朧村正 ... がカートに入りました
+ ¥ 340 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
買取サービス
最高買取価格

¥ 1,390
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,795
通常配送無料 詳細
発売元: ゲームブリッジ 【旧まっすぐ買取センター】
カートに入れる
¥ 5,797
29pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: Hjc shop
カートに入れる
¥ 5,800
通常配送無料 詳細
発売元: はなSHOP
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 朧村正 (特典無し)
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

朧村正 (特典無し)

プラットフォーム : PlayStation Vita
CEROレーティング: 12才以上対象
74件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,796 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、しあわせゆめ本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • PSVITA用ソフトです。(特典無し)
新品の出品:14¥ 5,300より 中古品の出品:22¥ 2,100より

この商品には新しいモデルがあります:


PlayStationをより楽しめるメンバーシップサービス「PS Plus」ダウンロード販売中
PS Plusに加入すると、人気タイトルのフリープレイ、トライアルプレイやベータ版の先行配信、セーブデータお預かりなど、PlayStation Vita、PlayStation4、PlayStation3でのゲームライフをより充実させることができます。 「1ヶ月利用権」「3ヶ月利用権」「12ヶ月利用権」 の全3種類販売中。サービス概要がわかる特設ページは こちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」はお付けしておりません。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。



製品情報


よく一緒に購入されている商品

朧村正 (特典無し) + HORI PSVITA用 プレミアムフィルム for PlayStation Vita(PCH-2000シリーズ専用) + PlayStation Vita メモリーカード 16GB (PCH-Z161J)
合計価格: ¥ 10,273

これらの商品は、それぞれ別の出品者から販売、発送されます。

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00BMHVWYI
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2013/3/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (74件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,752位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)

商品の説明

朧村正、PSVITA用ソフト(特典無し)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

210 人中、156人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 にじる 投稿日 2013/4/1
世界観に惹かれて購入しました。
レビューが難しいゲームだと思いました。

日本昔話の背景を滅茶苦茶豪華にしたような美麗な背景にうっとり。
適当に□ボタンを押すだけだと勝手に思ってたアクション部分も、
敵の行動を読み、コンボを叩き込んでいくという骨太なもので歯ごたえがありました。
ネット検索すると、色々な有能コンボがわかりますが、最初は自分なりにキー設定と合わせて色々思考錯誤すると楽しいです。
攻撃が、はじき防御も兼ねていて、序盤はとりあえず刀を振っていればノーダメージでやり過ごせたりしますが、
ボス等も直ぐに手ごわくなり、ゴリ押ししようとすると直ぐに刀がパキーンと割れて一定時間その刀は弱体化します。
その辺の緊張感も絶妙で面白かったです。
体力回復と、刀の作成に必要になるポイントを稼ぐための料理、食事というシステムがあるのですが、
ボタンを押すたびに、食事が段階的に情緒深く進みます。グラフィックがまた美味しそうで美味しそうで…。
こういう無駄とも取れる細かい部分にこだわるゲームには好感が持てます。

で、諸手をあげて面白かった!って言えるかというと…うーん…
背景は綺麗なのですが、エリアのつくりが殆ど同じで単純で、結構見飽きます。
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
66 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 SE-778Hλ 投稿日 2013/11/21
発売から半年以上経ちましたが、漸くDLCが配信されたので今更感想。
グラフィックの凄さや軽快なアクションについては、他の方のレビューでよく
わかるんじゃないかと思うのでほとんど触れません。

もともとWiiで発売され、紆余曲折あってVITA版登場と相成ったこのタイトル。
ディレクションやキャラデザなどをされた神谷盛治氏曰く、朧村正は過去作の
オーディンスフィアの反省を活かし、ストーリーよりもアクションに注力して
作ったゲームだということでした。
(オーディンスフィアがアクション2:シナリオ8であるなら、朧村正は6:4で
アクションを優先したとのこと……シナリオ半減です)
実際に操作キャラも二人のみと少なく、シナリオも贅肉を削りに削り取った
あっさり感。キャラクターが非常に魅力的なだけに、残念に思った人も少なく
なかったのでは……。その点において、朧村正は過去作のオーディンスフィア
に対しても一段劣っていたと思います。

が、2013・11/7、VITA版発売当初から出る出る言っていたDLC四部作の第一弾が
遂に配信されました。DLCで7ヶ月以上待たせるとは、今日び珍しいタイトル
なのではないでしょうかw
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 きたこれ 投稿日 2015/1/4
本編とDLC含め全てのノーマルEDと真EDを見たので記念にレビューしてみます。

ストーリー、音楽、アクション、どれもが秀逸でとても気に入りました。
セリフの言い回しなども洗練されていてどこを切り取ってもカッコイイです。
本格派時代劇をプレイしているような感覚でした。
よもや、このタイプのアクションゲームを80時間もプレイするとは思いませんでした。

追加DLCにも非常に力が入っていますので、ぜひとも購入をお勧めします。
(2015年3月にDLC全部入の完全版がでるようですが)
ちなみに、各DLCは真EDまで行くとおまけのイラスト見ることが出来ます。

・DLC第一弾 元禄怪奇譚『化猫-津奈缶猫魔稿-
プレイヤーはお恋と三毛を切り替えて操作します。
どちらも可愛らしいキャラクターで操作しているだけでも楽しいです。
特に、お恋は急ブレーキ掛けた時、三毛は△のMAXまで溜めた技の時がカワイイです。

・DLC第二弾 元禄怪奇譚『一揆-大根義民一揆-
プレイヤーは農民権兵衛で、くわ、竹槍、かまを切り替えて戦います。
如何せん農民なので、移動速度は遅いし、ジャンプ力も無いしで、中々大変でした。
鍛錬とお
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 下手くそゲーマー 投稿日 2015/1/25
非常に評価しがたいゲームですね。食事シーンの描写の細かさや、『和』の世界観をよく表現しているグラフィックなど、良い部分はあると言えばあります。
しかし割と早い段階で上記の部分には慣れ、もしくは飽きが来る方が大多数かと。背景の美しいグラフィックはほとんどコピペですし、そもそもしばらくたつとフィールド移動がだるいです。食事シーンも繰り返すと一々ボタンを押すのが億劫になります(ボタンを押すごとに一口ずつ食べるため)。

こうなると残るのは自然と戦闘部分のみになりますが、戦闘も飽きるのが大多数かと。刀毎に特殊アクションが付いてますが変化もあまりないですし(衝撃波1が衝撃波2になるなど)。
基本アクション自体はレベルが上がっても増えることはありません。
二人の主人公『百姫』と『鬼助』にアクションの違いが無いのも非常にマイナスですね。ド◯キーコング2みたいに違いがあればよかったと思うですが…。

『上質な作業ゲー』と言うのが合っているかと。このゲームにハマろうがハマらなかろうが、根本的に作業ゲームなのは否めません。
よくできているゲームだとは思いますが、決して万人向けのゲームではありません。クリアはしましたが、中盤くらいで飽きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー