Amazon Kindleでは、 マンガでわかるプロジェクトマネジメント をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
マンガでわかるプロジェクトマネジメント
 
 
1分以内にKindleで マンガでわかるプロジェクトマネジメント をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

マンガでわかるプロジェクトマネジメント [単行本(ソフトカバー)]

広兼 修 , トレンド・プロ , さぬきやん
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,376 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
15点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 2,200  
単行本(ソフトカバー) ¥ 2,376  

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

マンガでわかるプロジェクトマネジメント + 世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント【第3版】 + はじめてのプロジェクトマネジメント 日経文庫
合計価格: ¥ 6,404

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

プロジェクトマネジメントとPMBOKの基本をマンガでわかりやすく解説!
マンガでプロジェクトマネジメントとは何かを説明し、その基本手法を解説します。プロジェクトの立ち上げから終了までを、ストーリを追って解説する形式をとります。従来のマンガでわかるシリーズと同じく、「マンガ部分+ 解説」という構成で、解説の主軸には、プロジェクトマネジメントの知識体系のひとつである「PMBOK」を使用します。PMBOKが提唱している「5 つのプロセス群」と「9つの知識エリア」に沿って、PMBOK の基本用語の説明も盛り込みつつ、プロジェクトマネジメントの手法を解説します。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

広兼/修
株式会社フュージョン代表取締役社長。米国PMI認定PMP。東京都立新宿高等学校卒。東京工業大学大学院修士課程卒。外資コンサルティング会社にて、企業の経理・製造・人事業務で利用するコンピュータシステムの構想・設計・開発に従事。その後、外資ERPベンダーにてコンサルティング部門の立ち上げ、販売・物流ソフトウェアの導入責任者として従事。1999年、株式会社フュージョンを設立。業務およびシステムのコンサルティング、プロジェクト管理支援、IT戦略立案、企業のCIO補佐などを中心に活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: オーム社 (2011/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4274068544
  • ISBN-13: 978-4274068546
  • 発売日: 2011/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,271位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
25 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 つか
形式:単行本(ソフトカバー)
プロジェクトマネジメントの市販本は「入門編」から「失敗しない・・・」などの虎の巻を含めると、たくさん出ており、どれを選択していいか迷う。こういう場合、個人的には、新しい方が内容的に洗練されているだろうとの期待で選ぶことにしている。

その点で本書は、出来立てのほやほや。来月から開始するプロジェクトのメンバーに新人君がいるので、彼に読ませたらどうかと思い、本書を手にとった。

題材はゲーム業界。ゲーム制作会社の女性社長が「ネット界を賑わすゲームクリエイター」をPMに選んでゲーム制作を進める、というストーリー。この女性社長がとても魅力的だ。この人のためなら頑張れる、と思ってしまう。(個人的には、モバゲーの南場社長(今は取締役に引退)というところか)

社長は最初に、PMにとって最も大切な能力はコミュニケーションとして、「PMは8割以上の時間をコミュニケーションに使う」、「会話が苦手なPMでも優秀な人はいっぱいいる」と、主人公を元気付けてくれる。要求事項、スコープ、WBSとプロジェクト管理の核心に入っていく。スコープ記述書では具体的に、スコープ内、スコープ外、制約条件、前提条件を定義している。重要な箇所だ。

重要論点については、本論に続き「フォローアップ」を設けて説明している。次の章に進むために知識を整理す
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 おもしろかったし、理解できた 2011/10/22
投稿者 ぷりっと
形式:単行本(ソフトカバー)
初めて私はこの手の内容でマンガシリーズを読みました。
正直「マンガではわからんでしょ」と拒み続けていたのですが、
pmbokに関しては、同じ著者の「pmbok入門」が通教大学の
テキストになっていたのですが、経験の無い私には
なかなか状況が把握できず、単位も取れず、泣いていました(ToT)。

が、pmbok入門を泣きながらでも読み込んでいただけに、
このマンガでわかるの本がスルリと入ってきて
なんだか光が差してきました。
もっと素直に(^_^;)、マンガタイプのこの本を
早く買っておけば良かったと思います。

ストーリーも「チャンチャン!」ていう最後の落ちがあり、
マンガならではの所もおもしろかった(^o^)
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 とっしー
形式:単行本(ソフトカバー)
PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系)って?そもそもプロジェクトマネジメントにはどのようなことが求められるの?といった、概要的な部分を理解するのにはちょうど良いボリュームと内容だと思いました。

私はプロジェクトマネジメントについては漠然とした知識しかなかったので、何となくこのようなことをしなくてはいけないんだろうな〜というくらいしか知りませんでした。
そんな中で、この書籍を読みながら「プロジェクトマネジメントにはこのようなことも含まれていたんだ」と理解していくことができました。

さらに細かいことについては、PMBOK入門など専門書を読めば良いわけで、それを読む良い橋渡しになっているのではないかな、と感じました。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 ほわいし
形式:Kindle版|Amazonで購入
米国のPMIという団体がプロジェクトマネジメントのノウハウを体系化したPMBOKの流れを学べます。

漫画なので、読みやすい点は良いと思います。
新入社員にプロジェクトマネジメントはこういったものだとイメージをつける際には良いと思います。

付録として結婚式の場合のプロジェクト管理の掲載があるのは面白いです。

WBS(Work Breakdown Structure 成果物を細かく分解したもの)の分類とそのスケジューリング化が上手く言っていないのですが、そのノウハウがほとんどないのは残念です。
そのため、自分は社会人8年目、SEなどソフトのプロマネではなく、メーカーのマーケで数人の協業/マネジメントを行っておりますが、具体的にWBS→スケジューリングをしっかりと行えるに至りませんでした。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 3.0 250ページのマンガです。 2014/9/15
投稿者 名無し
形式:Kindle版|Amazonで購入
そこまで情報を詰め込むことは出来ません。読み返し(フォローアップを中心に4回ぐらい)も含めて2時間で読めました。
結論としては、社長がかわいい。2週間も人を遊ばして報告なし(定例以外の報告)とか現実にあるのか?あるんだなこれが・・・

読み終わってから、「これぐらいの内容のものなら、どこかに落ちてるんじゃね?」と思って、色々な記事を探して見ましたが、「ワカッタ感」と「あるある感」は本書が断然上でした。プロマネじゃなくても、周りを見渡すとこんなこと「あるある」と思わせる内容だったり、そう言うとところに気を付けないといけないのかと言うことが良く分かります(ワカッタ感覚になる)。

本書に言いたいことがあるとすれば、物静かだけどヤリ手のプロマネというのは、「はやぶさ」の川口プロマネのように物凄いレベルの技術屋さんがプロマネをしてる場合のみです。なぜなら、技術を持ってるから、周りから自然と相談されるからです(無論プロマネだから、答えは与えません。解決すべき問題を整理してヒントを技術屋に与えます。そうすることで、情報を共有する手間が省けてプロジェクトが回ります)。

(マネジメント以外の)技術ないのに物静かってのは致命的だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック