Amazon Kindleでは、 マリア様がみてる33 ハロー グッバイ (集英社コバルト文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 494
通常配送無料 詳細
通常2~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫) 文庫 – 2008/12/26


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫) + マリア様がみてる―卒業前小景 (コバルト文庫) + マリア様がみてる―キラキラまわる (コバルト文庫)
合計価格: ¥ 1,440

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

紅薔薇さまである祥子と黄薔薇さまである令も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳は、祥子からあるものを渡されて…!?一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃ではなく田沼ちさとで!?元薔薇さまの聖・蓉子・江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎える。「さようなら、お姉さま」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今野/緒雪
1965年6月2日、東京生まれ。『夢の宮 竜のみた夢』で1993年上期コバルト・ノベル大賞、コバルト読者大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 209ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/12/26)
  • ISBN-10: 4086012448
  • ISBN-13: 978-4086012447
  • 発売日: 2008/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 114,974位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

33 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夢野ヒトミ 投稿日 2008/12/26
形式: 文庫
感無量・・・!!これ以外の言葉がない。
本来2時間くらいあれば読了できるマリみてなのですが、
様々な事を思い出したりと、普段の倍くらいかかりました。
ここで一区切り、『マリア様がみてる』は文句なく名作でした。

『続く世界』がどのような形になっても、私はついていきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小夏 投稿日 2008/12/26
形式: 文庫
 十年以上に渡って描かれてきた、祐巳ちゃんと祥子さんの物語もこれにて終了。ファンにとっては感慨深いものがありますが、始まりがあれば終わりがあるもの、寂しさよりも笑って見送りましょう。
 回収されていない伏線や、ようやく物語の本筋に絡み始めた新しい仲間、祐巳と瞳子のイチャイチャ模様などなど、まだまだ読み足りないと思う部分は多々ありますが、それらが語られるかどうかは今後のお楽しみということで。
 これからも紡がれるであろうリリアンの物語に、はじめましての「ごきげんよう」とともに、お久しぶりの「ごきげんよう」がこだますることを期待しつつ――ひとまずは今野緒雪先生と愛すべき登場人物たちに、おつかれさまとありがとうの言葉を。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 砂糖 投稿日 2008/12/29
形式: 文庫
単品での評価とすれば、☆4くらいだろうが、これまでの巨大な流れを含めて破綻なく描ききったことに対して、また、最後までいい意味で期待を裏切ることが少なかったとはいえ、悪い意味でも期待を裏切ることは少なかったマリみてのクオリティに敬意を表して、☆5。

前作の卒業前小景で、いろんな思いが去来して胸がいっぱいになったので、今作自体はぶっちゃけ消化試合、出来レースという感じで臨んだ。

出来は、納得。満足。

あえて不満点をあげるならば、前回の卒業式でも思ったのだが、送辞、答辞の言葉が省略されていること。著者としては「具体的な内容が重要なのではない」との信念からあえて書かずにいたのかもしれない(真意は不明である)が、いち読者としては、祐巳たちと一緒に3年生への送辞を読みたかった。祥子さまが自らの言葉でつづった答辞はぜひ祐巳たちといっしょに聞きたかった。そう思ってしまうのは私だけだろうか。かなりの見せ場が作れたと思うのだが・・・ページ数制限とかだろうか。

さらに言えば、結局、最終巻に至るまで祐巳と祥子さまメインで瞳子との絡みがほとんどなかったことが不満といえば不満だ。あれだけくっつくまで巻数を費やした割りに、いざくっついたらその後はほぼ放置プレイというのはどういうことかよくわからない。むしろくっついてからのいち
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 清水の伏竜. 投稿日 2008/12/28
形式: 文庫
卒業式、ひとつの区切りというべき催しをむかえて、少女達は、成長していきます。
シリーズは、祐巳がリリアン女学園に入学してから、3年生になるまでの物語、
少女の成長が、瑞々しく描かれています。
友情と学び、先輩と後輩、学園社会での様々な出来事。
それぞれの少女たちの家庭の事情とそれにまつわる友情。
それぞれの視点や想いによって時には同じものも違ってみえたりするもの。
祐巳と祥子の物語は、祥子の卒業でひとつの幕がおりたわけです。
螺旋に続く学園の物語は、ひとつの区切りとなりました。
蓉子のポジションについた祐巳。
ぜひとも今野さんには、次の螺旋の物語を紡ぐことにチャレンジして欲しいです。
新たな祐巳の物語でも、
志摩子と由乃をあわせたようなポジションについた奈々の物語でも、
もうひとりのプチスールの物語でも、よいので、
文壇初になるとおもわれる学園もののシリーズに、
育ててみて欲しいなっとおもったりします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
34 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 白薔薇のつぼみ 投稿日 2008/12/27
形式: 文庫
良いお話でした。
いい幕の引き方だったと思います。

主要キャストはほぼ勢揃い(静さまさえいれば……)。
懐かしの鵜沢美冬さんも再登場したりして、色々な意味で集大成といった感じでした。
黄薔薇ネタが多くて、黄薔薇好きとしては嬉しい限り。
「令ちゃんのバカ!」

由乃と菜々のその後とか、祐巳と瞳子の姉妹愛とか、まだまだ読み足らないと思うことはありますが、巻数や展開を冷静に考えるとこの辺りが区切りには相応しいでしょう。
本当に今回は綺麗に締めていて、リリアンを卒業する祥子と令の気持ちがそのまま読み手にも伝わってきたかのようです。

今は、こんな素晴らしい作品を創り上げてくれた作者に感謝の気持ちで一杯です。「形を変え」たリリアンの物語も楽しみにしています。
この作品に出会えて本当に良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック