。
 それにあれだけ恐ろしいモンスターが徘徊してるのに、一瞬の差で人々が大勢脱出出来てたのは、これまた不自然でブラックコメディか?といった違和感がありました。昆虫は生命力があり、けっこうしぶとそうなのに。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2009/7/28
Amazonで購入
 その小さな町を、そこに暮らす人々を、ある日突然襲った恐怖と悲劇。
それはまさにスティーヴン・キングの世界。
ついさっきまでそこにあった日常から、独特な恐怖感を放つ幻想的な世界へ。
非日常に陥った人達が繰り広げる、最も人間らしい?言動を見る。

 相手のわからない恐怖、閉じ込められた恐怖、先の見えない恐怖、
そんな中で集団ヒステリーに近い状態が最も恐ろしい。
無謀にも外に出て行く者、一歩も動かない,動けない者
意を決して脱出を図る者、こんな時そう多くの道はなさそうだ。
非現実的な世界とリアルな人間臭さが、更に不思議な空間を作り出します。
 そして最後に人間が下す決断、運命の分かれ道はどこ?
運の善し悪しは一体何で決まるんだろう?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CommenttnemmoC 投稿日 2010/7/18
生活用品を買出しに来た大嵐の被災者達をスーパーマーケットという広大な空間に押しこめ、霧と化物で閉じ込めることで作り出された閉鎖空間の絶望感や窒息感が素晴らしい。
そしてそこから生まれる人間の狂気を中心にこの映画は展開される。楳図かずおの漂流教室にそっくりだ。

劇中のセリフに"人間は本質的に狂っている-だから政治と宗教がある"というものがあるが、
この映画は、化物に人がむごたらしく殺されていき最終的に誰がどうやって生き残るのかということよりも、
化物に囲まれた人間達がどう狂っていくのかということをメインに描いている。
極限状態に陥り昨日まで狂人だと蔑んでいた宗教狂いの女を崇め奉りだす人々。
そして彼女を中心に派閥ができあがり、化物そっちのけに主人公達のグループと対立しだす。
この女教祖の描き方も面白い。彼女は自分をイカれた人間扱いし、殴りつけた女教師を
権力を掌握した途端に売女と罵り仲間を仕向けて真っ先に彼女を化物たちへの生贄にしようとする。
人間が最もらしい言い草で決めていく人間自体の要不要の基準というものはこうやって私的な感情論で決められるのだろう。

化物の見せ方もうまい。外はどれだけの範囲が安全であるか検証するために
大男の村人がロープを体に巻き
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 R7-D894 VINE メンバー 投稿日 2010/4/26
このラストは腑に落ちないなー。

いや、映画としてああいったオチにすること自体は別に非難するつもりは無いんですけどね、問題はそれに至る過程。
「え?もうあきらめちゃうの?」って思ってしまったために、彼らの選択&行動と、その後見た顛末が滑稽にしか見えない。
あれが本当にあのような決断を下す程の極限状態だったのでしょうか(周りをウジャウジャ包囲されていたならまだ理解できる)。

「主人公が追い詰められて取った行動」ではなく、「監督&脚本家が主人公に取らせた行動」というニュアンスでしか
受け取れなかった時点で、私の視点は既に映画の中にはのめり込んでおらず、完全に冷めた視線で見届けるしかなかった。
通り過ぎるトラックを見てもドッキリの看板持ってネタばらしするのと同レベルに感じました。

終盤まではなかなか引き込まれて楽しめただけに、ラスト(に至る過程)だけが残念でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック