マラソン [DVD] がカートに入りました
数量:1

買取サービス
最高買取価格

¥ 138
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マラソン [DVD]

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,850 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,254 (31%)
残り11点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、RAINオンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

DVD・Blu-ray & CD English Store
Shop Amazon.co.jp DVD・Blu-rau & CD collections such as Foreign Movies,Anime,Music,TV Drama,Kids & Family titles and series, Amazon.co.jp Exclusive etc.Items Eligible for International Shipping & Region Free Blu-rays are available. DVD・Blu-ray & CD English Store


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

  • マラソン [DVD]
  • +
  • GOGO70s [DVD]
総額: ¥6,860
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チョ・スンウ, キム・ミスク, イ・ギヨン, ペク・ソンヒョン, アン・ネサン
  • 監督: チョン・ユンチョル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 韓国語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2006/01/27
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BQ5L3E
  • EAN: 4527427632578
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,773位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   実話が基になっており、素直に心が洗われる韓国映画。実年齢は19歳だが、自閉症という障害を抱え、精神年齢は5歳というチョウォン。走ることに喜びを感じる彼が、フルマラソン完走に挑むという感動ストーリーだ。チョウォンを演じるのはチョ・スンウ。同世代の俳優のなかでは演技力が抜きん出る彼が、難役を見事にこなしている。この種のキャラクターが持つオーバーアクトの危険が、本作にはまったく感じられない。
   チョウォンの心の成長だけでなく、彼の面倒を看る母親の姿もリアルで心を揺さぶる。思い障害を持つ息子に対する過保護な部分や、こりごりになって打ちひしがれる面が丹念に描かれ、「息子より1日でも長く生きる」という彼女のセリフは胸に迫る。さらにチョウォンの弟の複雑な心理にも、本作はしっかりとフォーカス。家族の屈折した心情が切ない一方で、走ることのすばらしさを伝える映像によって、暗くなりがちな世界を、爽快感に変えてしまうのが本作の魅力だ。フルマラソンのシーンはもちろん、チョウォンが走るときに思わず差し出す「手」に、人間と人間の「つながり」を感じさせる。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

チョ・スンウが主演で贈る、愛と勇気溢れる韓国No.1感動作。母親のキョンスクは、自閉症の障害を持つチョウォンの“走り”の才能を伸ばそうと、かつての有名ランナーにコーチを依頼する。フルマラソン参加に向かって、ひたむきに努力する彼の姿が、周囲に大きな笑顔の輪を広げていく…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/10/25
形式: DVD
冒頭で、医者が「自閉症は病気ではなく障害です」なぁんて正しいことを言う。しかも「自閉症児は意志の疎通が図れない」「だから家族が疲れます」と正確なことを言う。ちゃんと解った監督が作った映画です。だから、『治る』物語ではなく、『克服する』物語が展開します。ここがこの映画のポイント。泣かせようというのがミエミエ、偽善=ウソっぽい美談で固めたお涙頂戴の映画になっていないのがいい。
主軸となるのは、母子の物語。というか、むしろ主人公は、この母親なのかもしれない。母親は、息子より1日後に逝くのが願い。しかし、その想いが息子を過保護にしたり、必要以上に物事を強いたり...。長男に付きっきりなあまり、夫とは別居、次男もグレて、さらに自分は胃に穿孔ができて倒れてしまう...。と苦労尽くめだが、シンプルな語り口の中に、チョウォンの純粋さが生み出す笑えるシーンが挟み込まれます。それがまた逆に、切なく胸をしめつける。
個人的には、物語の中後半、監督と併走し、走り終えてうまく話せない主人公が監督の手をとって、自分の胸の鼓動を感じさせるシーンはジーンときた。言葉の要らない美しいシーンだ。あと、シマウマを象徴とするファンタジーシーンの挿入も生きているし、伏線というほど大げさではないけど、母親も、コーチも、家族も、そして自閉症児本人も、皆が自ら折り合い克服し、ちゃんと収まるのもナットク。
コメント 20人中20人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: DVD Amazonで購入
友人にすすめられ、まずはレンタルで見ました。自閉症の子供を持つ親としては、このての映画ドラマはあんまり見ません。現実は厳しい。映画やドラマの中の世界は実話であっても、どこか美化しているからです。自閉症も軽度から重度まで段階があります。彼は、どちらかと言えば軽度でしょう、だから母親は健常者に近づけようと努力し期待したのでしょう。子供より早く死にたくない気持は障害児をかかえる親として同感出来ます。この映画は美化していない所とチョ・スンウさんの演技の素晴らしさにひかれました。レインマンという自閉症の役をしたダスティンホフマンも結構良かったけどチョ・スンウさんの方が自閉症の特徴をよく演じていたと思います。社会には色んな人々が生きて暮らしている事を感じてもらいたいです。
コメント 24人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: DVD
先入観無しで見て欲しい、最高の感動作です。

導入部、雨にぬれたコンクリート壁が、シマウマと林になるシーンを見逃さないで。

チョ・スンウに対する先入観がないため、その演技力もあり、主人公の姿がリアルに見えて、感動させてくれます。名のある日本人俳優がどんなにうまく演じても、うそっぽく見えてしまうに違いないでしょう。

また、カメラがすばらしい。映像の美しさ、構図、カットのうまさは秀逸。音楽ともマッチして、ラストへと盛り上げます。

ラスト近くチョ・スンウが笑うシーンがあります。あの笑顔は主人公の笑顔であるとともに、演者としてのチョ・スンウ本人の達成感が溢れているようで、感動します。

この映画から、障害者を理解する感動にもまして、人とは何ものかという大きな宿題をもらったような気がします。感動、感動、大感動作。
コメント 9人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: DVD Amazonで購入
実在する自閉症の青年チョウォン(チョ・スンウ)と母親キョンスク(キム・ミスク)が織り成す愛と感動のドラマです。

障害者を扱った映画ですが,変に美化することなく,障害者を抱えた家庭の苦悩,負担,ドロドロさを丁寧に描いています。

走ることを通して初めて自分を表現することができた過程を,韓国のお母さんの凄まじい愛情表現がサポートします。

ドラマとしての主役は誰なのかと聞かれたら,きっと母親だと答えるでしょう。子どものためとは言いながら自分のエゴではないかと悩み,息子より一日だけ長生きしたいと切望したキム・ミスクの演技は,心理的描写も含めて高い評価に値するものだと思います。

特筆すべきは観客動員数です。何と韓国で520万人を動員したダントツのヒット作品となりました。巨大スペクタクルとか有名タレントをたくさん使ったというのではなく,事実に真摯に立ち向かった姿が劇場に何回も足を運ばせたのでしょう。
コメント 8人中8人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: DVD Amazonで購入
 何よりも驚いたことが一つある。「演技うますぎ!」
 どれだけ自閉症の人を取材すればこれだけリアルに演技できるのだろう。ダスティンホフマンも真っ青である。

 この映画の陰の主人公は母親。自閉症の子供を持つ母親の苦悩が胸に突き刺さる。「私の希望は、この子が私より一日早く死んでくれることです。」
 ・・・・雨の動物園でするりと離れる手。幼い弟を抱きしめる父。最も脳裏に焼き付いているシーン。

 「いつまでも子離れできない」母親に、他人は言う。訳知り顔で、「親以外の人の支援が受けられるようにしておくことが必要です。」と。私もそう言うのが仕事だ。それは多分正しい。しかしすべての母親が、このセリフを受け止められるとは限らない。
 心配で心配で心配で心配で・・・・・・・・・。胃に穴があいて胃液が流れ出して、はじめて身体を休めるまで、片時も忘れることなく心配し続ける。そのエネルギーは他の誰の想像も絶する。

 ある方向に極端に振れていると、そこで挫折した時に逆サイドの極端に振れることがある。
「もう走ってはダメ!」
 しかし、母の制止を振り切って走り出すチョウォン。足には新しいシューズ。山道で倒れた彼にお菓子を差し出した彼女は、以前町中で罵声を浴びせた彼女に思えてならない。
...続きを読む ›
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック