この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マルチメディア技術の基礎 DCT(離散コサイン変換)入門―JPEG/MPEGからウェーブレット、重複直交変換(LOT)まで (エッセンス・シリーズ) 単行本 – 1997/8


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 700


キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、DCTでなぜ圧縮できるのか、DCTのさまざまなタイプの使い分けは、といった疑問に答えつつ、ウェーブレットや重複直交変換(LOT)といった、「DCTの先」の技術も解説します。数学的な記述はできるかぎり避け、ディジタル信号処理技術の応用という立場から解説しています。

内容(「MARC」データベースより)

〈CD-ROM付き〉マルチメディアの基幹技術のベースであるDCTについて、DCTでなぜ情報を圧縮できるのか、DCTの様々なタイプの使いわけは、などの疑問に答えつつ解説。

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック