中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり 中古の為、細かい擦れやシミ・ヤケ等の使用感があります。読むぶんには問題ございません。特に汚れやシミ等が目立つ場合は説明文頭に記述します。使用感の程度はコンディションを参考にしてください。※特に記述がない場合は帯・付録類は付属しません。クロネコメール便又はゆうメールで、中身が見えないよう・透けないよう梱包し、迅速に発送いたします。ヤマトセンター留め・郵便局留め可能です。当店は実店舗です、古物商の資格を保有した店主自ら検品・出品・クリーニング作業を行っております。■万が一商品に不備があった場合は、商品の状態をご連絡ください。責任をもって返金させていただきます 古物商許可 【鹿児島県公安委員会 第961020041152号】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミカドの国の記号論 単行本 – 1991/6


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

大宅賞受賞作『ミカドの肖像』でイデオロギーなき天皇制的秩序の実態に迫った著者が、日々のニュースに表れた「通俗の構造」から日本人を記号論的に解き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

「新天皇家の家庭モデル」「校則と学校空間」「政治家の涙」「甲子園に流れる校歌」「移民と難民」「国家の先生たち」「奇跡の日本論」…。大宅賞受賞『ミカドの肖像』でイデオロギーなき天皇制的秩序の実体に迫った著者が日々のニュースに表われた「通俗の構造」から日本人を記号論的に解き明かす。

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック