数量:1
マーラー:交響曲第6番 (Mahler: Symp... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon出荷書籍同時購入で送料無料!】帯・応募券・シール・カード・プロダクトコード等の封入物は付属しない場合があります。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用で
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 3,000MP3アルバムを購入

マーラー:交響曲第6番 (Mahler: Symphony No. 6; Piano Quartet) Import, Hybrid SACD, SACD

5つ星のうち 2 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,208 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 2,313より 中古品の出品:4¥ 1,186より
Music商品とスピーカーがセットでお得
CD・音楽DVDなどとBluetoothスピーカーがセットでお得
CDや音楽DVDなど音楽商品とセットで買うとUEの防水・耐衝撃・高音質Bluetoothスピーカーが10%OFF。6/2まで。 セール会場はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン:【まとめ買いで10%OFF】 Ultimate Earsスピーカーとミュージック関連商品をまとめて買うと、Ultimate Earsスピーカーがお得に。6/2まで。詳細はこちら


登録情報

  • CD (2010/8/9)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Hybrid SACD, Import, SACD
  • レーベル: ONDINE
  • ASIN: B000HRMEM8
  • EAN: 0761195108451
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 409,258位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
- アーティスト: The Philadelphia Orchestra
23:38
アルバムのみ
2
30
- アーティスト: The Philadelphia Orchestra
13:19
アルバムのみ
3
30
- アーティスト: The Philadelphia Orchestra
17:22
アルバムのみ
Disc 2
1
30
- アーティスト: The Philadelphia Orchestra
30:53
アルバムのみ
2
30
- アーティスト: David Kim
Piano Quartet in A Minor
- アーティスト: David Kim
13:23
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

Mahler himself called his Sixth Symphony the "Tragic," and described it as posing "riddles" accessible only to those who had "digested" his earlier symphonies. As always, he made extensive alterations not only during rehearsals but also after the publication of the score and the 1906 premiere, producing two authentic versions; the existence of a third is in dispute. He revised the orchestration, including the number of the famous hammer strokes, and changed the sequence of the two middle movements, causing still unresolved confusion and dissention. This recording opts for the sequence of the first version and the instrumentation of the second.

Cast in four movements, the Symphony is purely orchestral and relatively traditional; however, its initial vehemence and ultimate bleak despair contrast starkly with Mahler's successful personal and professional life at the time. His wife later explained this with dubious autobiographical and symbolic interpretations involving herself, their children, even premonitions about Mahler's own health and the still undreamed of future European catastrophes. She also described it as his most personal, deeply felt work, recalling that they both wept when he first played it for her. Indeed, its emotional immediacy, its extreme mood swings--from driving violence to melting lyricism, from playfulness to bitter parody, from triumph to hopelessness--seem to mirror Mahler's mercurial, tormented personality.

The performance is austere, intense, and expansive, but never sentimental, lush, or really warm, even in the profoundly moving Andante. The climaxes soar ecstatically, the Scherzo is diabolical, the opening menacing, the trills and hammer blows terrifying. The single-movement Piano Quartet, a student work, is mostly of historical interest, thematically, harmonically and texturally so primitive that the metamorphosis to Mahler's "real" style appears quite miraculous. The orchestra's fine principals with Eschenbach as pianist do their imaginative best, adding dynamics, rubatos, drama, and excitement. --Edith Eisler

アーティストについて

エッシェンバッハ/フィラデルフィア管


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
私の好みとはかけ離れていました。

まずは、頻出するテンポ落とし。
テンポを落として、いかにも情感を籠めてますっていうことなのでしょうが、申し訳ないけど、やり方が古いでしょう。

それと、薄い響き。
マーラーのオーケストレーションの室内楽的な緻密さを表現しているってことなのかな?
私には非力に響くだけで、音楽も持つ推進力がそがれてしまっているとしか聞こえません。

最終楽章は、やや盛り返しているようですが・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック