Amazon Kindleでは、 ミカドの肖像 (小学館文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
18点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★安心で迅速なAmazon倉庫より直送致します★多少の使用感(折れ)はありますが良い商品です。カバーや外装をアルコール消毒済みです。商品はクリスタルパックにて梱包致します。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミカドの肖像 (小学館文庫) 文庫 – 2005/3


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,008
¥ 1,008 ¥ 339


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ミカドの肖像 (小学館文庫) + 昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
合計価格: ¥ 1,708

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第18回(1987年) 大宅壮一ノンフィクション賞受賞

内容紹介

西武王国・堤氏支配の仕組みを解き明かす!
昭和末日本を騒然とさせた、あの名著がいま甦る。天皇と日本人、伝統とモダン。近代天皇制に織り込まれた記号を、世界を一周する取材で丹念に読み解いた、渾身の力作。プリンスホテルはなぜ旧皇族の土地を次々と取得し、一大グループをつくり上げることが出来たのか。その謎と西武王国・堤家支配の仕組みも解明。なぜ、いま、コクド(旧・国土計画)による西武鉄道支配が問題になってきたのかが手に取るようにわかる。第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

登録情報

  • 文庫: 887ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/03)
  • ISBN-10: 4094023127
  • ISBN-13: 978-4094023121
  • 発売日: 2005/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 90,233位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 平和 投稿日 2006/6/7
形式: 文庫 Amazonで購入
帝を「ミカド」と表記し、ミカドに関連するすべての事柄について研究されています。800頁近いボリュームのある本で、悪く言えば「ミカド」についての卒業論文を読んでいるようです。しかしその内容と調査範囲は非常に広範囲で圧倒されます。

猪瀬氏の本の醍醐味はこの調査能力とヒアリング能力に尽きると思います。それらのエッセンスが万遍なく鏤められているのが本書です。個人的には西武線沿線に住んでいることもあり皇族と堤康次郎との関係を非常に興味を持って読み進めました。その他、この本を読めばミカドを中心として日本国民の習性や宗教観が明確に分かってきます。本書はミカドを媒介とした日本国研究書と言っても過言ではないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 パパぱふぅ 投稿日 2012/2/14
形式: 文庫
本書は、東京に居を構えた明治大帝以降の天皇制について禁忌(タブー)をかいくぐりながら、時には歴史を遡り、時にはアメリカまで取材し、『週刊ポスト』昭和60年1月18日号から8月1日号まで連載された内容を加筆修正したものである。800ページ近い分厚い本で、今のようにインターネットもない時代によくもこれだけ調べたものだと、まず驚かされる。著者は作家で、今や東京都副知事でもある猪瀬直樹さん。

冒頭で、東京の中心、つまり皇居が「空虚」であることに触れられているが、本書出版から四半世紀を過ぎた今も、われわれは皇居については知らないことばかりだ。
私は皇居東御苑を訪れたことがあるが、その隣で陛下が暮らしておられるという感覚が全くない。皇居内堀を一周しても、そこに天皇ご一家が住んでおられるとは想像もできない。
Googleマップを見れば御所があるのは一目瞭然なのだが、現地に行ってみると、なぜかその存在が霞んでしまうのだ。建物の配置がそう仕組まれているのか、それとも日本人としての本能が天皇という存在を意識外に追い出そうとしているのか‥‥。

本書には初めて接する知識ばかりが収められている。
西武グループが旧皇族の土地を買収していたのは知っていたが、今上天皇が軽井沢の定宿にしている「『千ヶ滝プリンスホテル』はホテル業の登録さえして
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yotsukado 投稿日 2013/1/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
本の内容は,「ミカド」だけでなく,西武グループの成り立ちなども分かり非常に面白い。
が,ただただ,iOS用にKindle版を購入したのは失敗!
兎に角,脱字が多すぎ!まるでクイズか何かでも答えるために読んでいるようなページまである。
これではだめでしょう!出版元さん。早急にアップデートすべき。
Kindle版電子書籍を初めて買ってこれでは…。しばらく購入は控えたいと思います。

内容に対しては☆5的な感想ですが,如何せんKindleの脱字の多さに☆−2で☆3でよろしくです。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 張扇 フォード 投稿日 2004/11/23
形式: 単行本
18年前に出版された本ですが,今世間の話題になっている「西武鉄道グループ&コクドの経営透明化」と「天皇制」(紀宮さんの婚約および継承問題など)の両方について興味のある方にとっては、一挙両得といえる内容と思います。これら二つに関連する報道に接するとき、その事実背景を知る事によって一層理解が深まると思います。
値段は少し高いかな?とも思いますが、その代り分量は多く読み応えがあります。テーマによっては幾分冗長と感じる部分もありましたが、私にとっては初めて知る内容ばかりでしたので、エンターテイメントとしては充分楽しむ事ができました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 showon VINE メンバー 投稿日 2009/5/6
形式: 文庫 Amazonで購入
天皇に関する書物はたくさんあるが、「ノンフィクションで」、「現代的で」、「好奇心をそそるモノ」と言われると滅多に出てこないのですが、本書でヒットしました。

「原宿には天皇専用駅舎がある」なんて雑学的な事から、明治天皇の写真が実は肖像画だった事、そして明治政府が天皇の地位を構築するためにどのような腐心をしたのかなど、歴史読み物としても十分耐えられる内容になっています。

本書に、立花隆氏の、「天皇と東大」を併せて読めば、いっぱしの天皇通になれると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/3
形式: 文庫
「正史」には載らないもう一つの「日本史」というべきでしょうか。「教科書が教えない日本史」なんかよりも、よっぽどスリリングで本質を突いています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/3/8
形式: 単行本
 西武の元会長が逮捕されたとことで、改めて読んだが、最も強烈な印象が残っているのは御大の父親、堤康次郎の姿。東急グループの創始者である五島慶太が強盗慶太と呼ばれていたのに対し、西武の堤康次郎はピストル堤が異名だったという。なんともすさまじいあだ名だが、こういう名は永井道雄元文部大臣によると、東京大空襲時に「花火が散るように夜空が赤く染まっていた空襲の日の出来事だった。地下室で、電話を何台も並べて、ひとつの受話器に顎をあてて大声で交渉しつつほかの受話器のダイヤルを片手で回して土地を買い漁っていた阿修羅のごとき男」(p.87)というようなあたりからつけられたのであろう。
 そんな姿も息子から見るとこうなる。空襲の時「みんなカネを持ってよそに逃げようとする。カネが信じられない者はモノに換えた。しかし、土地を買うという発想はなかった。おやじは、逆に日本がダメになっても逃げないで都内の土地を買えるだけ買おう、と。製造業ではないのだから、土地を買っておけばなんでもできる、という考えでしょう」(p.126)。しかし、空襲で焼け出された人たちが広大な自宅に入ろうとするのを、いったん入られたら住み着かれてしまうと大変だといって追い出したりする。
 実は西武のことはとっかかり。
 メインの天皇制の問題については橋川文三の弟子らしくキッチリ分析している。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック